2019年05月07日

岡山・鳥取旅行(前半)

今年のGWもようやく終わりました。前半はチビが野球の練習と宿題で動けず、天気もあまり良く無かったため、外出も控えて私は仕事に没頭。その後、ようやく晴れた5月2日に仲間と淡路へ釣行。帰宅と同時に嫁さんの弟家族が遊びに来て2日間はわいわい過ごしました。そこで、何処にも遊びに行けないチビのストレスを解消すべく、GWラスト3日間は鳥取方面に旅行に出掛けました。まず、初日に向かったのは蒜山。渋滞を避けるために自宅を午前5時に出発したのですが、逆に早く着き過ぎて、2日目に予定していた観光が初日の午前中に終えてしまいました。そして、チビがここに来たかった目的がこれ。

053.jpg

「蒜山高原センター」にある遊園地です。さすがにGW、物凄い人です。フリーパスを買ったチビに出来るだけ多くの乗り物に乗せたいため、私と嫁さんはアトラクションの長蛇の列に並ぶ役に徹します。

044.jpg

早いものでも最低15分、人気の乗り物は1時間以上の待ち時間です。それでも年寄り夫婦の連携プレーで、何と26回も乗らせることが出来ました。死ぬほど疲れました。

その後は蒜山高原にある日帰り温泉で入浴。自炊する予定が、あまりの疲れで外食に変更。そしてこの日の宿はいつもの旅館「セレナ屋」で。場所は三朝温泉近くの道の駅です。

071.jpg

隣のトラックが一晩中エンジンをかけっぱなしだったのでうるさくて午前5時に起床です。2日目は蒜山観光の予定でしたが、初日に済ましてしまったので行き先を鳥取砂丘に変更です。

5日は子供の日と言うことで向かった先は文字通り「鳥取砂丘こどもの国」。予想通り子供だらけです。園内には小学校低学年向けの乗り物や、遊具施設、広場等が幾つもあり、子供にとっては夢の様な場所、大人にとっては...です。

079.jpg

089.jpg

096.jpg

103.jpg

あえて説明はしません。兎に角、体力の限界までチビと付き合うだけです。これが親の「仕事」です。最後は砂丘で暴れて終了です。

115.jpg

これで子供孝行の2日間は終わりました。「無茶苦茶楽しかった〜」の言葉で気持ちは救われましたが、体はボロボロです。これで家に帰るつもりでしたが、私のバッテリーが切れて充電が要るためにもう1泊することに。この日も「セレナ屋」に泊まり2日目が終了です。

120.jpg
posted by tarumit at 10:13| 旅行

2019年03月31日

伊勢旅行

チビが春休みと言うことで、年に1度の家族旅行に行って来ました。大阪までは高速を使い、そこからは一般道で伊勢に向かいます。少し早めに家を出たので、暇潰しにちょっと寄り道。

DSC_0001.JPG

飛鳥の「石舞台」です。世界遺産認定申請中とのことで、認定されると大混雑するのでその前に行って来ました。
伊勢にはお昼過ぎに到着。昼食を取ってまず向かったのは定番「夫婦岩」です。

DSC_0028.JPG

その後、鳥羽まで行ってうろうろ。何処か観光したかったのですが、チビが「早く宿に行きた〜い」と言うので、チェックイン。早く行きたいのには理由があります。それがこれ。

DSC00017.JPG

DSC00031.JPG

DSC00048.JPG

温泉=卓球はいつものパターンですが、この宿には他にビリヤードとカラオケが無料で利用出来ます。チビにとってはどちらも未体験、早くやりたかったみたいです。夕食までの2時間、休む間も無く付き合わされました。

翌日も朝食後、1時間ほど卓球に付き合わされ、お昼前にチェックアウト。観光に興味の無いチビではありますが、伊勢に来てここははずせません。

DSC_0037.JPG

伊勢神宮(内宮)です。平日ではありますが周辺の駐車場は殆ど満車。車を停めるのも一苦労です。春休み、平成最後と言うこともあってか、初詣並みの人混みです。参拝後はすぐ横にある「おはらい町」、「おかげ横丁」を散策。

