2018年09月19日

淡路車中泊の旅

3連休後半は、「何処か泊まりで行きた〜い!!」と泣き叫ぶチビのリクエストに応えるべく、費用を掛けたくない私は淡路行きを提案。車中泊を条件に急遽淡路へ向かうことに。まずは南あわじ市にある「淡路島牧場」を目指します。
ここは入場料無料、しかも牛乳飲み放題とお得感満載。しかし、色々と体験コーナーがあり、これに参加すると結構お金が掛かります。何も無しだと可哀そうなので、「乳飲まし体験」のみ参加。

01.JPG

「鯉のエサ」等もそうですが、エサをやるのにお金を取ることにいつも疑問を感じる私。代わりにエサをやるのだからむしろお手伝いをしているのに...と心の中でブツブツ呟きながら嬉しそうにシャッターを切ります。まあ、みんなの「笑顔代」と思えばしょうがないかな。

牧場をあとに次は「ウェルネスパーク五色」へ。ここは洲本市都志にある公園で、勿論入場料無料。園内にはオートキャンプ場や入浴施設等もあり、神戸の「しあわせの村」のちっちゃい版みたいな感じ。ここで野球の練習や虫捕りで適当に遊びます。

02.JPG

その後は併設の日帰り温泉施設「ゆ〜ゆ〜ファイブ」で汗を流して、この日の宿泊地、郡家港へ。

03.JPG

夕食後は車を岸壁に横付けして、探り釣りをしますが気配は全く無し。エギングも少し試しますが、こちらも反応無く、この日は終了です。

月曜日は私だけ午前5時に起床して早速エギング。何とか2杯だけ釣ったところで嫁さんとチビがお目覚めで、朝食タイム。その後、外向きでサビキでアジ狙い。

04.JPG

朝の早いうちはアジも結構釣れましたが、9時頃からはウルメが回り出し、エサ無しでも鈴なりです。私もそのウルメをエサに飲ませ釣りにチャレンジしますが、一度大きなアタリはあったものの、寄せる時に針ハズレでバラシです。結局、お昼前まで釣りをして、小アジ、ウルメ、カタクチを合わせて100匹ほど釣って終了です。

05.JPG

次はチビがイチオシの「淡路島公園」へ向かいます。ここは兵庫県下の公園で1、2を争うほどの人気スポットで、この日も6ヶ所ある駐車場がどこも満車。車庫探しで30分も掛かりました。

「ふわふわドーム」やローラースライダーは特に人気で、子供達で溢れかえっていました。

06.JPG

園内には新たに「ニジゲンノモリ」と言うアトラクション施設が加わりパワーアップ。ジップラインやアスレチック等もあり、内容は充実しているのですが、どれも料金は高め。幸いにも我が家のチビはジップラインには興味を示さなかったので、その代わり降りて来る人を水の大砲でやっつけるアトラクション?(無料)に参加。

07.JPG

水の勢いが強く、結構面白がってやってました。

夕方になると小雨が降り出し、退散と思いきや、まだまだ遊び足らない我が家のチビは芝生広場へ。まあ、私もやる時はとことんやる主義なので、日が暮れるまで付き合いました。

08.JPG

これで淡路でのイベントは終了。殆ど寝ずで体を動き回した2日間でしたが、それほど疲れはありませんでした。最近、チビの相手のし過ぎで、体が慣れて来たのかもしれません。因みにチビは雨の中で野球をしたお陰か、次の日は風邪をひいて学校はお休み。夏休みが終わって台風が来て休み。その後、秋雨前線が活発になり警報が出てまた休み。今回も4連休。ちょっとは勉強せーよ!!
posted by tarumit at 11:11| 旅行

2018年02月20日

津黒高原スキー場

この週末は岡山県の湯原温泉に久々に家族旅行に行って来ました。そのついでと言っては何ですが、平昌オリンピックの刺激を受けて、近場でスキーをして来ました。

向かった場所は宿から車で約15分の「津黒高原スキー場」。リフト1基のこじんまりしたスキー場です。嫁さんは見学、私とチビでまずは1日券を買って頂上まで。

1.JPG

1年振りのスキーで、チビも意気揚々です。しかし、滑り始めると彼の表情から段々と笑顔が消えて行きます。
転倒転倒の連続でなかなか麓まで戻って来れません。挙句の果てに私の熱血指導で泣きじゃくる始末。

