2021年10月15日

垂水東へサバ狙い

先週の爆釣に味をしめ、またまた徹夜で垂水大波止へ行って来ました。先に来ていたせきやんさんは既にサバを数本釣っているとのことで、私も慌てて準備を済ませ1時過ぎに第1投。開始間も無くして最初のアタリで大サバをゲット。

DSCF4289.JPG

その後すぐにアタリがあり、今度は中アジ。

DSCF4292.JPG

ここからが大忙し。アタリが連発して魚を捌く暇も無く釣れ続きます。凡そ30分の間に4本追加。

DSCF4295.JPG

ここで暫く小休止。午前3時半頃からはアタリも少なくなり、大サバ1本、中サバ2本(リリース)、小アジ2尾を釣ってサバ狙いは終了です。

次はいつもの如く泳がせ用の小アジ釣りを開始します。ここ最近、サビキでは殆ど釣れなくなり、カゴ天秤仕掛けで狙います。暗いうちに3人で狙い15匹ほどを確保して夜明け頃に泳がせ釣りスタート。

DSCF4302.JPG

潮はあまり良くない東向きの流れ。青物はこの潮でも釣れるのですが、アオリ狙いでは潮が走るためケーソンからは釣り難く、過去に釣れた記憶がありません。アオリ狙いの私は、この本流の引かれ潮が発生するテトラ帯へ移動。潮の緩い場所を狙ってようやく1杯捕獲します。

DSCF4299.JPG

その後、同場所で1回アタリがありますが、今度は空振り。結局、このアタリを最後に何の反応も無くなり午前7時過ぎに終了です。

前回に比べると大サバのアタリは少なくなりましたが、それでも群れが入れば連続で釣れています。アジュールや大蔵海岸でも同じ様な状況で大サバフィーバーが続いている様です。釣れている間に通いたいのですが、消費が供給に追い付かず、次の釣行が出来ない状況です。まあ青魚なので、毎日食べても体にはいいのですが、1週間も続くと苦になりますね。贅沢な話です。

■ 釣果 ■
サバ 34〜38p 6尾、アジ26p 1尾、アオリイカ 14p 1杯

(サバ狙い)
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ2号
ウキ:電気1号 タナ:1〜2ヒロ
■ エサ ■
オキアミ、小アジ切り身

(泳がせ)
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:グレ5号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3〜4.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 17:32| 釣り

2021年10月13日

フカセ後半戦始動!

10月に入って青物狙いはさっぱり、エギングもイマイチ。更にサビキもダメ。秋の釣りシーズン目前にして、既に釣るものが無く、止む無く苦手なフカセ釣りにせきやんさんと行って来ました。

DSCF4243.JPG

既に先週フカセを開始したせきやんさんの「ウリ坊だらけで釣れんよ」と言う忠告に耳を傾けず、安直に慣れた場所と言うことで垂水西5番に向かったのですが...

やっぱりウリ坊だらけ。遠投、超浅ダナ、底狙い、更にマキエの打ち方やら仕掛け投入のタイミング等、著名な釣り名人が言ういわゆる「エサ取りのかわし方」を片っ端から試しましたが、敢え無く撃沈。唯一際近くのオセンの群れのど真ん中狙いで手の平級のグレとバリコが1尾ずつ釣れたのみ。

DSCF4245.JPG

結局10時半まで粘って場所移動。とりあえず舞子のセトレ裏を見に行きますが既に満員御礼。仕方なく更に西へ進み、辿り着いたのが明石の通称「学校裏テトラ」。約2年半振りの釣り場です。

DSCF4247.JPG

潮は西へ流れ、上手に私、下手にせきやんさんが入り11時半スタート。潮の流れが速いためか、オセンはそこそこ居るもののそれほど沖には出て行きません。ただ、竿2本先には帯状に並んでいるサヨリ軍団が待ち構えています。軽い仕掛けではサヨリにサシエが取られてしまうため、針を重めの4、5号に変更、G7を針上20pに打ち、マキエの後打ちで狙って行きます。すると暫くしてファーストヒット。

