2020年10月26日

須磨浦山上遊園

昨日の日曜日は、久々に日本海に磯釣りに行く予定だったのですが、波が高く磯止めに。折角の休日、チビも野球の練習が午前中のみとのことで、午後からチビの足腰トレーニングを兼ねて須磨の鉢伏山へ。とは言え、突然の山登りは老体の私には無理なので、とりあえず頂上まではズルをします。

まずはロープウェイ。これで一気に山頂付近まで運んでもらいます。

DSCF3260.JPG

次はカーレーター。ベルトコンベアを使って人を運ぶ乗り物です。何を隠そう、世界で現存する唯一の乗り物です。昭和の匂いがプンプン匂ってきます。

DSCF3262.JPG

カーレーターを降りるともうそこが山頂です。因みにここまで殆ど歩いておりません。

DSCF3289.JPG

頂上展望台からの眺めです。この日は晴天で遠く友が島まで見渡せました。

DSCF3270.JPG

ようやくここからが本番です。鉢伏山から旗振山を越えて噴水ランドまで早歩き。

DSCF3283.JPG

噴水ランドで休憩して再び鉢伏山まで登ります。そして最後はカーレーター、ロープウェイは乗らず、舗装された登山道を小走りで駆け下りて行きます。麓に到着後、今度は須磨浦公園の松林で暗くなるまでキャッチボールをして終了です。

学生の頃、この程度の山でしたら30s以上の荷物を担いでも、散歩の様な感覚で登れました。それが今では殆ど下り道を荷物無しで歩いただけで筋肉痛です。チビに偉そうに言う前に自分が鍛えないといけませんね。
posted by tarumit at 22:45| キャンプ・アウトドア

2020年08月20日

夏キャンプA

当初予定では白川郷から白山ホワイトロードを通り、石川県に抜けて白山登山を予定していたのですが、ホワイトロードが7月の豪雨の影響で不通に、また当日の天候も不安定なため山行を断念。仕方なく目的地未定のまま、とりあえずこの日の寝床を求めて郡上方面に車を走らせます。途中、幾つかの道の駅をチェック、所々でプチ観光をしながら辿り着いたのが「古今伝授の里やまと」と言う道の駅。

1.JPG

ここは長良川の上流域に当り、今の時期は鮎釣り師で賑わっています。停まっている車の殆どが、翌日の釣りのための前泊まり組です。

この道の駅には日帰り温泉施設もあり大変便利です。夜になると、周りの釣り人達もコンロを出してさながらキャンプ場の様です。我が家も便乗して夕食タイム。

2.JPG

翌日はチビの海水浴に行きたいとのリクエストに応えるべく、日本海へ向かいます。途中、道の駅「九頭竜湖」で一休み。この道の駅、JRの駅も兼ねている全国でも珍しい駅です。

3.JPG

ここから越前海岸に向かう予定でしたが、少しでも自宅に近い方が帰路が楽との判断で更に先へ進みます。若狭周辺はコロナの影響で海水浴場が閉鎖。更に進んで舞鶴、宮津を過ぎ、ようやく辿り着いたのが京都の久美浜です。周辺の道の駅を見つけそこで一夜を過ごします。下界に下りて初めての車中泊でしたが、さすがにクーラー無しでは寝れませんでした。

翌日は早朝より海水浴場探し。朝8時の時点で鳴き砂で有名な琴引浜やその周辺は既に駐車場が満車。止む無く再び久美浜に戻り海岸沿いを走り続けるとようやく「空車」の看板を発見。「葛野浜」と言う海水浴場でようやく落ち着きます。

4.JPG

遠浅で透明度も高く広い海水浴場です。コロナの影響で海の家はありませんが、無料の水シャワーや脱衣所、トイレはあります。ここで夕方17時まで付き合わされました。

5.JPG

お陰で黒人並みに日焼けしてしまいました。

さて、ここでようやく夏キャンプも終わりかと思われたのですが、チビがどうしてもあと1泊したいと。実を言うと、この春に車内を少し改造してベットを設置しました。お陰で車中で寝泊まりするのが楽しい様で、制作者としてはその要望に応える義務があるため、帰りたい気持ちを抑えて快諾。と言うことで少しでも涼しい場所を探し、兵庫県北部の高原へ移動することに。

最終日は道の駅「神鍋高原」で宿泊。夜遅くに着いたため、チビは到着後すぐに爆睡。ここに泊まる意味があるかは置いといて、ようやくこれで夏の一大イベントが終わりました。

さて、そろそろアオリシーズンですので、キャンプの後片付けが終わったら、ボチボチ様子を伺いに行きたいと思います。
posted by tarumit at 14:57| キャンプ・アウトドア

夏キャンプ@

コロナ渦の中、ある程度行動を自粛しながら今年も恒例の夏キャンプへ行って来ました。毎年、岐阜県の平湯温泉に、関西、中部の数グループが集まってキャンプを行うのですが、今年はそれを辞退し、神戸のグループだけで同じく岐阜県の「清美すのまたオートキャンプ場」と言う所へ行って来ました。

1.JPG

3.JPG

サイトの横には清流が流れています。今年は水量が少ないですが、川の状態がいい時はイワナやヤマメが釣れます。

2.JPG

渓流魚が棲む様な川ですからかなり冷たいです。大人は長時間足を浸けることさえ出来ませんが、子供達はここで泳いでました。不感症なんでしょうか?

4.JPG

5.JPG

子供達はまだ小さいので、座の低い専用テーブルで食事です。

6.JPG

2日目の早朝、誰よりも早くに起きて近くの沢に入りましたが、魚の気配はありません。小さなヤマメ1尾のみで撃沈です。

7.JPG

あっという間の3日間でしたが、十分に自然を満喫することが出来ました。天気には恵まれませんでしたが、関西の暑さとは比べ物にならないほど涼しく、とても快適なキャンプ生活でした。

ここで一緒に来ていた3グループとはお別れ。2泊3日では納得してくれない我が家のチビの命令で、ここを離れて次の場所へ移動です。 

→Aへ続く
posted by tarumit at 12:16| キャンプ・アウトドア