2018年12月14日

垂水西5番(13回目)

2週間振りの垂水西5番釣行です。さすがにこの時期は釣り人も減り、人気の5番もガラガラです。どこでも入れるので逆に悩むところではありますが、ここはやはり実績重視で東端に釣座を構えます。

DSC00001.JPG

午前7時15分スタート。開始前から海面には多くのオセンが漂っています。勿論、マイクロ木っ端も湧いています。マキエでエサ取りを際に寄せ、サシエがぎりぎり通る沖を探って行きます。ファーストヒットはやはりコイツです。

DSC00002.JPG

この日はマイクロ木っ端が結構沖にまで出ます。時間が経つに連れ、オセン、木っ端がどんどん増えて、私一人では対処しきれないほどになって来ます。こうなると、東端に入った「地の利」を活かして、エサ取り軍団をマキエでプール内に移動させます。これだけで5分ほど掛かり、面倒な上、マキエの消費も半端ありません。それでもこうするしか術は無く、このパターンでエサ取りを分離、その間に沖を探って行きます。これだけ手間暇掛けても釣れるのは手の平級のウマヅラばかり。

DSC00005.JPG

更に時間が経つと今度は主役がサヨリに変わります。

DSC00007.JPG

なんせマキエを撒いているのが私一人ですから、忙しくてしょうがありません。ただ、幸いにもサヨリの大群を嫌がってかオセンは沖に出なくなり、またサヨリも際には近付こうとしません。となれば、この間を絶妙なタイミングで狙い、上手くサシエが通れば何とかなるかな?と思いながら試してみますが、やはり何ともなりません。やはり私には、オセン、木っ端、サヨリ、そして見えないウマヅラをかわすことは不可能です。もう、こうなるとマキエの温存は諦めて、ポイントを右、左と変えながら狙い、その間は狙っていない場所にどんどんマキエを打ち込んで少しでもエサ取りを足止めし、たまたまを期待します。仕掛けもサヨリに対処すべく、徐々に重くして一気にサシエを入れて行きます。すると交通事故的にようやく本命がヒット。実に開始4時間目の1枚です。しかし、その後はやはりマグレだった様で釣れるのはエサ取りばかりです。終了間際にまた、たまたまが起きて1枚追加しますが、エサ切れで14時前に納竿です。

水温的にはグレにとってベストな状態だと思うのですが、なぜか活性が低過ぎます。と言うより、オセンは毎度のことなのである程度は対処出来るのですが、特にサヨリとウマヅラが元気過ぎてグレのタナまでサシエが届けられていない感じです。本来ならサヨリを蹴散らしてグレが浮いて来てもおかしく無いのですが、ちょっと今年のグレは臆病者が多いのかもしれませんね。

DSC00008.JPG

■ 釣果 ■
グレ 25〜27p 5尾(30pUP 0尾) 、ウマヅラ 17〜21p 4尾、サヨリ 25〜30p 10尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、M-000、M-B ガン玉:ウキの浮力に合わせて調整
タナ:3〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s++パン粉3s+ヌカ3s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 01:03| 釣り

2018年12月04日

福井・音海釣行

日曜、TFCの仲間と1年振りに音海までグレ狙いに行って来ました。予報では波の高さが2m後1mとのことで、予約を入れていた「今戸」、「タタミ」の両磯に上礁出来るかどうか不安を抱えながら午前5時半頃に渡船屋に到着。早速、船長に確認するとやはり難しいとのこと。とりあえず、状況を見て、磯は船長任せで6時半に出船です。港を出て、大波止を超えると予想以上のウネリです。何とか「押廻」までの湾内までは上がれますが、そこから先の沖磯は殆ど全滅。行く所が無いため船長に無理矢理お願いして「今戸」の手前の湾内向きにある「船着き」で4人共降ろしてもらいます。湾向きとは言え、ウネリでなかなか船が着けられず、せきやんさんのライブウェルが落水するなどのトラブルもあり、上礁までかなりの時間が掛かります。何とか4人分の荷物を上げてようやく一息。既に釣りをする前から疲労感でいっぱいです。この「船着き」も釣り場は広いのですが、足場が高く、ウネリがあるため竿を出す場所が2ヶ所位しかありません。

001.JPG

そこで相談の上、体力に自信がある(?)私と3104k君と2人で更に先の「今戸」まで移動することに。上記画像右の「船着き」から斜め左上に伸びる窪み沿いをひた歩き、反対側の「今戸」まで3往復して重い荷物を運んで行きます。約30分、ようやく移動完了。その時点で2人共汗ダクです。暫く休みたいところですが、既に出船から2時間が経過、これ以上時間のロスは出来ないので、すぐに準備を済ませ実釣開始です。

002.JPG

先端の低場に3104君、東向きの高場に私が入ります。マキエを撒いてもオセンの姿が無いため、竿1本先からエサ取りの状況を見ながら徐々に沖を探って行きます。3投目、早くも良型がヒットです。

