2017年08月17日

夏キャンプ8日目

夏キャンプもとうとう最終日です。ようやく晴れ間が覗きました。

171.jpg

早々に身支度を整え午前8時に出発。若狭高浜までは昨日と同じく道中にある道の駅に立ち寄りながら向かいます。高浜に近付くに連れ、チビのテンションも上がって行きます。しかし、徐々に雲行きが怪しくなってきます。出発の時は晴天だったのですが、山の方を見ると雲が厚くなり、今にも雨が降りそうな状況です。もしここで「止めようか」などと言えば、雨よりも大粒の涙がチビの目からこぼれ、車中は水浸し間違い無しです。同じ濡れるなら行く他ありません。そうこうしているうちに高浜に到着。今の所、雨の心配は無さそうです。

172.jpg

176.jpg

海水浴に来たのですが、やはり野球ははずせません。色んなシチュエーションで相手をさせられます。

175.jpg

173.jpg

174.jpg

心配していた雨も降らず、時折晴れ間も覗き絶好の海水浴日和になりました。ただ、帰る頃にゲリラ豪雨並みの土砂降りに遭いましたが、既に撤収済みでしたので難は逃れました。

これで夏キャンプが終了です。この間、晴れたのは2割程度で散々な天気でしたが、それなりに有意義な1週間を過ごすことが出来たと思います。
キャンプは不便が多いです。この不便さを克服することで、自然の中で生きる知恵が培われます。長期キャンプを通じて、力強く、たくましくなって行くチビを見ていると、それだけで十分で結果は二の次なのです。

さて、チビの夏休みの残すところあと2週間。私も溜まった仕事を早々こなし、出来るだけ多くの時間を彼に奉げたいと思います。ただ問題はこの暑さ。奥飛騨に戻りたい今日この頃です。

■ 全ルート ■

image.jpg
posted by tarumit at 00:00| キャンプ

2017年08月16日

夏キャンプ7日目

今日も曇り空です。気温は20℃とちょうどいいです。

161.jpg

早速天気予報を確認すると、今日は曇り時々雨、明日は曇り時々晴れとのこと。チビの願いが通じたみたいです。と言うことでもう1泊することに。海水浴は若狭高浜と決めているので、今からルートを考えなければいけません。福井は過去に何度も行っているのでスルーして、まだ行ったことの無い奥琵琶湖を目指すことにします。途中に福井名物「羽二重餅」のお店があったので、工場見学と試食で暇潰し。

162.jpg

第一目的地の「余呉湖」にはお昼頃到着。

163.jpg

あいにくの雨で早々に退散、次は琵琶湖を目指します。「海水浴では無く、淡水浴でもいいのでは?」と思いマキノのサニービーチへ向かいます。

164.jpg

波も無く穏やかでいいのですが、やっぱり雰囲気が...と言うことでここはパスします。チビが道の駅のスタンプ集めにはまっているため、近くの道の駅を手当たり次第立ち寄って、最後に到着したのが福井県にある「若狭熊川宿」です。

166.jpg

今日は移動が長かったので、少し早い時刻ですがここで終了とします。ここには白山周辺で厄介だった羽蟻もアブも居らず快適に過ごせました。ただ、山とは違いちょっと暑かったですね。下界に降りた感じです。

時間があったので、すぐ近くにある「熊川宿」を散策。

165.jpg

16時頃でしたが、お店も閉まっていて誰も歩いていませんでした。

さて、夏キャンプも残すところあと1日。明日はチビが一番楽しみで、夫婦にとっては一番苦手な海水浴です。チビのためにあと1日、何とか頑張ってみます。
posted by tarumit at 00:00| キャンプ

2017年08月15日

夏キャンプ6日目

今日の朝は小雨。気温も昨日と同じく14.5℃と肌寒いです。

151.jpg

今日で他家族の殆どが帰宅するため別行動になります。我が家も夫婦2人なら帰宅するところですが、遊び盛りのチビがそれを許すわけがありません。ただ、今後の予定を何も決めていないため、皆が平湯を離れてから我が家だけ残って家族会議。とりあえず行き先を白山方面とだけ決め、泊まる場所は進み具合で決定することにします。まずは高山を目指し、白川郷を経由してかつては「日本一高い有料道路」(旧3150円→現1600円)と言われた白山白川郷ホワイトロード(旧白山スーパー林道)に入ります。

沿道にある落差86mの「ふくべの大滝」で記念撮影。

152.jpg

続いて「姥ヶ滝」。ここは道路から徒歩で20分ほど下った所にあります。すぐ近くに温泉が湧き、無料の露天風呂「親谷の湯」と言うのがあるのですが、滝を見に来る人も多いため入るのに勇気がいります。我々も一応入りに来たのですが、年甲斐にも無く羞恥心が勝り入れませんでした。

153.jpg

なので足湯で我慢です。

154.jpg

景色、雰囲気ともに抜群でしたが、アブが多くて厄介でした。ここで30分ほど時間を潰し、かなりきつい坂を登って駐車場まで戻ります。「行きは良い良い、帰りは怖い」まさにその通りでした。

ホワイトロードを抜けて到着したのは、20代の頃、スノボで訪れたことのある「白山一里野高原」。ここに日帰り温泉施設「天領」と言うのがあったのでひとっ風呂。

155.jpg

料金は大人650円、子供400円、ホワイトロード利用者は100円引きになります。お風呂はきれいで広くて温度もちょうど良かったのですが、ここも露天風呂ではアブがうっとうしかったです。

入浴後、時刻は18時。これ以上は進むことが出来ないので、今日の寝場所を近くにある道の駅「瀬女」に決定。

156.jpg

標高は低いですが、山間にあるため夜は結構涼しかったです。ただ、夜間の羽蟻、朝のアブには参りました。

結局、今日も雨が降ったり止んだりの天気。チビもそろそろ山に飽きて海に行きたがっていますが、やはりこれも天気次第。明日の朝の予報を見て、雨が続きそうなら明日に帰宅予定です。
posted by tarumit at 00:00| キャンプ