2022年11月24日

垂水西で大サバ狙い

先日、淡路で釣ったサバのシメサバの味が忘れられなくて、試しに垂水西で狙ってみました。今年、夏に1回、秋に1回試して釣果無し、今も釣れていると言う情報も無かったのですが、時期的に釣れてもおかしく無く、とりあえずダメ元で竿を出してみました。

夜サバの狙い方は人それぞれでどれが正解かは分かりませんが、私の場合はマキエを撒いて1本針で狙うフカセスタイル。なのでサシエは魚の切り身では無くオキアミです。まずは第1投。すると開始30秒でアタリがありますが釣れたのはフグ。その後もフグのオンパレードでサシエは秒殺、針も取られてばかりです。オキアミを使うとサバの食い込みが良く、針掛かりはいいのですが、エサ取りに弱いのが難点。まさかこんなにフグが湧いているとも知らずに暗雲が立ち込めます。しかし時合いは突如訪れます。フグを10匹以上釣った頃でしょうか、今までとは違うウキが横に走るアタリを捉え41pをゲット。

DSC_0026.JPG

続けて46pの良型、25〜28pが3連発とまさに入れ喰い状態です。その後、垂水では珍しいムツが釣れキープ。

DSC_0033.JPG

その後、中アジ、再びサバが2連発と1時間ほどの間で竿は曲がりっぱなしです。バケツの中も魚で溢れかえって来たので、ここで下処理のため小休止。しかし、この中断が悪かったのか、サバの群れは消え、その後は再びフグ地獄。フグのお陰で持って来たオキアミ1パックも無くなり、22時に続行不能で終了です。

1本獲れればと期待薄での釣行でしたが、キープサイズが3本におまけまで釣れて大満足の釣行でした。たまたま釣れたのか、シーズンなのかは分かりませんが、もう一度近いうちに調査を兼ねて狙ってみたいと思います。

DSC_0037.JPG

■ 釣果 ■
サバ 25〜28p4尾(リリース)、36〜46p 3尾
アジ 25p 1尾、ムツ 24p 1尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号
ウキ:円錐ウキ5B ガン玉:3B タナ:1〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:アミエビ0.5s+パン粉少々+集魚剤少々
サシエ:オキアミL
posted by tarumit at 01:48| 釣り

2022年11月18日

アオリ自己記録更新!

昨日はなかなか仕事が片付かず、ようやく終わったのが午前3時。その後、目が冴えてなかなか寝付けず、ならばと急遽釣行を決意。と言うことで前回に引き続き、単独で垂水西へノマセ釣りに行って来ました。

エサの小アジは西波止で確保して、今回も真っ暗な午前5時より開始。

DSCF5839.JPG

現地では今回もTFCのヤートさんと遭遇。ヤートさんが向かう5番はまだゲートが開かずに中に入れないため、暫く私の釣りを見学。すると1投目からアオリのアタリ。見られていると緊張するわけではありませんが、合わせ損ないでノーヒット。その後、再び同じ場所でアタリますが、今度は待ちすぎて上手く乗らずに素針。結局、暗いうちはアタリは2回のみで朝を迎えます。

6時過ぎ、再びアオリのアタリがあり、今度は一発でフッキング成功。

DSCF5840.JPG

その5分後、再び同じ場所で連チャンです。

DSCF5842.JPG

私の垂水での自己記録を上回る27pの良型。これで、先ほどのミスを挽回です。

その後、アタリが遠のいたため、狙いを一文字との水道へ変更。潮は東へ流れていますが、それほど速くはありません。西南側に遠投して仕掛けを潮に任せて流しているといきなり青物がヒット。しかし、やり取りの際に際を走られ、ケーソンの角にラインが擦れて痛恨のバラシ。これを最後にアタリはピタリと無くなります。

