2022年10月11日

チーム鬼掛近畿選抜大会

9日(日)、チーム鬼掛の近畿選抜大会に、兵庫支部の代表としてTFCのせきやんさんと参加して来ました。この選抜大会は、近畿の各支部で3回の予選を行い、各予選の獲得ポイントの合計上位者が支部の代表として出場の権利が与えられます。私が所属する兵庫支部からは6名が選出され、他支部の代表選手、スタッフの計23名でトーナメント戦を行い、全国大会への出場権を競います。

まず1回戦は和歌山の代表選手との対戦です。そして上がった磯は西島の「アシベ」。何と1ヶ月前に兵庫の予選で上がった磯です。これは有利です。負けるわけには行きません。

午前5時10分、前半戦がスタート。

01.JPG

まずは船着きから始めます。周りはゴミだらけで、鳥の死骸もあり雰囲気は最悪です。しかも前回も殆ど釣れなかったスカ場です。この日も早々からグレは釣れますが、サイズはどれも15p前後。今大会は規定寸法がありませんのでとりあえずキープしますが、これを揃えても勝てません。一方、本命ポイントに入った相手選手は開始早々から何度もタモ入れをしています。圧倒的に差が付いています。スカ場とは言え、何とか数枚は良型を拾いたいところ。そう思い、徐々に遠投を試して行きますが、如何せん肩の負傷でマキエが飛ばせません。モヤモヤが続く中、とりあえず出来る範囲で探っているとようやく良型がヒット。しかし、肩をかばいながらのやり取りで、どこでどうなったのか分からず気が付けば「バキッ!」と言う嫌な音がしたと同時にリールでラインが巻けなくなります。何とか手でラインをたぐり寄せ魚は無事に捕獲出来ましたが...

03.JPG

穂先はこの様な無残な姿に。ショックで数分間時が止まってしまいますが、気を取り直して予備竿を出して仕掛けを作り直します。ようやくセットが完了して再開と思いきや、またしてもミスが発覚。道糸が1ヶ所ガイドを通っておらず、またまた一からやり直しです。その後も高切れでウキの回収、仕掛けの作り直しで時間を浪費、結局後半は殆ど釣りが出来ずに釣座交代となります。

何とか規定の8枚は揃いましたが、良型は穂先を折った時に釣れた1枚のみです。かなりの差を付けられ、巻き返しを図らなければなりませんが、トラブル続きと肩の痛みで正直なところ既に戦意は殆どありません。とは言え第2ラウンドは本命場所。トラブル無く終える様、焦らず落ち着いて釣りをすることだけを考えて臨みます。

02.JPG

6時10分、後半戦スタート。ここでも狙い方は船着きと同じです。遠投すれば型は出ますが、出来ないので竿3〜4本先を探って行きます。さすがにこちらは型が良く、殆どが25pを超えて来ます。あっと言う間に7枚の入れ替えに成功しますが、たまに釣れる30pオーバーはすぐに根に入られなかなか取れません。決して諦めた訳ではありませんが、前半に何度も仕掛けを作り直したので、もう面倒になりそのままで続けていたのですが、あまりに獲れないので、最後の最後にハリスを1.5号に変更。これでようやく30pをキャッチ。

04.JPG

しかし、時既に遅し。結局、私2910g、相手選手3170gで初戦敗退です。

2回戦には進むことが出来ないので暫く磯で待機します。2時間ほどあるので、そのままグレを狙っても良かったのですが、その体力と気力は私には残っていません。とは言え暇なので、クーラーボックスに腰掛けながら迎えの船が来るまで適当エギング。

05.JPG

06.JPG

何とかお土産を確保。その後、決勝戦が行われる磯へ移動して、試合の見学です。

07.JPG

これで長い長い1日が終了です。

今大会は、前日に両腕に痛み止めの注射を計4本打って臨みました。ロキソニンも飲みました。準備も完璧にこなしました。でもダメでした。年齢による体力の衰えもさることながら、気力が続きません。そこにトラブルが連続すると思考が停止してしまいます。無理はしてはいけません。もういい年ですから今後は「ダメ元で」と言う考えは捨て様と思います。

■ 釣果 ■
グレ 20〜30p 25尾、アオリ 13〜15p 2杯
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号→1.5号 針:グレ4号
ウキ:L-00 ガン玉:無し タナ:1ヒロ前後
■ エサ(1試合分) ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 22:54| 釣り

2022年10月04日

明石港で釣り三昧

私にとって、1年で一番忙しい季節がやって来ました。勿論、釣りの話ですが、秋は狙う魚が多く、欲張りな私はターゲットを絞り切れずに色々とやってしまいます。ノマセを筆頭に、エギング、サビキ、フカセとどれも外せません。ただ、今年は7月頃から両肩がいわゆる五十肩になり、特に左肩は全く肩が上がりません。右肩も肘を腰に当てながらなら竿は振れますが、魚とのやり取りには苦痛が伴います。そこで厄介なのがフェンスです。杓を左手で振る私は、今は下からで無いと振れず、フェンスのあるアジュールや大蔵海岸ではフカセが出来ません。そんな中、サトシF君がノマセ、フカセをフェンスの無い明石の波止でするとのことで同行させてもらいました。

