2019年10月02日

釣り<会話

仕事で神戸を離れていたTFCのまさが、約1年半振りに戻って来ました。早速、3104k君も誘って、月曜日に垂水大波止へ釣行。現地到着は午前4時半。いつもの如く、夜が明けるまではエギングでアオリ狙いです。早速ヒットしたのは今期初のケンサキ。

DSCF1996.JPG

小振りですがキープです。その後、暫くして本命がヒット。

DSCF1997.JPG

潮も緩く、期待が高まる朝マズメですが、メインは青物ですのでエギングはここで終了。寝坊で遅れたまさも合流してまずはエサを確保します。この日も簡単に小アジは掬え、30分ほどで50匹ほどを確保。6時15分より飲ませ開始です。

DSCF1999.JPG

暗いうちは緩かった潮も夜が明けると西へ走り出します。特に沖は流れが速いため、若干緩い波止際近くを深めのタナで狙うと1投目からヒット。

DSCF2002.JPG

本命ではありませんが幸先良いスタートです。その後は潮が更に速くなりお手上げ状態。潮が緩むまで、まさの赴任先での生活ぶり等、彼の話に耳を傾けながら適当に釣りを続けて行きます。9時を過ぎた頃からようやく潮が落ち着き始めた頃、まさが待望のヒット。

DSCF2005.JPG

DSCF2006.JPG

45pのツバスです。写真を撮り終え、私も釣りを再開しようとした途端、今度は3104k君もヒットです。

DSCF2008.JPG

同サイズを取り込みます。写真を撮っている場合じゃないと私もすぐに竿を出しますが、次に竿を曲げたのは再びまさです。アタリの無い私にとって、うらやましい光景ではありますが、心の中で「まさは2本も要らんやろうから、これが獲れたら貰おう」とスケベ心も抱きながら、そのやり取りを見守ります。「刺身、寿司、あら煮」と勝手にレシピを浮かべ、今にもヨダレが垂れそうになった瞬間、竿のテンションが無くなります。痛恨の針ハズレです。やはり他力本願はダメ!!と自分に言い聞かせ、そこから必死になって青物を狙いますが、結局アタリは皆無で、暑さにも耐え切れず11時前に終了です。

結局、3人でアタリは3回しかありませんでしたが、3104k君はアジをエサに良型のアオリも釣り上げ、それなりに全員おかずは確保出来ました。

その後、釣りを終え、偶然出会ったN氏、常連のおじさんと会話。その後、当日一文字に渡っていたウミノリダー君とも港で合流して1時間ほど談笑。結局、早々に釣りは終了したにもかかわらず、漁港を出たのは13時半頃になってしまいました。

口が良く動く日はやっぱり釣れないですね。

■ 釣果 ■
(飲ませ)ハネ 60p 1尾、
(エギング)アオリ 13p 1杯、ケンサキ 12p 1杯
■ タックル ■
(飲ませ)竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号 ウキ:1.5号
タナ:3〜5.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 00:07| 釣り

2019年09月26日

久々の飲ませ釣り

昨日は3104k君からのお誘いで、垂水大波止へ青物狙いに行って来ました。現地到着は午前4時半。夜が明けるまでは暫くエギングで暇潰し。

DSCF1984.JPG

何とか1杯釣って、辺りが若干明るくなって来たと同時にエサとなるアジ掬いを開始。アジの活性は未だ高く、15分ほどで30匹を確保。ただ、豆アジクラスは皆無でエサとしては少し大きめです。

すぐに準備を済ませ、6時過ぎより飲ませ開始です。

DSCF1985.JPG

まずはタナ3ヒロで沖20m位の所へ投入。潮は殆ど止まっており釣り易い状況です。すると1投目から何やらウキに微妙な反応が出ます。アジが逃げ回っている感じです。と、その直後、ウキが一気に視界から消えて行きます。突然の出来事で若干慌てながらもフッキング成功。何と1投目から青物がヒットです。しかし、タモ入れの際に痛恨の針ハズレ。その直後にもアタリがありますが、アワセが早過ぎてフッキングならず。3104k君も同様にアタリはありますがヒットまでは至りません。やはり、エサの小アジが大き過ぎて喰い込まない様です。

