2020年10月13日

垂水西で二刀流

久しぶりにフカセ釣りがしたくなり、TFCのせきやんさんと垂水西5番へ行って来ました。ただ、欲張りな私は泳がせ釣りも同時進行で臨みます。現地到着後、まずは泳がせ用のエサの確保のためサビキを開始。約30分ほどで赤アジ主体で15匹ほどキープします。

DSCF3231.JPG

夜明けと同時に泳がせ釣りスタートです。

DSCF3229.JPG

開始間も無くしてすぐにアタリ。幸先良く小型ではありますがアオリがヒットです。

DSCF3230.JPG

しかし良かったのは最初だけ、その後、アタリが無いまま数時間が経過します。一方、朝一からフカセでグレを狙うせきやんさんは小アジの猛攻に手を焼いています。小アジは日中は姿を消すとの話だったのですが、この日は晴天にもかかわらず9時になっても未だ海面を覆いつくしています。しかし、時間が経つに連れ、小アジの群れも徐々に小さくなり、私も退屈なのでようやく10時過ぎにフカセを開始します。泳がせのウキに目をやりつつ、フカセのアタリは手の感触で取ります。前半はポツリポツリと釣れていたのですが、お昼前に小アジが完全に消えると入れ喰い状態になります。こうなると、泳がせ釣りに気を注ぐ暇が無くなり、フカセに専念します。

昼食後もペースは落ちず、遠投で型も出る様になります。ただ、久々のフカセ釣りで体力の消耗も激しく、朝が早かったこともあり、15時過ぎにマキエを余らせてギブアップ。辛うじて生き残った小アジをエサに最後は再び泳がせ釣りを再開しますが、17時まで粘ってアタリ無く終了です。

グレは小アジさえ居なければ幾らでも釣れる状況です。ただ相対的に型は小さいので、型を狙うのであればそれなりの工夫がいると思います。

これで、とりあえずフカセの欲求が満たされたので、次回からは再び泳がせ釣りに専念したいと思います。

DSCF3233.JPG

■ 釣果 ■
アオリ 13p 1杯、グレ 20〜28p 35尾

■ タックル (泳がせ)■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:4〜5ヒロ
■ エサ(飲ませ) ■
サシエ:小アジ

■ タックル (フカセ)■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:矢引
■ エサ(フカセ) ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 12:50| 釣り

2020年10月07日

垂水東でアオリ狙い第2弾

飽きもせず、またまた昨日早起きしてTFCメンバー2人と垂水大波止へ行って来ました。到着後すぐにエギングを開始しますが、やはり今回も反応が無いため早々に見切り、明るくなる前から泳がせ用の小アジ確保に精を出します。3、40匹ほどを確保して夜明けと同時に泳がせ釣りスタート。

DSCF3222.JPG

平日と言うことで釣り人が少ない上に潮も緩く釣れそうな雰囲気です。がしかし、期待とは裏腹に3人とも一向にアタリはありません。しびれを切らし、私のみテトラへ移動。すると1投目でようやく1杯目をゲットです。

DSCF3225.JPG

しかし、間も無くして潮が走り出し、テトラでは根掛連発で敢え無く退散。再び元の場所に戻りますが、やはり潮が速く苦戦が続きます。それでも何とか潮の緩い場所やヨレを見つけて、単発でアオリを掛け、10時半頃にはこの日最大の19.5pを捕獲します。

DSCF3227.JPG

ここでエサのアジも残り1匹。ラスト1投で6杯目を狙います。暫くするとウキにアジが逃げ回る様な反応が出ます。しかし、一向にウキが完全に入ることはありません。ここで少し仕掛けを上げて誘いを入れると一気にウキが消し込みます。何とここで青物がヒットです。手応えからしてメジロ級ではありませんが、そこそこの型です。数分掛けて慎重に寄せてようやくウキが海面から頭を出した瞬間、ここで無念のライン切れ。呆気に取られて茫然、残念な幕切れとなりました。

今回、アオリのアタリは計9回。5回は獲れましたが、2回は掛けた後に針ハズレ、2回は空振りでした。半日粘ってもアタリは数回と根気のいる釣りですが、エギングでは釣れる自信が無いので、晩秋まではこの釣り方でアオリを狙って行こうと思います。

■ 釣果 ■
アオリイカ 12〜19.5p 5杯
■ タックル■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 08:26| 釣り

2020年10月04日

垂水東でアオリ狙い

週末の西3番は混むので、久々にTFCメンバー2人と垂水大波止へ行って来ました。現地到着後すぐにエギングを始めるも、いきなりの激流で早々に断念。夜明けを待って、泳がせ釣り用の小アジ確保のためサビキを開始。約30匹ほど確保して6時頃よりエサ釣りでアオリを狙います。

DSCF3220.JPG

すると1投目からアオリがヒットします。

DSCF3217.JPG

幸先良いスタートに期待は膨らみますが、その後は沈黙。混むのを避けて臨んだ大波止ですが、やはりシーズンだけに釣り人が多く、仕掛けが流せずにここで潮が緩むまでしばし中断。

9時頃になり、ようやく釣りが出来る状態まで潮が落ち着いたタイミングで再開するとまたも1投目でヒット。

DSCF3219.JPG

なかなかの引きを見せて上がって来たのは今期最大の22pです。沈黙していた2人も「今が時合い」と再びエンジンを始動しますが、やはり今回もアタリはこの1回のみ。その後、気配を全く感じないため、私一人ダメ元へテトラへ移動。するとまたも1投目でヒット。

DSCF3221.JPG

最後は少し小振りではありますが嬉しい1匹です。その後もう1回アタリがあり、これは空振り。ここでちょうどエサの小アジも無くなり10時半に終了です。

聞く所によるとここ1週間ほどはエギングは不調とのこと。アオリの数が減って来たことに間違いはありませんが、エギにスレて来た感もあります。とは言えまだまだシーズン真っ只中。竿を出さないことには釣れませんので、もう暫くは狙って行きたいお思います。

■ 釣果 ■
アオリイカ 13〜22p 3杯
■ タックル■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 08:13| 釣り