諦めの悪い私は、バラシた青物が悔しくて、なかなか終わることが出来ません(いつものことですが...)。何でもいいからあと1尾釣ったら帰ると心に決めて粘りますが、思い通りには行きません。気が付けば午前11時。もう限界かと思い、置き竿にしながら片付けに入ります。

10分ほど放置していた時、ふと竿に目をやると、何となく穂先が変な動きをしています。海を見てもウキの姿はありません。半信半疑でアワセを入れると何やら魚がヒット。青物の様に走ることはありませんが、重量感だけはあります。で、上がって来たのは久々のハネです。

DSCF5849.JPG

その後、暫く続けましたが、全く反応が無くなりお昼前に納竿です。

青物、アオリ共に終盤を迎えましたが、小アジが確保出来る限りは狙ってみたいと思います。

DSCF5851.JPG

DSCF5847.JPG

■ 釣果 ■
ハネ 62p 1尾、アオリイカ 21〜27p 2杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:真鯛9号+掛け針
ウキ:円錐2号 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 20:09| 釣り

2022年11月16日

淡路・炬口で夜釣り

15日、再び投光器の実力を試すべく、3104k君と淡路へ行って来ました。前回同様、暗いうちはアジ狙い、夜が明けてからはアオリ、青物を狙います。ただ、淡路も最近は小アジが釣れなくなり、ノマセのエサの確保が難しい状況です。朝一の時合いまでには何としてでも小アジを確保したいので、今回は先にエサの調達に走ります。

まず向かったのは岩屋漁港。常夜灯もあり、アジの実績場ですが30分ほど粘って釣果ゼロ。次は佐野漁港。ここも同じく常夜灯があり期待したのですが、何も釣れずにギブアップ。これ以上大本命の大アジ狙いの時間を割くわけには行かないので、ここで小アジ狙いを諦めて、この日の目的地である炬口へ向かいます。

幸いにも角の1級ポイントが空いていたのでそこに釣座を構え1時半頃にスタートです。

DSCF5827.JPG

投光器をセットして、まずはサビキで際狙い。と同時に電気ウキのカゴ天秤2本針仕掛けで沖も狙ってみます。やはり、投光器の効果は無く、サビキでのアタリは皆無。沖狙いの方はアタリは頻繫にあるのですが、釣れて来るのはフグばかり。なかなか釣果に恵まれず時間だけが過ぎて行きます。

3時になり、カゴ天秤仕掛けから普通の1本針のウキ釣りに変更します。カゴが無いためマキエを杓で撒いて魚を集めます。すると3時半になりようやくまともな魚がヒット。

DSCF5834.JPG

ここから単発で中サバが釣れますが、肝心の大アジは喰い付いてくれません。その後、再びフグ地獄に陥りとうとう朝を迎えます。

DSCF5835.JPG

ここで投光器はお役御免で電源OFF。急いで小アジを狙うべく再びサビキ再開。奇跡的に2人で計5匹の小アジを確保、すぐさま青物狙いに切り替えます。

開始10分、沖20m付近を流しているとウキがきれいに入って行きます。ラインもどんどん出て、そろそろアワセを入れようと思った瞬間、ラインの動きが止まります。その後、暫く待ちますが全くラインも出ないため仕掛けを回収。エサのアジは残っていますが、魚に咥えられた痕跡が残っています。小アジが大きすぎて呑み込めなかったのかもしれません。その後もエサを付け替えて狙いますが反応無く、エサ切れで8時に終了です。

今回も投光器の効果を得ることが出来ませんでした。前回でも言いましたが、食物連鎖が起きないと意味がありません。やはり時期的に遅いのでしょう。光に集まって来たのは目視でフグだけでした。イワシや小アジが集まらないと話になりません。投光器の出番はこれで終了です。次は来年の夏頃でしょうかね。

■ 釣果 ■
サバ 25〜35p 3尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:1.7号 針:チヌ2号
ウキ:円錐2号 タナ:3.5〜4ヒロ
■ エサ ■
オキアミ
posted by tarumit at 21:47| 釣り