2019年05月14日

ジャパンカップ関西予選

シマノJC関西B予選に参戦。競技は23p以上のグレ5枚までの総重量を競います。参加者は128名で、選手を7船に分け、各船上位1位の計7名がセミファイナルに進めます。私は抽選で浜勝渡船で須江方面へ。競技説明の後、5時に出船です。

DSC00054.JPG

降順3番目の私は「セシマ」と言う磯に4人で上礁。

DSC00055.JPG

この中にJCファイナリストの生駒さんも居ます。ここで負ければ先が無いので気合を入れます。

DSC00057.JPG

釣座選択権1番の生駒さんが西向きに、2番の人が南西角、3番の私は南東角、4番の人が北向きに入り第一ラウンドスタートです。

DSC00056.JPG

釣座前の少し沖には小磯があります。狙うはこの小磯との間の水道になりますが、小磯を超えて打ち寄せる波とサラシが結構厄介で、仕掛けが一気に際まで流されてしまいます。サラシのタイミングを見て仕掛けを投入、全遊動でまずは2ヒロから探って行きます。すると幸先良く1投目から27pの口太がヒット。その30分後に同型の尾長が釣れ一歩リードです。しかし、マキエが効き出すとエサ取りが増え、サシエが通らなくなります。更に前方からのサラシがきつくなり、思い通りに仕掛けが流せません。ここでハリスにBのガン玉を打ち、早めに仕掛けを入れて、際を脈釣りの様に狙います。すると、34pの口太がヒット。ここで一気に差を付けたいところですが、その後はさっぱりで前半終了です。後半は2人が釣座交代しますが私はそのままで続行です。サラシは若干落ち着き、釣り易くなりますが、潮が動かなくなりエサ取り地獄に陥ります。グレも居ますが型は小さく、キーパサイズが出ません。あれやこれやと試しながら何とか24pの尾長を追加して第一ラウンドを終了です。釣果は私4枚、他は2枚、1枚、0とリードです。次に沖磯を目指します。

移動中は他の選手と情報交換。この時点で5枚釣果は居らず、現段階ではトップかも?と期待値が上がります。次に上礁した磯は「平床」。ここも4人で上がります。またまたメンバーの中にJCファイナリストの谷水君と根来さんが居ます。しかも今回は釣座選択権4番のため、厳しい戦いになります。

1番、2番の谷水君と根来さんは本命の南東側に入ります。

DSC00060.JPG

「セシマ」で同磯だった上田君が南西側に入ります。

DSC00061.JPG

4番目の私は「空いている所は何処でもいいよ」とのことで北側にぽつりと一人で入ります。

DSC00059.JPG

第2ラウンドスタートです。これと言ったポイントも無く、とりあえず際や沖を深い所まで探って行きます。30分経過してアタリはおろか、サシエも取られません。そこで遥か沖にあるシモリを狙い遠投を試みます。すると間も無くして大物がヒットしますが、際まで寄せてラインブレイク。アタリはこれっきりで前半終了です。前半終了時で私以外3人共1枚ずつの釣果です。

後半は本命の南東角に入ります。サラシがきつく、水深もあるためハリスにガン玉を打って深い所まで探って行きます。しかし、どこをどう狙っても一度もサシエが取られません。少し沖も狙ってみますが、サシエは付いたままです。あっと言う間の1時間15分、何も出来ずに終了です。「平床」では上田君が奮闘し3枚、他2人は1枚ずつ、私は0で撃沈です。

結局リミットの5枚は揃えられず4枚1760g。同船トップが2900gほどでしたので大差を付けられて敗退です。
ここ数年、なかなか勝てません。磯釣りに行く機会も減り、段々と腕が鈍って来ている感じです。トーナメントに対する意欲も昔ほどありませんが、ダメ元でもう1回チャレンジしてみたいと思います。

DSC00067.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜34p 7尾 (規定内 24〜34p 4尾)
■タックル■
竿:1.2号5m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:グレ4、5号
ウキ:M-00 ガン玉:無し、G7、G6+B タナ:2〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ4.5s+集魚剤1/5袋+パン粉3s+ヌカ3s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 08:22| 釣り

串本で暇潰し釣行

11、12日はシマノジャパンカップの関西予選。私は両日エントリーするも、11日は落選。逆に、一緒に参加したせきやんさんは12日が落選。2人で泊まりで串本へ行ったのですが、大会の無い初日は暇な私。と言うことで、大会に参加するせきやんさんを見届け、暇潰しに近くの波止へエサを撒きに行って来ました。まず向かった場所は紀伊大島の田代港。過去に2度行ったことのある場所で、小型ながらそこそこ遊べた所です。しかし、目当ての波止は既に釣人でいっぱい。仕方無く、港内の奥にある小さな波止で竿を出すことに。

DSC00011.JPG

7時に開始。マキエを撒くと間も無くして海面が賑やかになります。

DSC00012.JPG

木っ葉の大群です。型は最大で15pほど。その下にも沖にも型のいいのは居ません。遠投、深ダナ、色々やりますが釣れるのはこのサイズばかりです。

DSC00015.JPG

早々に諦めモードが漂いますが、一つだけ気になるものを発見。グレを狙おうと群れの淵を漂う1匹のアオリです。さすがにグレの動きは速いので、なかなか捕獲出来ずに居ます。そこで、これを狙うべくエサの確保を開始。たまたま際近くを回遊するイワシの様な小魚を狙いますが、なかなか釣れません。1時間ほどかけて何とかタカベの子供を2尾確保します。

