2018年07月16日

灼熱の西5番(8回目)

梅雨が明けてから、連日猛暑が続く日本列島。例年、釣りに関してこの時期は気温が上がる日中は避けるため、フカセは基本的にやりません。しかし、自宅の釣り専用冷凍庫にはオキアミが1枚とサシエが3パック、バルコニーのストッカーには大量のヌカとパン粉が残っており、この状態で秋まで置いておくことが出来ず、強行突破で日曜日にグレ狙いに出掛けました。しかも今回はフカセだけで無く、合間に青物狙い、そして旬の大サバも狙うと言う超過酷釣行です。この我慢大会に参加してくれたのはTFCメンバーのノリさん、せきやんさん、ヤートさんの3人。まずはせきやんさん、ヤートさんとグレを狙うべく、いつもの場所で午前6時半よりフカセスタート。

1.JPG

ちょうど満潮で潮も緩やか、水潮も取れて状況は良さそうです。開始早々に角に入ったせきやんさんがグレをゲット。幸先良いスタートに期待が高まりますが、その後は全く気配が感じられません。グレの姿が見えない上に、オセン、豆アジ、小サバが猛威を振るい、サシエが全く残りません。その後、私にも奇跡的にグレがヒットしますが後が続かない上に暑さで頭がクラクラし始めます。そんな状況ですから、集中力も無くなり15分おきに休憩が入ります。こんな暑さにもかかわらず、さすが連休と言うこともあって気が付けば周りは釣り人でいっぱいです。

2.JPG

3.JPG

そうこうしているうちにノリさんが到着。ノリさんはフカセをせずに飲ませとその後大サバを狙うとのことで、まずは飲ませ用のエサの確保のためサビキを開始します。私もフカセの合間にサビキをしておかず用の豆アジを狙います。そんな中、「グレが浮いて来た」との一言で再びフカセに専念します。ウキ下を矢引に変え、一瞬しか浮かないグレを掛け合わせで狙います。しかし、もはや暑さで朦朧としている私には、僅かに動くマーカーのアタリを捉えることが困難で素針連発、後半はオキアミに見向きもしないグレにとうとう白旗を上げて15時前にギブアップ。何とか3枚を追加するのが精一杯でフカセ釣りは終了です。

4.JPG

その後、チビから「アジが釣りたいからそっちに行く」とのLINEが入り、急いでフカセの片付けと再びサビキの準備を始めます。17時頃にチビと嫁さんが来て第2ラウンド開始です。

5.jpg

ご覧の通り鈴なりです。あっと言う間に3ケタ達成です。その後、チビは嫁さんに任せて私は夕マズメの青物狙いの準備に掛かります。日没後の大サバ狙いの前の1時間勝負です。しかし、日が暮れる直前から潮が変わり、大量のゴミが流れ始めます。仕掛けを入れる場所も無い位にゴミが漂い、早々に断念して第3ラウンド終了です。日没後はせきやんさん、ヤートさん、チビと嫁さんも帰ったため、ノリさんと2人で大サバを狙います。

7.JPG

ゴミは若干減ったものの、南風が強まり今度は先程までの暑さが嘘の様に寒さとの戦いです。さすがに短パン、Tシャツではこの向かい風はきついです。暫く我慢して続けますが、ノリさんが流木に仕掛けが絡み、道糸が切れてギブアップ。また、全く関係が無いのですが、私の目の前を航行していた遊漁船が一文字になぜか激突して船首が大きく破損。その光景を目の当たりにしてあまりにも衝撃過ぎて、その後放心状態に。寒さも相まって私も続行不能で20時半に納竿とします。

結局、朝から夜まで延べ14時間頑張りましたが、釣果の割には体はボロボロです。熱中症寸前で火傷になりそうなほどの日焼け、夜は寒さで頭痛が収まらず、帰宅後は午前3時まで仕事と無茶苦茶な1日でした。仲間とわいわいやりながら楽しく釣りが出来たお陰で、こんな過酷な状況でも過ごせたのでしょうね。でも、こんな無理はもうしません。フカセは秋までお休みです。

■ 釣果 ■
グレ 21〜30p 4尾 (30pUP 1尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:S-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 00:41| 釣り

2018年07月03日

M1カップグレ若狭予選

日曜日は、TFCのウミノリダー君と共に、マルキューM1カップグレ予選に参戦して来ました。場所は若狭大島、自身4年振りの釣り場です。参加者は79名、23p以上のグレ9枚までの総重量で順位を決定、上位2名のみ決勝に進むことが出来ます。

1.JPG

私が引いた番号は50番、ウミノリダー君が44番、共に大福丸で若狭大島の名礁「モトドリ」を目指します。「モトドリ」は1〜7番まで上がる磯があり、中でも「1番」、「2番」は若狭大島は勿論、若狭湾の中でも1、2を競う名礁中の名礁です。特に「1番」は数だけで無く型も揃い、大会ではいつも上位に入る別格的存在です。他の磯も釣れることは釣れますが、潮次第と言ったところでしょうか。いずれにせよ、釣り場がこのエリアになれば、よっぽどのことが無い限り、「1番」もしくは「2番」に上がれなければ、ほぼ勝ち目はありません。

