2019年11月08日

京都観光

11月5日(火)はチビの音楽会の代休で学校がお休み。野球の練習も無いため久々に家族で出掛けました。向かった先は京都。最近、世界遺産に興味を持つ我が家。日本の世界遺産の一つ「古都京都の文化財」を構成する17の社寺を時間の許す限り巡って見ることにしました。

まず、最初に向かったのは「清水寺」。京都南ICを降りてから渋滞に引っ掛かり、迂回しながら進んでいると目に飛び込んで来たのが「伏見稲荷大社」の標識。世界遺産ではありませんが、外国人に人気の観光スポットランキングで長年1位であるにもかかわらず、日本人である我が家は誰一人として行ったことが無いと言うことで、急遽行き先を変更です。

01.JPG

平日にもかかわらず大混雑。噂通り、その7、8割以上が外国人です。風景は日本ですが、外国語が飛び交う境内では海外にいる気分になります。ですから人混みの中を通る時、思わず「sorry」と言ってしまいます。

02.JPG

伏見稲荷大社と言えば「千本鳥居」です。

03.JPG

この鳥居が「稲荷山」の頂上に向けてずっと続きます。

途中の「お塚」と呼ばれる神様の祠が密集している場所です。この様な「お塚」が至る所にあります。

04.JPG

約30分登り続けてようやく頂上(海抜233m)付近に到着です。

05.JPG

この独特な雰囲気、何と無く神の聖域に足を踏み入れた感覚。日本人である私でさえも、神々しく感じたわけですから、この様な文化の無い外国人が興味を持つのは当然ですね。

その後、遅れを取りましたが大本命の「清水寺」に向かいます。

06.JPG

さすがは「清水寺」。まだ紅葉の季節には早いですが、それでも物凄い人の数です。やはりここも外国人が半数近く居る感じですね。

私も嫁さんも何度か訪れたことのある清水寺ですが、チビは初めてです。チビに「清水の舞台」をぜひ見せてやろうと思ったのですが...

07.JPG

何と改修中とのこと。中央部の一部のみ解放されていましたが、外からでは本殿を望むことが出来ません。

その後は二年坂、三年坂をブラブラ。兎に角人が多過ぎてゆっくり観光も出来ません。

駐車場に戻る際に立ち寄った「法観寺」。この五重塔は通称「八坂の塔」と呼ばれ、周辺ではランドマーク的存在になっています。

08.JPG

次は「金閣寺」か「銀閣寺」に行く予定でしたが、何処も観光客でいっぱいだろうとのことで、比較的穴場の「上賀茂神社」へ向かいます。

09.JPG

10.JPG

ここはご覧の通りガラガラ。それでも一応世界遺産です。

その後は車で嵐山、嵯峨野をスルーして終了。やはり京都は大観光地。平日であろうが雨天であろうが人が絶えることがありません。世界遺産17施設のうち、5つ位は回れるかと思いましたが甘かった様です。ただ、チビにとっては寺や神社より本音は遊園地の方が良かったみたいで、結果としてこの程度で良かったのかもしれません。
posted by tarumit at 12:53| 旅行・観光

2019年05月07日

岡山・鳥取旅行(前半)

今年のGWもようやく終わりました。前半はチビが野球の練習と宿題で動けず、天気もあまり良く無かったため、外出も控えて私は仕事に没頭。その後、ようやく晴れた5月2日に仲間と淡路へ釣行。帰宅と同時に嫁さんの弟家族が遊びに来て2日間はわいわい過ごしました。そこで、何処にも遊びに行けないチビのストレスを解消すべく、GWラスト3日間は鳥取方面に旅行に出掛けました。まず、初日に向かったのは蒜山。渋滞を避けるために自宅を午前5時に出発したのですが、逆に早く着き過ぎて、2日目に予定していた観光が初日の午前中に終えてしまいました。そして、チビがここに来たかった目的がこれ。

053.jpg

「蒜山高原センター」にある遊園地です。さすがにGW、物凄い人です。フリーパスを買ったチビに出来るだけ多くの乗り物に乗せたいため、私と嫁さんはアトラクションの長蛇の列に並ぶ役に徹します。

044.jpg

早いものでも最低15分、人気の乗り物は1時間以上の待ち時間です。それでも年寄り夫婦の連携プレーで、何と26回も乗らせることが出来ました。死ぬほど疲れました。

その後は蒜山高原にある日帰り温泉で入浴。自炊する予定が、あまりの疲れで外食に変更。そしてこの日の宿はいつもの旅館「セレナ屋」で。場所は三朝温泉近くの道の駅です。

071.jpg

隣のトラックが一晩中エンジンをかけっぱなしだったのでうるさくて午前5時に起床です。2日目は蒜山観光の予定でしたが、初日に済ましてしまったので行き先を鳥取砂丘に変更です。

5日は子供の日と言うことで向かった先は文字通り「鳥取砂丘こどもの国」。予想通り子供だらけです。園内には小学校低学年向けの乗り物や、遊具施設、広場等が幾つもあり、子供にとっては夢の様な場所、大人にとっては...です。

079.jpg

089.jpg

096.jpg

103.jpg

あえて説明はしません。兎に角、体力の限界までチビと付き合うだけです。これが親の「仕事」です。最後は砂丘で暴れて終了です。

115.jpg

これで子供孝行の2日間は終わりました。「無茶苦茶楽しかった〜」の言葉で気持ちは救われましたが、体はボロボロです。これで家に帰るつもりでしたが、私のバッテリーが切れて充電が要るためにもう1泊することに。この日も「セレナ屋」に泊まり2日目が終了です。

120.jpg
posted by tarumit at 10:13| 旅行・観光

2019年03月31日

伊勢旅行

チビが春休みと言うことで、年に1度の家族旅行に行って来ました。大阪までは高速を使い、そこからは一般道で伊勢に向かいます。少し早めに家を出たので、暇潰しにちょっと寄り道。

DSC_0001.JPG

飛鳥の「石舞台」です。世界遺産認定申請中とのことで、認定されると大混雑するのでその前に行って来ました。
伊勢にはお昼過ぎに到着。昼食を取ってまず向かったのは定番「夫婦岩」です。

DSC_0028.JPG

その後、鳥羽まで行ってうろうろ。何処か観光したかったのですが、チビが「早く宿に行きた〜い」と言うので、チェックイン。早く行きたいのには理由があります。それがこれ。

DSC00017.JPG

DSC00031.JPG

DSC00048.JPG

温泉=卓球はいつものパターンですが、この宿には他にビリヤードとカラオケが無料で利用出来ます。チビにとってはどちらも未体験、早くやりたかったみたいです。夕食までの2時間、休む間も無く付き合わされました。

翌日も朝食後、1時間ほど卓球に付き合わされ、お昼前にチェックアウト。観光に興味の無いチビではありますが、伊勢に来てここははずせません。

DSC_0037.JPG

伊勢神宮(内宮)です。平日ではありますが周辺の駐車場は殆ど満車。車を停めるのも一苦労です。春休み、平成最後と言うこともあってか、初詣並みの人混みです。参拝後はすぐ横にある「おはらい町」、「おかげ横丁」を散策。

DSC_0081.JPG

それにしても人・人・人です。平日でこの賑わいですから、土日は歩けないでしょうね。

これで1泊2日の旅は終了です。「温泉で身体も心もリフレッシュ!」と言う良く聞くフレーズも、我が家では当てはまったことがありません。兎に角動き回った2日間でした。
posted by tarumit at 08:45| 旅行・観光