003.JPG

いきなりの30pオーバーで、「今戸」のポテンシャルの高さが伺えます。その後も連発とまでは行きませんが、30p前後のグレが竿を曲げてくれます。しかし、「わざわざ今戸まで移動した甲斐があった」と思ったのも最初の1時間半くらい。と言うのも徐々に南東の風が強まり、釣り難いだけで無く、寒さで身体の震えが止まりません。それでも折角来た「今戸」、耐えながら続けますが、そのうちに頭痛が激しくなりとうとう続行不能に。ロキソニンを飲んで何とか耐えますが、寒さに弱い私は体を温めるために風裏となる「船着き」に一時避難します。「船着き」ではウミノリダー君とせきやんさんがきついサラシで苦戦している様です。

004.JPG

30分ほど身体を休めて、少し楽になったので再び「今戸」へ戻ります。「今戸」では3104k君がサラシ際、沖、その右手と色々探っていますが、型が揃わない様です。

005.JPG

風も若干弱くなり、昼に掛けて気温も上昇、ようやく私も完全復帰です。沖でポイントが出来るとようやく連チャンモードに入ります。25p以下は皆無ですが、そんなにデカいのも居ません。遊ぶにはちょうどいいサイズではありますが、ちょっと物足りない感じです。しかし、午後からはオセンが突然息を吹き返し、沖にまでどんどん出る様になります。更にウマヅラのミニサイズが大群で押し寄せ、サシエが秒殺状態に。

006.JPG

口が変なウマヅラですが、このサイズが沖で湧いています。グレが喰うタナがそんなに浅く無いため、サシエを通すのに四苦八苦です。お陰でここから急にペースダウン、1枚釣るのにかなりの時間を要します。その後、3104k君と釣り座交代して狙う場所を変えてみますが、ウマヅラの勢力が圧倒的で、殆どグレは釣れません。結局、後半は殆ど数は伸ばせず15時45分に終了です。

前半の勢いから100尾は釣れるかと思いましたが、まさかのウマヅラの猛攻で数は伸びませんでした。型も中型ばかりでおかずにはいいのですが、欲を言えば30p台後半が欲しかったです。因みに最初に降りた「船着き」では前半はサラシで苦しんだものの、後半はグレの活性が上がり爆釣だった様です。ただ、30pUPは釣れたものの、足場の高さのせいで取り込めなかったとのことです。釣果としては4人で200枚ほどだと思いますが、相対的に型は小さく、26〜28pくらいが殆どでした。
これからの季節は、日本海側は天候の関係でなかなか思う様に釣行出来ないので、恐らく今シーズンはこれが最後だと思います。次は四国方面に型狙いで釣行したいと思います。

007.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜27p 16尾、28p〜32p 15尾(30pUP 6尾)
ウマヅラ 15〜19p 10尾
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ4号
ウキ:M-00→MG6→L00 ガン玉:G7、G6、G5 タナ:1.5〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤1/3袋+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミL、ムキエビ
posted by tarumit at 00:14| 釣り

2018年12月01日

垂水西5番(12回目)

11月は1年で仕事が一番忙しい月。連日徹夜続きでしたが、ようやく月末になり余裕が出て来ました。そこで、昨日は午後から用事があるため、午前中勝負でいつもの西5番へ。

DSC00013.JPG

角にはTFCのヤートさんがアオリ狙いで入られていたため、2番目に釣座を構え、7時45分スタート。この日は小潮と言うことで、あまり潮は動かないと読んだのですが、沖は右へ当てながら、際は引かれ潮で左に流れる最悪の状況。オセンも複雑な潮に右往左往。サシエとマキエの同調はおろか、オセンも分離出来ずに悪戦苦闘の連続です。9時頃、若干際の引かれ潮が緩むと、ようやく遠投で1枚目がヒット。その後も潮が緩んだ瞬間だけ遠投でグレが掛かりますが、あまりにも単発過ぎて面白味に欠けます。10時半頃から本流が転流し、5番前は穏やかな流れに変わります。と同時にこの日のオセンはエンジン全開、どんどん沖へ出て行きます。また、この日厄介だったのがウマヅラ。オセンを避けてもコイツが喰います。たまたまこの日の夕飯がお鍋なので、小さいですが一応キープします。オセン、ウマヅラを上手くかわせばグレは喰うのですが、大体10投で1尾釣れるかどうかでしょうか。結局、後半も数は伸ばせず12時過ぎにタイムアップ。

この日は小アジは皆無。サヨリの姿も無く期待したのですが、少量のマキエではオセンを避け切れませんでした。水潮も消え、水温も安定しているので、オセンさえ避けることが出来れば釣果は確実に伸ばせると思います。因みに、もう諦めていたアオリですが、隣でヤートさんが3杯も釣られました。1杯頂き、久々に刺身を堪能しました。再びアオリモードに入りそうです。

DSC00015.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜29.5p 5尾(30pUP 0尾) 、ウマヅラ 16〜19p 1尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-0U ガン玉:G7 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+前回の余りエサ+パン粉2s+ヌカ2s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 12:16| 釣り