2021年11月28日

極寒のサバ狙い

先日、TFCのせきやんさんからサバ狙いのお誘い。寒さに弱い私ですが、この時期でもサバが釣れるのかを確かめたい気持ちもあり、悩んだ挙句にOKサイン。ただ、いつもの朝まで粘ってアオリ、青物も狙う欲張り釣行では無く、大サバだけを狙う短時間勝負です。

釣り場はいつもの大波止。21時スタートです。土曜日と言うのに他に釣り人は2人ほど。寒さのせいか、釣れていないのか若干不安になりながら第1投。すると、その心配はすぐに吹き飛びます。開始5分、1本目がヒット。

DSCF4538.JPG

その後もアタリは止まることなく怒涛のサバラッシュです。しかし、時間が経つに連れサイズが徐々にダウン。後半は25p前後が連続7本ヒット(全てリリース)で時合いは23時半頃に終了です。その後、小アジやなぜかフグが多くなりギブアップ。何とか良型のアジを1匹追加して24時過ぎに納竿です。

DSCF4540.JPG

水温は17℃台まで落ちて来ましたが、まだまだサバは回遊しています。ただ、以前と違って釣れる時間が短くなっている様に感じます。
まだ1〜2週間位は釣れそうな感じですが、問題は寒さです。当日も手がかじかんで針も結べず、魚を捌くのも往生しました。結構厚着で行ったのですが、夜の冬の海は風が冷たいです。
昼間にサバが釣れれば楽なんですけどね。

■ 釣果 ■
サバ 24p〜38p 17尾(内33p以上8本キープ)、アジ 26p 1尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ2号
ウキ:電気5B タナ:1ヒロ
■ エサ ■
オキアミ
posted by tarumit at 23:31| 釣り

2021年11月20日

アジュール舞子J

昨日は釣友がアジュールに行くとのことで、急遽参戦。現地には既に釣友のせきやんさん他2、3名が各々の釣り方でグレを狙っています。幸いにもせきやんさんの隣に1人入れるスペースがあり、そこに入れて頂き8時過ぎにスタート。

DSCF4478.JPG

周囲の釣り人に話を聞くと、既に2〜5枚の釣果があり、この日も朝から活性は高い様です。この日の潮は西流。珍しく釣り座前は当て潮は無く、左右に行ったり来たりと釣り易い状況です。しかし、状況とは裏腹になぜかアタリは全くありません。グレも浮くことは無く、遠投ではサシエが残りっぱなしです。潮が良く動く角に入ったせきやんさんだけが1人竿を曲げています。指を咥えてただ眺めているわけにも行かず、私も遠慮しながら角のポイント近くに仕掛けを入れさせて頂きます。それで何とかポツリポツリとグレを拾って行きます。開始1時間、ようやくキープサイズをゲットします。

DSCF4480.JPG

その後も西流が続く間はそこそこの型は拾えるのですが、数は伸び悩みの状況が続きます。

お昼前になり、西流が収まるとようやく釣座前にグレが湧き出します。本格的に潮が東に流れ始めると例の如く当て潮が始まり、同時にグレの活性も一気にアップ、ここから連チャンモードに入ります。潮の加減で流れが緩い瞬間では、沖で仕掛けが留まり30p弱のサイズがヒットしますが、流れが速い場合はすぐに仕掛けが際まで流れ、木っ端が喰ってしまいます。この状況が最後まで続き、エサ切れで14時に納竿とします。

DSCF4482.JPG

20〜23pも全体の1/3ほど混じりましたが、30pUPも6枚獲れました。このうち今回は5枚のみキープです。

DSCF4486.JPG

最後におまけです。

a.jpg

この日はほぼ(?)皆既月食。約140年振りとのことで記念撮影。寒かった〜

■ 釣果 ■
グレ 20〜32p 37尾(30pUP 6尾)
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜2ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2.5s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 13:01| 釣り

2021年11月17日

アジュール舞子I

昨日、久々(でも無いか?)に釣りに行って来ました。大サバ、青物、アオリ、グレと狙いたい獲物が多々ある中で、今回は同行のサトシF君のリクエストでグレに決定です。

現地到着は午前6時。釣座が空くまで暫く待機して7時開始です。

DSCF4465.JPG

潮は殆ど止まっており釣り易いのですが、どうもグレのご機嫌が良く無い様でファーストヒットまで時間が掛かります。開始30分、1枚目。

DSCF4468.JPG

30pジャストの良型です。その後もグレがなかなか浮かない中、タナ2〜3ヒロで30p前後が単発で竿を曲げてくれます。

9時頃から次第に本流が東流に変わると釣座前はいつもの当て潮になります。この潮に変わるとグレは浮く様になるのですが、型は次第に小さくなります。また、向かい風も吹き始め、30分粘っては15分休憩で、なかなかマキエも減らず時間だけが過ぎて行きます。当て潮もお昼をピークに強まり、後半は殆どまともに釣りが出来ずに14時に心が折れて終了です。

緩い当て潮の間にグレが浮いてくれたお陰で、数は釣ることが出来ましたが、型はイマイチでしたね。ウリ坊も消え、オセンも沖に出ないためエサ取りは皆無の状態なので、潮さえ良ければ相当釣れると思います。

DSCF4472.JPG

今回は30pUPを5枚持って帰る予定でしたが、1枚足らずで29〜31pをお持ち帰りです。

DSCF4476.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜31p 29尾(30pUP 4尾)
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:L-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2.5s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 14:10| 釣り