DSC00016.JPG

まずは掛け針無しで様子を伺うとすぐに反応。頭をかじられた所で回収します。すぐに仕掛けを作り直し掛け針を装着して再度チャレンジ。するとこれまたすぐに反応があります。一発勝負なので慎重にじっくり待って大アワセ。

DSC00022.JPG

アオリゲット成功です。ここでこの場所は終了。若干、睡魔にも襲われそうになり睡眠タイムに入ろうかと思ったのですが、天気が良すぎて寝付けず、結局次の釣り場を探すことに。近くの波止を2、3見て回りましたが、状況は田代港とあまり変わらないため再び潮岬方面に戻ります。そこで辿り着いたのが萩尾港です。

01.JPG

沖へ伸びる波止は雰囲気が良さそうです。車を波止の付け根に置いて、先端へ向かって行きますが手前は根が多く、全体的にかなり浅いです。

02.JPG

結局、先端のやや手前まで歩いて、足場の良さそうな場所を見つけ10時過ぎに第2ラウンド開始です。

03.JPG

水面までは約6mと高いため、海の状況が良く分かります。水深はやはり浅く大体2〜3ヒロほど。シモリも点在して魚は居そうですが、大物は期待薄です。まず最初に竿を曲げたのは小長ちゃんです。

04.JPG

その後も20pまでの尾長、口太が入れ喰いです。木っ葉を際に集め、遠投で狙うと少しサイズが良くなり、尾長も27pが釣れます。

05.JPG

30p近い口太も釣れて結構遊べます。また浅場にもかかわらず、得体の知れない大物が要る様で、何度もハリスをぶち切られます。最後はこいつを釣り上げて11時半に納竿とします。

06.JPG

その後はせきやんさんを迎えに出雲港へ移動。間も無くして選手達が帰港です。

08.JPG

私は延べ3時間半ほどの釣りでしたが、そこそこいい暇潰しになりました。ただ、睡眠不足と疲労で体がぐったりです。

07.JPG

■ 釣果 ■
(田代港)アオリ 23p 1杯
(萩尾港)グレ 20〜29p 6尾、サンノジ 33p 1尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m、1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号、1.5号
針:グレ3号、4号 ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:1〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2s+ヌカ2s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 00:36| 釣り

2019年05月10日

淡路・仮屋

昨日は、TFCの3104k君からのお誘いで仮屋にグレ狙いに行って来ました。平日、曇天と言うことで釣人は殆ど居らず、取りあえず波止中央付近に2人並んで8時前にスタートです。

DSC00009.JPG

潮は左にゆっくり歩く程度に流れています。私がまだ準備中に早速3104k君が本命ヒット。私も急いで仕掛けをセット、沖20m付近を流して1投目で29pがヒットします。

DSC00011.JPG

幸先良いスタートで爆釣モードかと思われたのですが、その後は潮が走り全く反応が無くなります。チョイ遠投ではオセンをかわせず、ど遠投ではサシエが残ります。潮の流れが速すぎて、マキエとの同調も上手く行きません。しびれを切らした3104k君は波止先端へ移動、私も暫く粘りますが、9時半頃にギブアップ、以前に実績のある波止の曲がり角付近へ移動します。この場所も決して潮が緩いわけではありませんが、当て潮の後はテトラの際付近から左へ流れます。そのため、沖にマキエを打ってもオセンが勝手に際まで戻ってくれます。タイミング良く沖でグレが出てくれれば入れ喰いとなります。去年、このパターンでいい思いをさせてもらったので、同じ様に攻めてみると間も無くして良型がヒットします。グレは浮いてませんが、浅いタナまでに急浮上してくるグレが喰って来ている様です。ただ、喰い込みが悪く、ウキには全くと言っていいほど反応が出ないため、マーカーの動きでアワセを入れます。当て潮でラインの緩みもあるため、なかなか上手くアワセきれずに連発とまでは行きませんが、何とかお昼までに2ケタ釣果達成です。

お昼を迎え、休憩ついでに先端の3104k君の状況をチェック。グレはたまに見えるがオキアミには全く反応しないとのことで未だ釣果無し。そこで、今朝私が採って来たアオサを試すことに。すると、ここから爆釣モードに突入します。私も元に釣座に戻って再開しますが、潮の流れが変わり、全く釣れなくなります。14時頃まで粘りますが全く反応が無いため、ここからあちこちと釣り座移動。しかし、何処も潮が動かず全く気配がありません。最後は3104k君の居る先端横に入りますが、グレは浮いているものの、やはりオキアミには全く見向きもしません。ラストは私もアオサに変えとすぐに2枚連続ヒット。ここでエサ切れとなり17時頃に終了です。

結局、アオサに替えた3104k君は20枚以上を追加、私は前半オキアミで12枚、午後からはオキアミで0、アオサで2枚追加しただけでした。ようやくグレの活性も上がり、シーズン到来の感はありますが、まだまだアオサの方が喰いが良い様です。また近いうちにアオサで再挑戦したいと思います。

DSC00014.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜32p 1尾 (30pUP 3尾)
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00、L-00 ガン玉:G7、無し タナ:1m〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤1/5袋+パン粉5s+ヌカ5s
サシエ:オキアミ、アオサ
posted by tarumit at 10:31| 釣り