2020年11月13日

アジュール舞子(7回目)

昨日は泳がせ釣りを封印して、久々にアジュール舞子にグレ狙いに行って来ました。角に私、その横にせきやんさんが入って7時前にスタートです。

DSCF3347.JPG

潮は東へ流れているために、正面西向きはきつく当たって来ます。竿2、3本先では仕掛けが馴染むまでに、際まで流れ着くために、1投目から遠投で狙います。すると早速27pほどのグレがヒット。その後も、同サイズがひっきりなしに竿を曲げてくれます。当て潮でオセンも沖に出ることも無く、心配していたウリ坊も皆無で、エサ取りに悩むことは殆どありません。流れが刻一刻と変化するために、ライン操作に手間が掛かりますが、マキエと仕掛けが一致して、きれに仕掛けが流れれば百発百中でグレは釣れます。はっきり言ってテクニックは殆ど要りません。そんな状況ですから、徐々に飽きて来て、休憩が増えて行きます。

お昼頃になると更に当て潮がきつくなり、ラインも弛みアワセの空振りが増えます。自然とアワセも大きくなり、とうとうトラブル発生。大きくアワセた瞬間、いつの間にかやって来た隣の釣り人の竿と接触。10年ほど使用した愛着のある竿の穂先が破損します。もう製造中止のため替えの穂先もありません。残念ですがこの竿とはお別れとなってしまいます。悲しみのどん底で立ち直れなくなり、もうグレ釣りどころではありません。

暫く考え...

穂先を見つめ...

途方に暮れ...

なぜかバッカンの中身を見て...

残っているマキエの量を確認して続行を決断。

さっきまでの落胆ぶりは何処へやらで、気が付けばバイクに乗って別の竿を取りに家路に向かいます。いつまでもくよくよしては行けません。切り替えが大切です。そんなわけで13時頃に再開します。潮も若干緩み釣り易くなっています。するとここからアタリがあっても素針を連続します。犯人はコイツです。

DSCF3350.JPG

やはり出て来ました。しかし、オセン同様際からあまり沖に出ないため、少し遠投すればかわせます。グレの型も徐々に良くなり殆どが30p前後、遂には本日最長寸の32.5pもゲットです。

DSCF3352.JPG

時刻も15時半を回り、疲れもピークに達しそろそろ止めたい所ではありますが、マキエをエサ取り用に殆ど使っていないため、まだまだ残っています。持って帰るには中途半端なため、ここからドカ撒きで一気に減らし、何とか16時までに撒き終えてフィニッシュです。

結局、この日はせきやんさんと2人合わせて120尾ほどの釣果です。休憩無し、トラブル無しでぶっ通しで釣り続ければ一人で100尾も可能だと思います。それほどグレは居ます。たまたまかもしれませんがエサ取りも皆無です。また良型も居ますのでハリスは太目をお勧めします。たくさん釣りたい方は今がチャンスです。

DSCF3355.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜32.5p 75尾(30pUP10尾)
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m→1号5.3m
道糸:1.5号 ハリス:1号→1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:2〜2.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2.5s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:02| 釣り

2020年11月10日

泳がせVSエギング2

昨日もTFCメンバー2人と垂水西3番へアオリ狙いに行って来ました。せきやんさんと常連のエギンガー達は北風を嫌い5番側に集中、3番は私とまさの貸し切り状態です。早々に15匹ほどの小アジを確保して、6時ちょうどに泳がせスタートです。

DSCF3343.JPG

前回で述べた「アオリ争奪戦」はありませんが、エギングと泳がせではどちらが良く釣れるか、いざ勝負です。まずは幸先良くまさがヒット。

DSCF3342.JPG

私もその直後に良型がヒットします。

DSCF3345.JPG

これで一歩リードかと思われたのですが、その後は全くアタリが途絶えます。エサの小アジが無くなるまで粘るつもりでしたが、全く反応が無いためとうとう10時過ぎにギブアップ。結局、泳がせ組は1杯ずつの貧果に終わります。一方エギング組は、この日も釣果があり、せきやんさんは良型含む2杯をキープされてます。僅差ではありますが、今回はエギングの方に軍配が上がります。

泳がせ釣りは準備だけで無く、エサの確保も面倒ですし、どちらかと言うと待つ釣り。エギングは手軽な上に、キャストを繰り返しポイントを探る攻めの釣り。次回はどちらで狙うか悩むところです。

■ 釣果 ■
アオリイカ 20p 1杯
■ タックル■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 15:50| 釣り

2020年11月07日

泳がせVSエギング

最近の釣りはフカセと泳がせのダブルヘッダーが多く、お陰で道具やエサの準備も大変で、釣り時間も長くなり、結構体力的にもきつい釣行が続いていました。そんなわけで昨日は手軽に出来る泳がせ1本に絞って、せきやんさん、サトシF君と共に垂水西3番へ行って来ました。
現地到着は午前5時前。泳がせ釣り1本とは言え、エサの小アジは釣らないといけないため、暗いうちからサビキ開始です。やはり、最近は小アジの回遊が少なく大苦戦。何とか1時間ほど頑張って15匹ほどを確保。ちょうどその頃、朝焼けが綺麗でしたのでパチリ。

DSCF3336.JPG

この日3番には、私、サトシF君が泳がせ釣り、他にせきやんさんを含む3人がエギングでアオリ狙い。ただでさえ数が少なくなったアオリを5人で狙うわけですから、ある意味アオリの争奪戦です。

DSCF3339.JPG

我先にと気合を入れて臨みますが、この日調子が良かったのはエギング組。先に全員安打を達成されてしまいます。しかもせきやんさんは既に3杯をゲット。私はと言うとアタリはあるものの、上手く合わし切れずに素針を2連発。そんな中、アオリのエサ釣り初挑戦のサトシF君が初ヒット。私も少し遅れてようやく1杯目がヒットします。

DSCF3341.JPG

その後も単発ではありますが何とか2杯を追加して少休止。サトシF君が準備してきたコンロを使ってお湯を沸かし、カップ麺を朝からほうばります。再開後は日も昇りアタリは皆無。時刻も昼を過ぎ、とうとうラスト1投。するとやはり今回もドラマが起きます。西へ流れる本流筋の脇を流して行くと久々のアタリ。ラインもどんどん出るため青物だと期待したのですが、掛かったのは50pほどのハネ。ちょっと残念な気持ちで寄せに掛かり、最後のタモ入れの瞬間、その魚体に違和感を感じます。細い頭部に体高のある魚体、いつも見ているハネとは明らかに違います。それは最近淡路や垂水一文字でも度々釣れるヒラスズキと確信。ここでようやく慎重になりますが、ぎりぎりの所でアオリ用の掛け針が伸びて無念のバラシです。ここでエサの小アジも無くなり終了です。

アオリシーズンも終盤に差し掛かり、釣果にムラがありますが、やはり早朝はまだまだ期待が出来そうです。釣果ゼロになるまで、もうちょっと粘ってみたいと思います。

■ 釣果 ■
アオリイカ 13〜17p 3杯
■ タックル■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 19:20| 釣り