2021年10月24日

アジュール後半戦H

先日、約3ヶ月振りにせきやんさんとアジュール舞子へ行って来ました。今年9回目のグレ狙いです。釣りシーズン真っ只中と言うこともあり、場所取りのため現地には早めの午前6時前に到着。しかし、ホテルセトレ前の西向きは既に満杯。南向きもルアーマン数名に陣取られ入る隙間がありません。仕方なくワンド奥に移動、念のために持って来たサビキ竿で暇潰し。やはり噂通りアジは居ません。たまに釣れるのはウリ坊だけで1時間ちょっと粘って終了。その後暫く待っているとようやく釣座が空き、8時過ぎよりグレ狙い開始です。

DSCF4366.JPG

この日の本流は東向き。なので釣座前はきつい当て潮になります。マキエを撒いて様子を伺うと、オセンは竿1〜2本先、ウリ坊が竿3本先まで出ますが、当て潮の影響で更に沖には出ません。と言うわけで、開始早々から遠投浅ダナで狙って行きます。2投目、幸先良く本命がヒットします。

DSCF4365.JPG

その後、当て潮の速さが一定では無いため、速い時はグレが喰う前に仕掛けが際まで寄ってウリ坊の餌食となり、なかなか数が伸ばせません。

潮が緩む瞬間に集中して、何とか1枚ずつ拾って行くとようやく30pUPをゲットします。

DSCF4367.JPG

お昼前になると当て潮も収まり右へ流れ始めます。特に際近くは流れが速いため、ラインが取られ、マメにメンディングを入れないと仕掛けを引っ張ってしまいます。横に釣人が居ると長時間流すことも出来ず、兎に角苦手な潮です。休憩を挟みながら緩むのを待ちますが、そのうちに再び強烈な当て潮に変わります。

当て潮の方がまだマシで、遠投で28〜32pが連発しますが、今度は次第に向かい風が強まり、遠投も出来なくなりとうとう14時にギブアップ。その後、雨も降り出し慌てて撤収し最後は悲惨な状態で終了です。

相変わらずウリ坊が多く釣り辛いですが、さほど沖まで出ないので、遠投すれば何とかかわせます。グレも沖で浮いて来るので、潮が素直に流れてマキエとサシエが一致すれば必ずと言っていいほどヒットします。
アジュールで釣りをする時は、大潮は避けた方がいいですね。

DSCF4372.JPG

■ 釣果 ■
グレ 24〜28p 10尾、28〜32p 9尾(30pUP 2尾)
■ タックル ■
竿:1号5m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:L-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜1ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2.5s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:10| 釣り

2021年10月20日

またまたサバ

昨日も深夜から、せきやんさん、3104k君と大波止へ行って来ました。開始は午前1時過ぎ、潮は殆ど動いて居らず釣り易い状況です。最初のアタリは午前2時前。まずは幸先良く39pをゲットです。

DSCF4344.JPG

ここからが最近のパターン。群れを留めるため、マキエの出番です。広範囲に適度にマキエを入れて「サバ牧場」の出来上がり。ここから入れ喰い状態であっという間に7本追加です。

DSCF4347.JPG

この間、僅か30分程度。十分にお土産が確保出来たので、一旦ここで魚を捌き、その後タナを深くして中アジ狙いに変えます。マキエを止めたせいか、サバのアタリは遠のき、代わってアジが釣れ出しますが全て小型。5時位まで粘りますが、30pちょっとのサバと15pまでの小アジ数匹を釣って夜釣りは終了です。

その後、サビキで泳がせ用の小アジ狙い。しかし、この頃から寒さで体調を崩し頭痛が始まります。何とか耐えて、早朝のアオリ狙いまで頑張りましたが、僅か1投でギブアップ。

家に帰り薬を飲み、そのまま寝床へ。お昼過ぎに目が覚め、慌ててシメサバ作りを開始します。ある程度完成した時点で絶妙なタイミングで宅急便が到着。

で、届いたのがこれです。

DSCF4349.JPG

真空パック機です。最近サバが釣れ過ぎるお陰で、その保存用にと購入しました。

DSCF4352.JPG

色々種類があって良く分からなかったのですが、値段もお手頃で使い勝手が良さそうなこの機種を衝動買いしてしまいました。

出来上がりがこれです。

DSCF4356.JPG

いい感じです。今までラップに包んでいましたが、やはり長期保存となると真空パックの方が酸化しにくいらしいです。ただ問題はこれらを入れる箱、つまり冷凍庫の容量。やはり長期保存は無理かぁ〜。

■ 釣果 ■
サバ 32〜39p 9尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ2号
ウキ:電気5B タナ:1〜2ヒロ
■ エサ ■
オキアミ
posted by tarumit at 11:45| 釣り

2021年10月19日

能勢妙見山

先週土曜日は、チビが久々のオフ。野球部の休みが月1回あるのですが、春から試合日と重なり10月になりようやく取ることが出来ました。紅葉にはまだ早いですが、「行ったことのない、比較的遠い所」と言うチビのリクエストに応えるべく、考えた挙句に導き出した行き先が「能勢妙見山」。ここは私が小学生の頃、西宮に住んでいた時に度々訪れた懐かしい場所。ちょうどその歳になったチビに、私と同じ経験をさせたくなりこの場所を選びました。

今は新名神高速道路が出来て、北摂方面も随分近くに感じられる様になりましたが、ここは敢えて節約のため一般道で向かいます。高速に乗れば1時間ちょっとで着く所を3時間も掛けてようやく到着。

DSC_0023.JPG

続いて杉木立の林道を歩いて「ふれあい広場」へ向かいます。

DSC_0020.JPG

ここには幾つかのアート作品がありました。

まずは「北極星入口駅」。銀河鉄道をイメージしている様です。

DSC_0006.JPG

次に「山上のブランコ」。かなり危険な場所に設置されてますが、あくまで作品なので乗れません。

DSC_0009.JPG

芸術?に触れたあとは、森林鉄道に乗車。定員8人の小さなトロッコ列車で園内を3分程度走ってくれます。私も乗りましたが、あくまで子供用です。

DSCF4311.JPG

その後は妙見山を参拝してここをあとにします。

DSC_0027.JPG

帰り道に立ち寄った「野間の大ケヤキ」。

DSC_0042.JPG

国指定天然記念物です。樹齢1000年、ケヤキの中で国内4位の巨樹とのことです。

その後、お約束通り公園で野球の練習をして、チビの休日は無事終わりました。

私にとっては40数年振りの能勢妙見山。山好きだった当時は、電車を乗り継ぎ、歩いて頂上まで登った記憶があります。チビが林道を歩く姿を見て、当時の自分と重なり、何とも言えない懐かしさが込み上げて来ました。

あ〜、あの日に戻りた〜い。
posted by tarumit at 10:14| 旅行・観光