2.JPG

モトドリ「1番」には41、42番の選手、「2番」には43番の選手とウミノリダー君が上礁です。船はモトドリ島を時計回りで選手を降ろして行きます。そして私は以前マルキューのファイナルで日振で一緒に釣りをしたO氏と共に「5番」に上礁です。過去に2度上がったことがある磯ですが、いずれも当て潮で大苦戦したことを覚えています。と言うのも、モトドリの東側は大飯原発の排水をまともに受けるため、潮流の向きによって時に激流になるのです。特に「5番」は少し出っ張っているため、流れを一番良く受けてしまいます。ただ、1日中では無いため、緩んだ瞬間を逃さずに攻め切れば、何とか釣果に繋げることが出来ます。

3.JPG

釣り座選択のじゃんけんで勝ち、まずは北側の@からスタートです。やはり潮は当てて流れ、竿1本先から左へカーブしていきます。なので、手前のラインが取られ、仕掛けを引っ張ってしまいます。メンディングを怠ると、マキエと全く違う所を仕掛けが流れてしまいます。上手く流れてもすぐ隣の4番の選手前まで到達してしまうため、仕掛けが馴染む前に回収しなければなりません。どうにもこうにもならず、あっと言う間に1時間が過ぎます。O氏も木っ端を2枚釣っただけでキープサイズは無し。3番、4番も釣れている気配はありません。兎に角潮が緩むのを待ちます。1時間半ほど経過後、若干潮が緩み始めます。すると本日1枚目のグレがヒットしますがこれは20pちょっと。続けて来ますがまたも同じサイズ。ようやく時合い到来です。釣れたタナが深いため、ここで仕掛けを全体的に重くして、ウキを沈めて先程釣れたポイントよりやや沖目に仕掛けを投入します。するとようやく重量感のあるグレがヒットです。

4.JPG

ジャスト30pです。その後も30pクラスが連発、勢いに乗れそうでしたが、再び強烈な当て潮でお手上げ状態です。すると、今度は「4番」の選手が入れ喰い状態です。「5番」に当たる潮の跳ね返りと沖からの当て潮で「4番」前にヨレが出来、いい具合に潮が行ってます。我々はマキエ係になっています。おこぼれで「3番」も竿が曲がり始めます。我々2人が必死になればなるほど、相手に釣られてしまいます。途中から馬鹿らしくなり潮待ちで竿を置きます。結局、潮が緩むことなく釣り座交代の8時半を迎えます。

5.JPG

Aはまともに当て潮です。ウキをLに替え、遠投してもあっと言う間に手前まで寄ってオセンの餌食になります。仕掛け、サシエも色々変え、ポイントも左、沖、右と交互に変えながら続けますが一向に答えが出ません。途中でマグレで1枚釣れましたが、それっきりです。ラスト30分は仕掛けを大幅に変更し、オセンの群れの中を狙う戦法に変更します。これで、グレは釣れるのですが、全て20p以下です。結局後半はキープ1枚で終了です。

とりあえず規定の23pが微妙な3枚と30p前後を4枚を持って帰りますが、検量で小型3枚がはじかれ4枚1590gと言う結果に。やはり優勝は「モトドリ1番」で5800g。スペックの違いを見せつけられました。その他、「奥ソエ」はアジまみれで撃沈、「ソエ」の沖磯群は30p前後が爆釣と釣り場による釣果の差が顕著に現れました。結果はイマイチではありましたが、久々の釣友と終始会話をしながらの釣りで、楽しく過ごせました。
これで前半のトーナメントは終了です。あと数回フカセをして、そろそろ飲ませに移行しようと思っています。

6.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜32p 9尾 (30pUP 2尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M、L-00 ガン玉:無し、G7、G6 タナ:2〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+パン粉5s+集魚剤1袋
サシエ:オキアミ、むきエビ
posted by tarumit at 14:03| 釣り

2018年06月24日

大蔵海岸でグレ狙い

昨日金曜日は元々あった予定が一転二転で結局キャンセル。その予定のために仕事も深夜に変更していたため日中は完全フリーに。しかも当日朝起きると絶好の釣り日和。と言うことですぐに準備を済ませいざ出発。いつもの垂水西5番へ向かうはずが、途中で心変わり。最近不調な西5番、更にいつもよりも遅い時間と言うこともあって、急遽西へ向かいます。途中、気になる釣り場をチェックしながら、最終で辿り着いたのが大蔵海岸の最西端。20年前に夜釣りに来て以来で、ここでのグレ狙いは初めてになります。ポイントも分からないため、とりあえずテトラに入り9時過ぎにスタートです。