場所取りのため、現地には午前3時過ぎに到着。目当ての波止先端を陣取り、まずはノマセ用のエサを確保するため、サビキ釣りを開始します。予報とは違い、爆風が吹く中ラインが取られて苦戦しますが、何とか1時間ほどを掛けて30匹ほどの小アジを確保します。まだ夜明けまで時間があるため、暇潰しでエギングを行いますが、兎に角風が強くて早々に断念。適当に時間を潰し、満を持して5時30分にノマセ開始です。

DSCF5708.JPG

この頃になると風も弱まり、流れも穏やかです。まずは掛け針を付けてアオリを狙います。開始15分、幸先良く胴長16pがヒット。

DSCF5710.JPG

続けて15p。

DSCF5712.JPG

ここで一旦アタリが止まり、狙いを青物に変更します。仕掛けを沖に投入して暫くするとウキが一気に消し込み、同時にリールからラインがどんどん出て行きます。30秒ほど待って、竿先に魚の重みを感じた瞬間にアワセを入れますが空振り。仕掛けを回収すると針上の所でスパッと切れています。青物では無くサゴシかタチウオかと思われます。その後はアタリ無く沈黙が続きます。

9時半頃になり、サトシF君がフカセを始めるとのことで、暫く様子を見させてもらいます。15p前後の木っ端が続いた後に徐々にサイズアップ。25p前後が3枚釣れた時点で私もフカセにチェンジします。潮が横に走るため、波止先端からは2人で狙えないため、私のみテトラ側へ移動します。際にはオセン、竿2本先は木っ端の群れ、更に先は小アジだらけと言った状況ですが、アジが出ない所ではたまにコマシなサイズのグレが出ている様です。ただ、そのタイミングが難しく、ノーコンのアンダースローではなかなか思う様に攻め切れません。ミスショットの連発ですが、たまにコントロールとタイミングがピタっと合えばキープサイズが釣れてくれます。

DSCF5713.JPG

後半はどこを釣ってもアジだらけとなり、フカセは3時間ほどで終了します。潮はまだ走っていますが、まだ「青物を釣る」と言うミッションはクリアしていないため、再びノマセを再開しますがやはり無反応。朝が早かったのと、色々やり過ぎて疲労困憊でとうとうギブアップ。14時に完全終了とします。

久々にフカセをやりましたが、やはり思い通りに体が動きません。実は週末にグレの大会があるのですがかなり不安です。
今年は欲張らずにターゲットを青物に絞り、大人しくしておきます。

DSCF5717.JPG

■ 釣果 ■
グレ 25〜29p 4尾、アオリイカ15〜16p 2杯
■ タックル (フカセ)■
竿:1号5m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:1ヒロ前後
■ タックル (ノマセ)■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:円錐2号 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ(フカセ) ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 16:46| 釣り

2022年09月28日

垂水西で青物炸裂!

27日、この時期恒例の青物狙いに垂水西3番へ行って来ました。今回の同行者は私同様、ノマセ釣り大好きなサトシF君です。いつもの如く、現地到着後すぐにサビキでエサとなる小アジの確保です。この日は小アジの群れがいつもより多く、試しにタモで掬ってみると...

DSCF5698.JPG

この様に一度で大量に捕獲出来ます。お陰で10分ほどで50匹以上をキープ。午前6時頃よりノマセ釣り開始です。朝一のまだ薄暗い時間帯はとりあえずタナを深くして、掛け針を装着して、アオリ、青物の同時狙いです。暫くすると先端に入っていた常連さんがエレベータ仕掛けでいきなりヒット。しかし、これは残念ながらライン切れでバラシ。続けて今度は私もヒット。しかしこれもラインブレイク。この日は早朝の時合いで良型が回遊している様です。仕掛けをハリス2号から3号に変更。掛け針を外して青物1本に的を絞ります。

その20分後、再び目の覚める様なアタリ。またも良型で、私のタックルでは獲れるかどうかギリギリのサイズ感です。10分ほど時間を掛け、魚を何とか弱らせ無事ランディング成功。

DSCF5696.JPG

久々の60pUPです。持参したクーラーボックスが小さいため、お土産はこれ1本で十分です。とは言え、まだ時刻は6時半。サトシF君にまだ釣果が無いため、暇つぶしで再び掛け針を装着してアオリ狙いに専念します。その後、西向きの流れが走り出し、青物の時合いは終了。私もまぐれでアオリが1杯だけ釣れましたが、その後は沈黙の時間が続きます。

時刻は午前8時30分。本流は西向き最強潮流を迎えます。いつもならこの辺りで終了のタイミングですが、2人とも当日午前中は時間が取れるため、次の転流(潮止まり)に再び時合いが来ると見込んで延長戦に入ります。

間もなく潮止まりを迎える11時頃、ようやくサトシF君に待望のアタリ。大物用で臨んだハードタックルでは相手不足だった様ですが、何とか念願の1本を仕留めます。

DSCF5700.JPG

このサイズは群れで入ることが多いため、その後30分ほど粘りますが、お互いアタリ無く11時半頃に終了です。

9月に入ってから、西向きに潮が流れると大阪湾からの濁りが入り、どうも青物が嫌がっている感じがします。ひどい日は海が少し茶色掛かったモスグリーンに変わります。西3番は東流になると釣り難いですが、潮が澄んで来るので、青物の期待度は高まります。

■ 釣果 ■
ハマチ 65p 1尾、アオリイカ 16p 1杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号
ウキ:円錐2号 タナ:3.5〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 10:43| 釣り