2019年12月12日

垂水西5番(10回目)

10日(火)は久々に単独で行って来ました。そろそろフカセに専念したいところではありますが、まだ諦めきれない私は少しだけ浮気。サビキでアジを2匹だけ確保してまずはアオリ狙いです。しかし、やはりこの日も反応無く7時半にギブアップ。8時よりフカセでグレを狙います。

DSCF2257.JPG

まずはオセンの群れを際に寄せて竿3本先に仕掛けを投入。すると1投目からグレがヒットします。その後もぽつぽつとグレがヒットして9時半に2ケタ到達。しかし、サイズは1投目に釣れた25p以外、殆どが20〜22pのリリースサイズばかり。少し目先を変えて遠投深ダナを狙いますが今度はチャリコが連発。

DSCF2258.JPG

どうも沖にはグレが出ていない様なので、再び竿3〜4本先を狙っているとようやく待望の1枚がヒット。

DSCF2265.JPG

久々の30pオーバーです。その後も同じポイントを狙って行きますが再びサイズダウン。お昼前から潮が変わると、オセンが沖に漂い始め大遠投でもかわせなくなり木っ葉さえも釣れない状況が続きます。ここで一気にペースダウン。釣り場を休ませたりしながら30分で1枚のペースで拾って行きます。13時半頃から再び潮が変わると沖のオセンが消え、再び連チャンモードに突入しますが、やはり判で押した様に手の平クラスばかり。兎に角エサ切れまで頑張ろうと辛抱しながら続けますが、サイズアップ出来ずに14時半に終了です。

ここで止め様と思ったのですが、フカセの際にたまたま釣れたアジがまだ生きていたので再びアオリ狙い開始です。常連さんの「まだアオリ釣れるでぇ〜、頑張りやぁ〜」との声援もあり、日が暮れるまで粘りましたが願いは届かず16時半に完全フィニッシュです。

グレは好調キープですが、まだ木っ葉が元気でなかなか良型は出ません。数を釣ればそのうちキープサイズも釣れると思うので我慢が必要です。オセンも超元気でマキエのミスショットが続くと後で面倒臭いことになります。基本、完全分離ですが、仕掛けが馴染んだ後にオセンを仕掛け方向に動かす方がグレは良く釣れます。アオリ狙いはもう限界かと思われますが、10日現在でまだ釣果が出ているので可能性はゼロではありません。もう少しだけこの忙しいパターン(サビキ→泳がせ→フカセ→泳がせ)を続けるかもしれません。

DSCF2261.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜32.5p 24尾(30pUP 1尾)、サヨリ 32p 1尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:1m〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:59| 釣り

2019年12月02日

垂水西5番で飲ませ&フカセ

30日(土)はTFCのせきやんさん、まさと垂水西5番へ行って来ました。3人共フカセ釣りがメインですが、朝一のターゲットは三人三様で皆バラバラ。勿論、私はしつこくもまだ青物&アオリを狙うべく、エサとなる小アジの確保に専念します。まさは苦手なエギングをしたり、探りでガシラを狙っていますが、状況はイマイチ。せきやんさんも朝一にフカセで良型グレをばらしてからは例の如く木っ葉地獄に陥っています。一方、私の釣果と言うと...

DSCF2226.JPG

3匹が限界です。まだ粘れば釣れたかもしれませんが、大事な朝マズメ、いつまでもアジを狙っている暇はありません。すぐにアジをセットし6時45分第1投です。

DSCF2227.JPG

すると開始10分、垂水での自己新記録25pがヒット!

DSCF2228.JPG

その後、残った2匹のアジで共にアタリがありますが、どちらもフッキング失敗でエサ切れに。ここでダメ元でサビキをすると奇跡的にアジ2匹をゲット。再び飲ませを再開しますが、もう朝の時合いは終了しており、アオリ、青物共アタリ無く10時にギブアップです。

フカセは10時半に開始。1投目からグレは釣れますがやはりリリースサイズ。風邪気味で体調もさほど良く無く、釣れるグレも小さいためどうも気合が入りません。フカセをやったり、サビキをやったり、休憩したりの繰り返しでなかなか一つのことに集中出来ません。結局、15時頃まで頑張りましたが持ち帰り1尾を除いて全てリリースサイズ。

DSCF2230.JPG

フカセを終了後は、途中サビキでたまたま釣れたアジ2匹とまさがフカセで釣った2匹の計4匹で再び飲ませ開始です。せきやんさんはフカセ継続中で私とまさがラストに賭けますが、最後に竿を曲げたのはまさ。彼も自己新記録の25pのアオリをゲットです。

私とまさは25pのアオリが釣れ、お土産としては申し分無かったのですが、やはりフカセでの調子が上がらず百点満点とは行きませんでした。
垂水のグレシーズンもこれから終盤に入ります。例年なら1月中旬までは釣れますが、やはり年を越すと水温低下の影響で一気に喰いが落ちます。なので、私も早くグレ狙いに専念したいのですが、まだアオリも釣れるし悩みどころです。アジが完全に釣れなくなれば諦めれるのですが...