DSC00032.JPG

まずは海の状況を確認するために、仕掛けを入れる前にマキエを周辺に撒いてみます。最初は居なかったオセンも徐々に集まりますが、手に負えないほどの数ではありません。ある程度は沖にまで出ますが、遠投するとかわせそうです。オセンの群れの中にはグレの姿は無く、マキエで沖に誘導させてもその先端にグレは浮きません。ちょっと不安になりながらも、「今日は暇潰し」と気持ちを楽にしてまずは第1投。潮はゆっくりと東へ流れています。流れる速さは問題無いのですが、テトラ際に生えている大量の海草が気になります。一瞬気を抜くとすぐにラインが絡まるので、結構面倒臭いです。ウキを見て、テトラ際を見て、またウキを見てを何度か繰り返し、再びウキを見るとその姿がありません。「アタリ?」と思い、竿を立てると魚が乗っています。何と小型ではありますが、1投目からグレがヒットです。

DSC00036.JPG

型は18pと小振りなのでリリース。その後も同サイズが連続でヒットします。たまにこんなのも混じって来ます。

DSC00037.JPG

期待していなっかた割に、退屈しない程度に何かしら魚が釣れるので、いい暇潰しにはなりますが、このサイズばかりだと欲が出て来ます。試しに、オセンが全く行かない沖を超遠投で狙ってみます。やはり数回流しても、アタリはありません。しかし、いつもはすぐに諦める所ですが、初めての場所と言うこともあり、もう暫く粘ってみます。すると、願いが通じたのかようやく魚がヒットします。重量感はありますが、グレの様な強烈な引きはありません。難なく際まで寄せて浮かせると、35pは軽く超えている良型のウマヅラです。「これはいい土産になる」と慎重にタモ入れをしようとした瞬間、痛恨のチモト切れ。針を飲み込んでいた様です。気を取り直して再び挑戦。すると、暫くしてまたまたヒット。今度はグレの引きです。無事タモに収まったのは30pジャスト。誰も居ない釣り場で一人ガッツポーズです。その後も25〜30pクラスが単発で釣れ、ウハウハ状態です。しかし、良かったのはここまで。11時頃になると、沖50〜100m位の所で青物がボイルをし始めます。すると、遠投ではサシエが残る様になり、オセンも全く沖に出なくなります。竿2、3本先に狙いを変えても魚が釣れる気配はありません。潮の流れも徐々に速くなり、ここで一旦休憩に入ります。

30分ほど食事タイムを取って再開しますが、流れが激流に変わっています。ちょっとだけ試してみますが、速すぎて釣りになりません。ここで思い切って釣り場を移動します。

DSC00038.JPG

次はすぐ東側にあるベランダです。西5番の様にフェンスがあり、足場もいいです。ただ気になるのはこの広い釣り場に竿を出しているのは私だけ。釣れないのでしょうか?とりあえず様子見でやってみます。が、海がどえらいことになっています。蛇行する激流の所々に帯状に泡が出来、その下に大量のボラが群れています。良く見るとオセンもそこに集まり、その数がどんどん増えて行きます。

DSC00040.JPG

その泡の帯は大きくなったり小さくなったり、またうねりながら蛇行するため近付いたり遠のいたりします。流れの複雑な所は帯が2つにも3つにも別れ、それぞれにボラとオセンが付いて行ってます。ボラの数は数百とか数千と言った位の数が居て気持ち悪い位です。全く持って戦意喪失です。しかし、まだマキエは余っています。捨てる訳にも行かず、ダメ元でやってみます。しかし、意外なことにボラはマキエにはあまり反応しません。オセンも潮に流されまいと必死で泳いでいるのか、一瞬マキエには反応しますが、流れて行くマキエには付いて行きません。ならばと、泡の無い所を探し、潮に任せて仕掛けを流して行きます。ウキは全く何処にあるのか分かりませんし、潮の流れが速くて穂先でもアタリは取れません。ではどうやって合わすか?答えは「適当」、または「何となく」です。こんないい加減な釣り方でいいのか悪いのかは別として、今は潮が緩むまでの、またまた「暇潰し」なのです。しかし、不思議なもので、これでグレが5枚も釣れてしまいます。逆に潮が緩み出すとあまりのオセンの多さに、私一人のマキエでは到底対処し切れず1枚も釣れずに撃沈、16時にエサ切れで納竿です。

同じ大蔵海岸でも、スーパーや温泉施設のある東側は、駐車場も有り、人の往来も多いためいつも釣り場は賑わっています。今回私が試した西側は駐車場も無ければ、そう言った施設も無いため、地元の方しか来れないのでしょう。そのためか、魚はスレておらず、魚影も濃いとは思いますが、潮が走ると逃げ場がありません。今回はたまたま釣れましたが、いつもこうとは限りません。また、厄介なのは前述しましたテトラの海草。背も高く、結構びっしり生えているので、ラインが絡む以外に魚を寄せる際に必ずと言っていいほど潜ります。この日も小型は問題ありませんでしたが、25pを超えるサイズは殆どが潜って、出すのに手間が掛かりました。ばらさないためにも1ランク太めのタックルで臨んだ方がいいと思いますね。

DSC00042.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜30.5p 16尾 (30pUP 2尾)
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:2〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:パン粉4s+ヌカ4s+集魚剤0.5s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 01:32| 釣り