2016年10月10日

南淡路へ小旅行

9日は法事があり、久々に関東にいる義弟家族と再会。その後、折角なのでみんなで南淡路に1泊2日の小旅行へ行って来ました。宿泊先のすぐ目の前が海だったのですが、今回はみんなとのふれあいを重視して釣りは封印です。翌日10日は、子供達に大鳴門橋を見せるために門崎まで行って来ました。

005.jpg

さすがに3連休、周辺は人・人・人で大変な賑わいでした。大鳴門橋には観光で来たのですが、私には別の目的が有りました。ここは淡路では数少ない磯釣りが出来る所です。上物は勿論ですが、大型の青物やマダイも釣れる場所です。遠くからではありますが、今後の釣行の参考に何枚か写真を撮って来ました。

001.jpg

002.jpg

003.jpg

004.jpg

駐車場からは結構な高低差を降りて行かなければなりませんが、潮通しは勿論のこと、水深もあり雰囲気は抜群でした。年内に機会があればぜひとも攻めてみたい場所です。

鳴門海峡見物の後は何処も寄らずに淡路のハイウェイオアシスで暇潰し。あっと言う間の2日間でしたが、久々にのんびりすることが出来ました。テントや車中では無く、たまには「宿」に泊まる旅もいいものですね。
posted by tarumit at 23:21| 旅行

2015年04月04日

四国旅行

ようやく体調不良から完全復活、4/2〜3に家族旅行に出掛けました。今回の目的は乗り物。まだ船に乗ったことの無いチビのために、往路はフェリーを利用します。神戸を午前6時出航、向かうは香川県高松です。所要時間4時間45分とちょっと長めですが、大人2人+子供1人+普通車で6,780円と実際に車で走るのとそんなに変わりません。しかも、運転しなくてもいいわけですから、体は楽です。

001.jpg

春休みとは言え、平日と言うことで船内はガラガラ。客室はご覧の通り貸切状態です。

003.jpg

004.jpg

明石海峡大橋を通過します。毎日見ている橋ですが、下をくぐるとチビも大はしゃぎでした。

002.jpg

高松には10時45分到着。ここでチビは嫁さんに任せて私とは別行動です。と言うのもこれ。

005.jpg

チビにとっては夢にまで見た「アンパンマン列車」です。私も乗ると車を置いていかなければならないため、私が運転して次の目的地「琴平」を目指します。1時間後、「琴平」で合流後は「金比羅宮」に向かいます。

006.jpg

ご存じの方も多いと思いますが、ここの参道は殆どが階段です。本宮までの785段を必死になって登ります。

007.jpg

最後の登りです。残り約100段ほどです。

008.jpg

ようやく本宮に到着。30分ほどの登りでしたが、結構きつかったです。多くの参拝者はここで引き返すのですが、一応なんちゃって登山家の我々は更に奥社を目指します。ここから更に583段を登って行きます。

009.jpg

出発から約1時間。ようやく標高421mの奥社に到着です。合計1368段の階段を登って来ました。ここまで来ると讃岐平野が一望出来ます。讃岐富士の雄姿をパチリ。

010.jpg

ゆっくり歩くと膝が笑うので、帰りは小走りで降りて行きます。お陰で20分ほどで麓へ到着。この日は徳島の三次まで移動し安宿で一泊です。

2日目はのんびり朝食を摂って祖谷渓を目指します。まずは「小便小僧」。

011.jpg

続いて「かずら橋」。

012.jpg

生憎の雨で殆ど観光は出来ずに写真撮影のみでスルーです。帰りは鳴門までの約100qを地道で移動、道の駅を巡りながら6時間半かけて家に到着です。

今回の旅行の目的は船と列車に乗ること。観光は二の次だったので、雨が降ってもチビは大満足でした。今週も予報ではずっと雨みたいです。これで春休みの行事は終了かな?
posted by tarumit at 22:15| 旅行

2015年02月12日

ちくさ高原スキー場

昨日、11日はサラリーマン時代の後輩親子とちくさ高原スキー場に行って来ました。私にとって15年振り、嫁さんに至っては実に20年振りとなるスキー場です。勿論うちのチビはお初と言うことで、この日は雪遊びがメインです。チビは事前にウェアを購入していたのですが、我々の格好は当時のまま。時代遅れを感じます。まずは現地に着いて早速雪だるま作り。30分ほどかけて完成したのがこれ。

101.JPG

その後、後輩親子達はスキーに、我々はそり遊びをするためにキッズパークへ向かいます。

126.JPG

キッズパークの入場料は大人500円、子供700円です。ここにはムービングベルトと言うのがあって、労せずして上まで登ることが出来ます。兎に角午前中はひたすら滑りまくります。

113.JPG

昼食後も再び雪遊び。後半は後輩親子達とも合流して、そり大会です。ムービングベルトが混雑していたため、自力で斜面を上がって行きます。「もう限界〜」と叫んでも子供達は聞いてくれません。ラスト1本が何度続いたことでしょうか。もう本当に限界が来たため、15時半に強制終了します。

164.JPG

当初は昼過ぎに帰るつもりだったのですが、丸1日遊んでしまいました。私も一応元スノーボーダーですので、時代遅れの板を持って来ましたが、出番が無い位忙しい1日でした。後輩の息子K君は年中さんですが、既にスキーを始めており、ゲレンデを颯爽と滑っていました。うちのチビも興味があるみたいなので、次回はいよいよスキーデビューとなるかもしれませんね。
posted by tarumit at 00:00| 旅行