2021年11月05日

サバ復活!?

またまた垂水大波止に徹夜釣りに行って来ました。午前1時スタート、最初の1時間は何のアタリも無く、半ば諦め掛けた頃、同行の2人が続けてヒット。暫くしてから私の竿にもサバがヒットしますが26pとリリースサイズ。その後も中サバを数本釣ってようやくキープサイズをゲット。

DSCF4460.JPG

その後、マキエが効き出したのか仕掛け着水後、殆どが10秒以内にアタリが出る様になります。時合いは1時間ほど続き、徐々にペースダウン。途中、中アジが1匹だけ釣れ、3時半頃には回遊が無くなります。

DSCF4462.JPG

その後はお決まりの小アジ狙い。夜明けまでの1時間半ほどを粘って何とか8匹ゲット。サバより釣るのが難しいです。

6時前より泳がせ釣り開始。西向き激流のため潮の比較的緩いケーソン際を流して行きます。夜が明けないまだ6時過ぎ、まずは1杯目をゲット。

DSCF4464.JPG

その後、続けて同じ場所で2杯目が釣れましたが、これを最後にアタリが無くなり7時過ぎに終了です。

一旦、釣果が落ちた大サバですが、まだまだ回遊が続いている様です。今回は33p以上8本をキープしましたが、これだけでも帰ってからの処理が大変です。リリース前提の釣りは基本的にやらない主義なので、もう行くのを止めるか、回遊が無くなるしかこの苦痛からは脱することが出来ません。

とは言え、根っからの釣りキチ、前者は無いかなぁ〜...

■ 釣果 ■
サバ 25p〜36p 18尾、アジ 25p 1尾、アオリ 13〜15p 2杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ2号
ウキ:電気5B→円錐1号 タナ:1.5ヒロ→3〜4ヒロ
■ エサ ■
オキアミ→小アジ
posted by tarumit at 15:24| 釣り

2021年10月31日

大サバリベンジ

ここ最近、深夜の夜釣りばかりでちょっと疲れ気味の私。朝と夜が逆転し、1日の生活パターンも乱れて日付や曜日も分からなくなる始末。そろそろ普通の生活を送らねばと思いつつも、「今しか釣れない」と聞くと自制心はどこへやら。釣れているならまだしも、釣れなければ「リベンジ」を理由にまた海へ向かい、もはや病的レベル。

「いっそのこと、神戸からサバが完全に消えればいいのに...」

そんな思いを持ちつつ、突然の誘いに何の抵抗も無く、一つ返事で「OK」を出し昨夜も行って来ました。
釣り場はいつもの垂水大波止、スタートは午前1時です。既に来られていたもう一人の病人Sさんは既に数本のサバを捕獲。「今が時合いですよ」の声にすぐに私も第1投。すると早速サバがヒットしますがリリースサイズ。その後もサバが連発しますが、全て中型サイズ。

午前2時頃になり、徐々に潮が動き出しようやくキープサイズをゲット。

DSCF4387.JPG

その後33pを追加して、またまた中型サイズが連発。潮が更に速くなるとアタリは無くなりここでサバ狙いは終了です。
次にタナを深くして、流れの緩い際近くでアジを狙います。午前3時過ぎ、サバやアジとは違うウキがじわーと入るアタリを捉えて釣れたのが何とグレ。

DSCF4388.JPG

夜釣りでもマキエを撒いていると色んな魚が釣れます。それでもまさかグレとは驚きです。
その後、垂水では珍しい尺アジ(写真撮り忘れ)も釣れ、ここで夜釣りは終了です。

夜が明けてからは早朝に釣った小アジをエサに泳がせ釣りを開始します。開始早々は青物のボイルが数回ありますが、タナが違うせいかエサの小アジには喰い付いてくれません。しかし、もう一つの本命、アオリが竿をひん曲げてくれます。

DSCF4393.JPG

自身の垂水レコードとなる26pの良型です。

その後も暫く粘りますが、アタリは一度も無く9時頃に終了です。

大本命の大サバは2本しか獲れませんでしたが、その他お土産になる魚が色々釣れたので結果的には満足です。
まだまだ釣れそうな雰囲気なので、またまた葛藤が続きそうです。

■ 釣果 ■
サバ 23p〜38p 9尾、アジ 30p 1尾
グレ 30p 1尾、アオリ 26p 1杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ2号
ウキ:電気5B→円錐1号 タナ:1.5ヒロ→3〜4ヒロ
■ エサ ■
オキアミ→小アジ
posted by tarumit at 01:25| 釣り

2021年10月28日

サバは何処へ?

昨夜、久々?にサバ狙いにTFCメンバー2人と行って来ました。この日の目標は10本、気合を入れて深夜0時にスタート。しかし、いきなりの激流で暫くは何の反応も無し。2時前、ようやくアタリはあったものの釣れたのは25pほどのサバ。その後、再びヒットしますが更にサイズダウン。潮が緩む気配も無く、ここで一旦中断。4時頃になると小アジが回り出し、ここでサバ狙いを終了して小アジ狙いに専念します。結局、夜の部は仲間2人は大サバを1、2本獲りましたが私はゼロで終了。

DSCF4374.JPG

午前6時前より泳がせ釣り開始。ようやく潮も緩みアオリ狙いにはうってつけの流れ。すると開始間も無くして早速アタリがありますが空振り。その後暫く粘りますが反応が無いためテトラへ移動。

一投目、すぐにアタリがありますがまたも空振り。ダメな時は何をやっても上手く行きません。すぐにエサの小アジを付け替えテトラに戻ると、さっきのアオリかどうかは分かりませんが際に1匹泳いでいるのを発見。そっと近付き、その鼻っぱしに小アジを落とすと近付いたり離れたりとなかなか乗ってくれません。2、3分水面下50p位の所で小アジを動かしていると何やら青白い物体がすぐ目の前を通り過ぎて行きます。と同時に竿が引きずり込まれそうになり、一気にラインが出て行きます。一体何が起こったのか分からず、とりあえずやり取りを開始します。際近くで掛けたのでハネだと思い、強引に寄せに入りますがなかなか寄ってくれません。「もしかして青物?」、「青物なら曲がり?」と色々思考を巡らせながら寄せて来るとやはりメジロ。せきやんさんに一発でタモ入れを決めて頂いて何とか捕獲成功です。

DSCF4382.JPG

テトラ際1m、タナ50pで掛けたまさかのメジロ66pです。その後、同行の3104k君も青物をゲット。久々に青物が回遊している様でその後せきやんさんも続きます。

DSCF4379.JPG

かなりの良型で時間を掛けて寄せていきます。数分後、ようやくその姿が海面に現れ、今度は私がタモ入れ係。しかし大き過ぎてなかなかタモに収まりません。そうこうしているうちに、2本針のうち1本が網に引っ掛かりそのタイミングで魚が暴れて痛恨のバラシ。何ともどんくさい結末にただただ謝るばかり。

結局、このアタリが最後にエサ切れで8時過ぎに終了です。

大サバについては、もう群れが消えたのか、それとも潮が速過ぎたせいなのかは分かりませんが、いずれにせよそろそろ釣れなくなる時期ですので、近いうちにもう1回チャレンジしてみたいと思います。それからタモ入れの練習もしないとダメですね。

■ 釣果 ■
メジロ 66p 1尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ2号
ウキ:電気5B→円錐2号 タナ:1ヒロ
■ エサ ■
オキアミ→小アジ
posted by tarumit at 08:26| 釣り