暫く沈黙が続きますが、沖ではたまに青物のボイルが出ており、期待度は高まります。そんな中、8時頃に3104k君に待望の青物がヒット。

DSCF1987.JPG

私も負けじと粘りますが、東へ走る潮に手を焼き、結果に繋がりません。ここで青物狙いを諦め、掛け針を装着、際を流してアオリを狙います。しかし、時期的にまだ早いのかアタリは皆無です。

その後、潮が更に速くなりテトラ角でヨレが出来始めたのでテトラ側に釣座移動します。ここでもアオリの反応無く、睡魔も襲い始め意識がどんどん遠のいて行きます。浮いているウキをぼーっと眺めていると催眠術に掛かった様になります。しかし、そのウキが一瞬にして見えなくなります。「ヨレに吸い込まれたか、根掛かりか、それとも夢?」と半信半疑でラインを張ってみると何やら反応があります。ここで一気に目が覚め、渾身の力を込めてアワセを入れます。アオリか?と思いきや、ヒットしたのは予想外の青物。テトラなので多少もたつきましたが、何とかランディング成功です。

その後は潮が緩み今度は大波止先端近くに移動します。ここでも早々にアタリがありますが、またもフッキングには至りません。結局11時過ぎまで粘りましたが、アタリは2人で7回、獲れたのがお互い1本ずつで終了です。

この日は至る所でイワシの回遊が見られ、それを追い掛けてハマチの群れが入った様です。試しにサビキでイワシを狙ってみましたが、逃げている状態なのでエサには見向きもしませんでした。どこか港内で潜んでいるイワシを見つけて捕獲出来れば、この時期なのでほぼ確実に青物がゲット出来ると思います。

DSCF1988.JPG

■ 釣果 ■
(飲ませ)ハマチ 44p 1尾、(エギング)アオリ 13p 1杯
■ タックル ■
(飲ませ)竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号 ウキ:1.5号
タナ:3〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 11:30| 釣り

2019年09月10日

チーム鬼掛 兵庫大会

8日(日)はTFCのせきやんさんと共に、チーム鬼掛のグレ釣り大会に参加して来ました。場所は兵庫の浜坂、私にとっては約2ヶ月振りのフカセ釣りです。
出船は午前4時半、約20分ほど走って他2名の選手と三尾近くの磯に上礁です。

02.jpg

03.jpg

釣り座選びのじゃんけんで私が勝ち、まずは船着きから一番遠い@からスタートします。まだ辺りは暗いため、明るくなるまでエギングで暇潰し。良く釣れる時期なだけに、10杯を目標にキャストを繰り返します。しかし、なぜか全く当たらずとうとう競技開始時刻の5時半に。「大会で勝つ」ことよりも「イカをたくさん釣る」ことに重きを置いて参加したこの大会、そう簡単に諦めるわけには行きません。しかし、いくら粘ってもイカは乗らず、何とか1杯だけキープしてここでギブアップ。1時間遅れでフカセをスタートします。

04.JPG

既に開始している2人の選手は現段階で共に釣果無し。状況は良く無い様です。

開始10分、ファーストヒットは小長ちゃんです。規定寸法が23pなので即リリースです。

05.JPG

その後もグレは釣れますが10〜20pの小型ばかり。遠投、際、浅ダナ、深ダナと色々試しますが、23pの壁が超えられません。潮が動かずあまりにも変化の無い海の状況に限界を感じ、サラシの出ている東側に移動します。潮に動きがあるため魚は活発ですが、やはり小型しか居ません。釣り座交代の時間が近付いて来たため、魚はキープ出来ずに再び元の釣座へ戻ります。暑さのお陰で汗ダクです。結局@では23pあるかないの微妙なサイズを2枚キープして終了です。