2.JPG

何とか30分ほど掛かって、500mのコースを降りました。このペースでは到底1日券は使いきれないと判断。チケット売り場のお姉さんにお願いして、2人分の1日券を回数券に替えてもらいました。

リフト3本目位からは何とか滑れる様になりましたが、「楽しい」と言うレベルにはほど遠い様です。

3.JPG

このままでは折角の旅行も「辛い思い出」になってしまいそうなので、ソリで遊ばせました。するとこの笑顔。

4.JPG

結局、朝9時から15時まで居ましたが、チビは4本、私は7本滑って終了。やはり回数券で十分でした。
因みにこのスキー場、画像にもある様に週末でも超ガラガラです。リフトの待ち時間はゼロ。緩斜面が多く、初心者にはもってこいのスキー場です。そう言うわけか、スキー、スノボ以外にもこんな乗り物も滑走OKです。

5.JPG

ファットバイクと言うタイヤ幅が広いMTBです。これをリフトで担ぎ上げて頂上から降りて来るんですが、上手い人は一度もこけずに下って来ました。何か不思議な感じがしましたね。

その後、宿にチェックイン、夕食までに時間があるので暇潰しにこれです。

6.JPG

昭和生まれの人間は「温泉」と言えばやはり「卓球」です。既に足腰ズタズタではありますが、得意の卓球ははずせません。チビも野球の次に好きな球技なので、なかなか飽きてくれません。結局、夕食前、夕食後、翌朝、更にチェックアウト後も相手をさせられ、計3時間半も付き合わされました。

帰り道では途中の「人形峠」で休憩&雪合戦。

7.JPG

チビも元気ですが、私も最後の力を出し切ります。そしてなぜか車の上には大量の雪玉が。

8.JPG

雪合戦の時に作った雪玉をミニ雪だるまにして自宅まで乗せて帰りました。
超多忙で超ハードな2日間がようやく終了。「温泉でゆっくりのんびりと」と言う気分は、まだ当分は味わえ無いでしょうね。
posted by tarumit at 01:07| 旅行

2017年02月22日

体力の限界に挑戦?

先週末は家族を連れて、兵庫北部の「おじろスキー場」に行って来ました。

001.JPG

チビはスキーデビューです。私も20代前半からボードに転向したので、実に25年振り、嫁さんも20年振りのスキーです。夫婦共に緊張気味だったのですが、チビは果敢に攻めて、すぐに滑れる様になりました。

002.JPG

それでもまだまだ幼稚園児。スキーよりキッズパークに興味津々。滑る時間より、ここで遊んだ時間の方が長かったかも。

003.JPG

夜は宿で卓球大会。オリンピックの後にテレビで良く見る水谷選手の影響で、今やチビのマイブームに。

004.JPG

久々のスキーで足腰が悲鳴を上げている中、約1時間ノンストップで付き合わされました。実を言うと翌朝もやらされました。

チェックアウト後は温泉街を散策。湯村温泉の「荒湯」で記念撮影。源泉は98℃。熱湯です。

005.JPG

午後からは日帰り温泉施設「リフレッシュパーク湯村」へ。通常大人1100円のとこころ、湯村温泉宿泊者は2割引きで入れます。施設内には体が洗える内湯もありますが、何と言ってもここのメインは露天風呂と温泉プール。露天風呂は水着着用で混浴になっています。雪の中の露天風呂は格別でしたね。

006.JPG

裸で雪合戦。ほてった体では全然寒くありません。

007.JPG

露天風呂を堪能した後は温泉プールでひと泳ぎ。とは言っても、水泳が苦手な私は主にチビのサポート役に。

本来、スキーが目的だったのですが、色々やり過ぎて、何をしに行ったのか分からない2日間でした。
posted by tarumit at 11:05| 旅行