■ 釣果 ■
(飲ませ)アオリイカ 25p 1杯
(フカセ)グレ 20〜24p 8尾
■ タックル ■
(飲ませ)竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号 ウキ:2号
タナ:3.5〜4ヒロ
(フカセ)竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:2〜3ヒロ
■ エサ(飲ませ)■
小アジ
■ エサ(フカセ)■
マキエ:前回の残りエサ
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 00:54| 釣り

2019年11月25日

福井・音海釣行

24日(日)はTFCメンバー4人と久々に福井・音海にグレ狙いに行って来ました。当日は無風、温暖、波無しと絶好の条件。やる気満々の我々は、まずはせきやんさんが1人で「押廻」に上礁。

DSCF2211.JPG

続いて私と3104k君が「酢壺」、最後にまさと蔵之臣君が「タタミ」に上がります。この時期ですから、私と3104k君は磯に上がるなりすぐにエギング&ショアジギング。しかし、反応ゼロで早々に断念し、7時半頃からフカセ開始です。

DSCF2213.JPG

西側の足場の平な所に私が、東側の先端に3104k君が入ります。「酢壺」は両サイドの崖のせいで、午後まで日陰になるため海面が暗くて良く見えません。なので、ウキを沈めて穂先でアタリを取ります。すると1投目から穂先をひったくるアタリです。

DSCF2214.JPG

幸先良く30.5pをゲット。その後も退屈無くグレは釣れ続きますが、マキエが効き出すと20p前後の小型も掛かる様になります。沖の状態は良く見えないので分かりませんが、どうも浅ダナで小型が喰って来ている様です。小型を避けるべくタナを深くして何とか型を揃えていきます。その後は30p前後が連発して、これはこれで楽しいのですが、そこそこ引くので段々と負傷中の右腕が悲鳴を上げ始めます。こんな魚も釣れ、刺されてもいないのについつい「痛っ!!」と叫んでしまいます。

DSCF2217.JPG

そんな中、沖で青物のボイルが至る所で発生します。腕休めにはちょうどいいので、磯竿を置きエギングロッドでジグをブンブン投げてみます。しかしそう簡単には釣れません。その後もフカセをやりながら、ナブラが近付けばエギングロッドに持ち替え、忙しく時間を過ごして行きます。すると今度は足元でスズキがうろうろしています。当然、今度はこれを狙います。ジグをミノーに替えキャスト。すると1発でヒットしますが、エラ洗いでバラシ。その後、別の魚が再びヒットしますが今度はライン切れ。3度目の正直でまたまたヒットしますが、やり取り中にトラブル発生でバラシ。私はこれで終了しましたが、私の敵を3104k君がとってくれます。

DSCF2219.JPG

これで束の間のゲームフィッシングは終了です。午後からは3104k君と釣座をチェンジします。実を言うと週半ばでひいた風邪が悪化した様で気分も悪くなり、しかも腕が痛いのでここで釣りを終えたいところではあったのですが、迎船までまだまだ時間があるため、とりあえずやれるところまで頑張ってみます。こんな状態ですから集中力も無く適当な釣りをしているのですが、それでもひっきりなしにグレが掛かって来ます。グレ釣りに来ていて、「もうグレはうんざり」とまさかの展開です。後半は20pチョイのグレでも片手では上げれないほど腕が限界に来て、迎船1時間前にとうとうギブアップです。

この日は30p以上のグレを全部持って帰る予定でしたが、腕が痛くてたくさんは捌けないため10尾だけキープ。

DSCF2223.JPG

この日は「酢壺」以外の殆どの磯で小ウマが大発生しており、グレは釣れたものの大釣りは出来なかった様です。それでも、我々5人で30pオーバーを4、50枚は釣れたので、それなりに結果は残せたのではないでしょうか。
最後にこの人。「タタミ」に上がったまさがジグで仕留めた立派なアコウ。こんなことしているからTFCのメンバーはなかなかグレのトーナメントで勝てないのでしょうね。

DSCF2225.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜34p 73尾(30pUP 21尾)、バリコ 27p 1尾、ウマヅラ 20p 1尾
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ5号
ウキ:M-00 ガン玉:G4 タナ:1〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ4s+パン粉3s+ヌカ4s+集魚剤1s
サシエ:オキアミL、LL
posted by tarumit at 21:45| 釣り