次はAへ移動です。またまた汗ダク、喉カラカラで釣りどころではありません。スズメバチも飛び回りバッカンを足元に置くことが出来ません。ならばとここで休憩がてらにエギング再開です。すると、1投目から良型がヒットです。

06.JPG

その後もキャストの度にヒットが続き、何と何と連続21回ヒットです。これだけ釣れればお土産には十分です。お陰でまたまた1時間ほど出遅れてフカセスタートです。
ここは@より状況悪く、見える範囲に魚は皆無です。際を底まで探ってもサシエが残ります。特に西〜北西向きは潮が動かず生命反応ゼロです。北向きは多少動いている様なので、今の釣座(高場)から北寄りの低場に移動します。オセンは皆無なので竿2〜3本先をタナ2ヒロから探って行きます。仕掛けが4〜5ヒロほど入るとアタリが出る様になり色んな魚が釣れる様になります。ここではまたも微妙なサイズを2枚追加して終了です。

次はラストのBです。現時点では1人が2枚キープ、もう1人が釣果無し。私も4枚はキープしていますが、確実に23pを超えているは1枚のみです。アオリは十分に確保しているので、最終ラウンドはエギングを封印です。

やはりここが本命の様で多少なりともオセンが居ます。ただ、動きが鈍く、竿3本以上は沖に出ません。ならばと、いつものパターンでオセンを沖に誘導し、その群れの先端で浮く(と思われる)グレを狙うべく、浅ダナで狙って行きます。しかし、どうやってもグレは浮かず、サシエは残りっぱなし。同じパターンでタナだけ徐々に深くしていきますがやはり反応無しです。浮かないとなれば、次はオセンの層の下を狙う方法を取ってみます。オセンも動きがすこぶる鈍く、マキエが切れるとすぐに消えてしまうため、数秒置きに広範囲に撒き続けて足止めさせます。すると仕掛けが5ヒロほど入った時にようやくアタリ。釣れたのは10pほどのグレです。このサイズが深場で待機しているとは驚きです。その後も粘って続けますが釣れても23p以下ばかりです。狙う場所を更に沖に変えるとオセンも行かず、アタリも全くありません。時間も残すところ1時間、解決策も見出せず、兎に角まぐれを待つしか無い状況に暑さも相まって集中力が無くなって行きます。

そんな中、奇跡が起きます。仕掛けが何ヒロ入ったか分からい位待っていると、ウキが一気に消し込み竿がひったくられます。その重量感、引きの強さからしてマダイか石鯛かと思われたのですが、水面に姿を現したのは立派な尾長です。サイズは30pほどですが、さすがは尾長、良く引きます。そして、その10分後に今度は26pの口太がヒットです。ようやく時合いかと期待しましたが、その後グレは釣れるもののサイズアップは図れず、13時無念の納竿となります。

さて、港に戻り検量です。私は一応7枚を検量に出しましたが、内4枚はやはり23pに足らず3枚950gと結果はさっぱり。しかし、この日はどの磯でも苦戦が続いた様で23p以上の釣果は殆ど無く、何と2位に入り、バッカンを頂きました。

07.JPG

猛暑、無風、ベタ凪、潮動かず、エサ取り不在、サメ徘徊、スズメバチ来襲とこんな状況でも良く耐えたと思います。やはり夏磯はもうこりごりですね。

09.JPG

08.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜31p 10尾、サンバソウ 23p 1尾、フエフキダイ 21〜24p 2尾
チャリコ 16〜23p 5尾、ウマヅラ 23p 1尾
アオリイカ 8〜15p 24杯(エギング)
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3、4号
ウキ:M-00 ガン玉:G7 タナ:4〜6ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+パン粉4s+ヌカ5s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 12:12| 釣り