DSC_0081.JPG

それにしても人・人・人です。平日でこの賑わいですから、土日は歩けないでしょうね。

これで1泊2日の旅は終了です。「温泉で身体も心もリフレッシュ!」と言う良く聞くフレーズも、我が家では当てはまったことがありません。兎に角動き回った2日間でした。
posted by tarumit at 08:45| 旅行

2018年09月19日

淡路車中泊の旅

3連休後半は、「何処か泊まりで行きた〜い!!」と泣き叫ぶチビのリクエストに応えるべく、費用を掛けたくない私は淡路行きを提案。車中泊を条件に急遽淡路へ向かうことに。まずは南あわじ市にある「淡路島牧場」を目指します。
ここは入場料無料、しかも牛乳飲み放題とお得感満載。しかし、色々と体験コーナーがあり、これに参加すると結構お金が掛かります。何も無しだと可哀そうなので、「乳飲まし体験」のみ参加。

01.JPG

「鯉のエサ」等もそうですが、エサをやるのにお金を取ることにいつも疑問を感じる私。代わりにエサをやるのだからむしろお手伝いをしているのに...と心の中でブツブツ呟きながら嬉しそうにシャッターを切ります。まあ、みんなの「笑顔代」と思えばしょうがないかな。

牧場をあとに次は「ウェルネスパーク五色」へ。ここは洲本市都志にある公園で、勿論入場料無料。園内にはオートキャンプ場や入浴施設等もあり、神戸の「しあわせの村」のちっちゃい版みたいな感じ。ここで野球の練習や虫捕りで適当に遊びます。

02.JPG

その後は併設の日帰り温泉施設「ゆ〜ゆ〜ファイブ」で汗を流して、この日の宿泊地、郡家港へ。

03.JPG

夕食後は車を岸壁に横付けして、探り釣りをしますが気配は全く無し。エギングも少し試しますが、こちらも反応無く、この日は終了です。

月曜日は私だけ午前5時に起床して早速エギング。何とか2杯だけ釣ったところで嫁さんとチビがお目覚めで、朝食タイム。その後、外向きでサビキでアジ狙い。

04.JPG

朝の早いうちはアジも結構釣れましたが、9時頃からはウルメが回り出し、エサ無しでも鈴なりです。私もそのウルメをエサに飲ませ釣りにチャレンジしますが、一度大きなアタリはあったものの、寄せる時に針ハズレでバラシです。結局、お昼前まで釣りをして、小アジ、ウルメ、カタクチを合わせて100匹ほど釣って終了です。

05.JPG

次はチビがイチオシの「淡路島公園」へ向かいます。ここは兵庫県下の公園で1、2を争うほどの人気スポットで、この日も6ヶ所ある駐車場がどこも満車。車庫探しで30分も掛かりました。

「ふわふわドーム」やローラースライダーは特に人気で、子供達で溢れかえっていました。

06.JPG

園内には新たに「ニジゲンノモリ」と言うアトラクション施設が加わりパワーアップ。ジップラインやアスレチック等もあり、内容は充実しているのですが、どれも料金は高め。幸いにも我が家のチビはジップラインには興味を示さなかったので、その代わり降りて来る人を水の大砲でやっつけるアトラクション?(無料)に参加。

07.JPG

水の勢いが強く、結構面白がってやってました。

夕方になると小雨が降り出し、退散と思いきや、まだまだ遊び足らない我が家のチビは芝生広場へ。まあ、私もやる時はとことんやる主義なので、日が暮れるまで付き合いました。

08.JPG

これで淡路でのイベントは終了。殆ど寝ずで体を動き回した2日間でしたが、それほど疲れはありませんでした。最近、チビの相手のし過ぎで、体が慣れて来たのかもしれません。因みにチビは雨の中で野球をしたお陰か、次の日は風邪をひいて学校はお休み。夏休みが終わって台風が来て休み。その後、秋雨前線が活発になり警報が出てまた休み。今回も4連休。ちょっとは勉強せーよ!!
posted by tarumit at 11:11| 旅行