DSCF4251.JPG

型は小振りですが、パターンは掴めます。ここからグレ連発でようやく良型もタモに収まります。

DSCF4252.JPG

途中、何度か30pクラスも掛けますが、未熟な腕のせいでバラシも度々。
その後、潮が若干緩み出すとサヨリが猛威を振るい始めます。これまで、ある程度いい加減に狙っていてもグレが釣れていたのですが、慎重に丁寧にやらないと釣れなくなります。しかし、それがかえって仇になってしまいます。海に集中し過ぎて竿まで意識がありませんでした。

DSCF4264.JPG

今年買った竿ですが、これで2回目です。やっぱりこの辺がヘタクソと言われる所以なのかもしれません。これで一気にテンションが下がり、これを機に14時に納竿です。

穂先は折れましたが、久々のフカセでグレが拝めたのでそれなりに楽しかったです。因みに周辺はエサがあまり入っていないのかオセンも少なめでウリ坊は殆ど居ませんでした。サヨリさえ居なければ、かなり有望な釣り場だと思います。

DSCF4274.JPG

トップ3のみ持ち帰りです。

DSCF4276.JPG

■ 釣果 ■
(垂水西5番)
グレ 22p 1尾、バリコ 29p 1尾
(明石テトラ)
グレ 23〜29p 11尾
■ タックル ■
(垂水西5番)
竿:1号5m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3、4、5号
ウキ:L-00 ガン玉:色々 タナ:矢引〜4ヒロ
(明石テトラ)
竿:1号5m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ4号
ウキ:M-00 ガン玉:G7 タナ:1ヒロ前後
■ エサ ■
マキエ:パン粉2.5s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 09:34| 釣り

2021年10月07日

垂水でサバ大漁!

先日の釣果に味を占めて、またまた垂水大波止に徹夜釣行。当日は我々3人以外釣人は居らず、波止は貸し切り状態です。大潮で潮は良く動きますが、気兼ねなく仕掛けを流すことが出来ます。開始1時間、50mほど流して最初のアタリ。まずは36pのサバをゲット。

DSCF4224.JPG

ようやく群れが入って来たのかここから怒涛の連チャンが始まります。群れが逃げない様に、3人で交互にマキエを打ち足止めします。釣り上げて、魚を〆ている間に仕掛けを投入、血抜きをして捌き始めるとすぐにアタリ。このパターンが2時間以上続き、手を休む暇もありません。サシエがオキアミなので、喰い込みが早く、即アワセで魚が掛かります。どこで止めればいいのか分からず、とりあえずクーラ満タンになるまで釣り続けます。結局、14本でストップ。いい加減なやり取りでバラした魚も含めると20本以上は掛けたでしょうか。他の2人も掛けまくり、3人計で50本近くは獲ったと思います。

この日の最大はせきやんさんの41p、私は40pにあと一歩届きませんでした。

DSCF4229.JPG

また、良型アジも3匹ほど獲れました。

DSCF4231.JPG

サバ狙いを終えた後、早朝の泳がせ釣りに備え、午前5時頃からサビキを開始。小アジを数匹確保して6時頃からせきやんさんは青物を、私はアオリ狙いに専念します。

DSCF4234.JPG

開始30分、まずは小型のアオリがヒット。

DSCF4236.JPG

7時前に2杯目をゲット。今期最大の18pです。

DSCF4238.JPG

これだけ釣れればもう十分と言うことで7時過ぎにフィニッシュです。残念ながら青物狙いは不発でした。

潮にもよると思いますが、今のサバの群れは結構大きい様です。群れが入ればどのタナでも沖でも際でも関係無く喰って来ます。こうなると、キビナゴやサンマよりも、喰い込みのいいオキアミの方が圧倒的に手返しが早く、釣果に繋がります。ただ、たくさん釣ってもこの後が大変。

DSCF4241.JPG

家に帰って眠たい目を擦りながら9時より調理開始。サバ7匹をシメサバに、残り2匹は味噌煮に、他は3枚におろし冷凍庫へ。アジやアオリも刺身にして全てが終わったのが夕方の17時。

いやぁ〜疲れました。必要以上は持ち帰らないこと。今回の教訓です。

■ 釣果 ■
サバ 33〜39p 14尾、アジ 22〜26p 3尾、アオリイカ 12〜18p 2杯

(サバ狙い)
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ2号
ウキ:電気1号 タナ:1〜2ヒロ
■ エサ ■
オキアミ

(泳がせ)
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:グレ5号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 22:30| 釣り