2017年12月12日

垂水西5番(17回目)

バリコ、サヨリの群れに嫌気が差し、長らく足が向かなかった西5番ですが、ようやく水温が下がりその姿が消えたとの情報を得て、久々にせきやんさんと共に行って来ました。日曜と言うこともあり、場所取りのために現地到着は午前5時半。しかし、やはりこの寒さか釣り場はガラガラです。天気も穏やか、潮もゆっくり、おまけに釣場は空いているとあって、爆釣の予感が漂います。しかし、夜が明けて、辺りが明るくなると徐々に釣人が増え始め、3番側には飛ばしサビキ師が数名、私のすぐ右手には投げ釣り師が数本の竿を出し、釣りを始める頃には周囲を包囲されている状態です。

1.JPG

まあ、休日では当たり前の光景なので、特に気にはしませんが、心の中で「邪魔だけはしないでね」と願いながら7時前にスタートです。潮は緩いのですが、右へ左へと落ち着きません。オセンも動きが不規則で、突然現れたり、急に消えたりします。ただ、沖にはオセンは行かないため、複雑な潮の中を遠投で狙って行きます。ここで、トラブルが連発します。私は隣の投げ釣り師とラインが絡むこと数回、せきやんさんも、狙っているポイント近くにサビキが飛んで来るために、お互いなかなか自分のペースで釣りが出来ません。遠近では狙う範囲は広いのですが、左右は限られた中で窮屈な釣りが強いられます。更に、オセンも際組と沖組に分かれ、沖組の集団が全く言うことを聞いてくれません。幾ら釣座を休めても、際にマキエをドカ撒きしても、ずっと沖で漂っています。そのためどれだけ遠投してもサシエは秒殺です。狙う場所も無く、途方に暮れながら続け、お互いまぐれ的に2枚ずつ釣ってお昼を迎えます。

午後からは南風が徐々に強くなり、遠投の精度が低下、マキエもバラバラになりオセンは更に拡散して行きます。釣れない上に向かい風の悪条件が重なり、釣人も徐々に退散。気が付けば、南向きで竿を出しているのは私とせきやんさんだけです。

2.JPG

向かい風のために遠投が出来ないため、空いた左右を使いオセンをかわして行きますが、兎に角この日のオセンは強力で効果は全くありません。14時前にもなると、風は更に強まり、竿が振れなくなります。

3.JPG

ここで終了しようと思ったのですが、まだマキエが少し残っているために、風を背して釣りが出来るプール向きに移動します。

4.JPG

こちらは流れも波も皆無で釣り易いのですが、期待薄です。しかし、沖が荒れているせいか、マキエが効き出すと徐々にグレが姿を現します。1時間ほどの釣りでしたが、私3枚、せきやんさん2枚を追加してマキエが無くなったところで終了です。

噂通り、バリコとサヨリの姿は全くありませんでした。ただ、オセンの数が物凄いです。工夫すればもっと釣れたのかもしれませんが、それでもグレの絶対数が少な過ぎです。急激な水温低下が影響しているのかもしれません。年内、また暖かくなる日が恐らく数回はあると思うので、その日のもう一度チャレンジしてみようと思います。

5.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜24p 5尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:00 ガン玉:無→G7 タナ:2〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:余りエサ+集魚剤1/3袋+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:53| 釣り

2017年12月05日

福井・音海で釣り三昧

3日(日)にTFCメンバー5人と共に福井の音海に行って来ました。当初は先週、貧果に終わった淡路釣行のリベンジに再び淡路へ行く予定でしたが、直前にダメ元で音海の渡船店に電話を入れると、押廻周辺は空いているとのこと。この時期珍しく風も弱く、波も落ち着いているとのことで、思い切って行き先を変更したわけです。と言うわけで、淡路釣行と同じメンバーでグレをメインに、この時期狙える別の「食材」も求め、いざ音海の磯に上礁です。

「押廻」に蔵之臣君、「酢壺」に私とせきやんさん、「タタミ」にノリさん、まさ、3104k君が上がります。どの磯も音海西部を代表する一級磯です。

1.jpg

早速グレを狙いたい所ではありますが、久々にアオリも食べたいのでエギングで狙います。30分ほど粘りますが反応はありません。せきやんさんはここでフカセにチェンジ。私もフカセを始めようと準備をしていると、まさからLineが送られて来ます。見ると、30pをはるかに超える立派なマハタをゲットしています。これを見て私もエギングロッドに探り仕掛けをセット。オキアミで磯際や沖を探って行きます。しかし、釣れるのはガシラやベラばかり。しつこく粘りますが、すぐ横でせきやんさんが1投目からグレを連発している姿に心が折れ、ようやくここでグレ狙いにチェンジします。まずは東側からスタートします。

2.jpg

オセンは居ますが気になるほどではありません。まずは竿2本先を軽い仕掛けで探って行きます。すると私にも23pほどのグレが1投目からヒットします。その後も手の平級が連発します。今回は28p以上のみをキープする予定なので、全てリリースです。型を狙うべく、投点を徐々に沖へ変えて行きます。遠投すればするほど型が良くなり、27〜30pクラスが連発する様になります。逆に沖には手の平級は1尾も釣れません。せきやんさんも順調に良型を仕留めています。

3.jpg

11時になり、気分転換のためせきやんさんと釣座を交代します。この「酢壺」と言う磯は南側に大きな断崖がそびえ立っているために、全く日が当たりません。そのため、お昼近くになっても薄く暗く、遠投するとウキが全く見えません。東側の釣座でもそうでしたが、アタリは全て穂先で取ります。釣座交代を機に更にアタリが取り易い様にウキを000に変更してスタートします。西側の釣座でもグレは活発で、連続して穂先をひったくって行きます。そしてこの日最大の32pがヒットします。

4.jpg

その後、穂先を集中して見ていると、海面から1匹の大きな魚が浮上してきます。竿を置き、もう一度観察していると60pほどのヒラスズキが小魚を追いかけて水面近く何度も浮上してきます。すぐ様エギングロッドにルアーをセットして狙ってみます。すると2度ほどアタックして来ますがフッキングまで行きません。そうこうしているうちにこんな魚がヒットします。

5.jpg

まさかルアーでフグが釣れるとは...その後、スズキの姿も消え、再びフカセ開始です。相変わらずグレは釣れますが、なかなか35pを超えるサイズは喰ってくれません。サシエ、タナ、ポイント等色々変えながら続けますが、これと言った「決めて」は見つかりません。兎に角、数を釣って確率を上げる他、方法が見出せず時間だけが過ぎて行きます。「押廻」の蔵之臣君もグレを連発しています。

6.jpg

14時前、この日一番の良型がヒットします。目の前に根があるために、強引に浮かせ様としますが、動作が遅れハリスが擦れる感触が竿に伝わります。それでも、このままラインを出せば切れる可能性の方が高いので、更に寄せて行くとようやく姿が見え始めます。何と念願の35pオーバーです。しかし、根ズレのダメージが予想よりも大きく、浮かせる瞬間にラインブレイクでばらしてしまいます。気を落としている暇はありません。時合いだと思い、ハリスを1.5号に変え、再び遠投で狙って行きます。すると30p弱が連発した後、再び良型がヒット。しかし、これもチモトですぱっと切れてバラシです。「もしかして尾長?」と期待感が高まります。念のため、針を「飲ませ」タイプから軸の長いものに、4号から5号へ変更します。その30分後、この日3回目の重量感ある魚がヒットします。

7.jpg

念願の尾長32pです。その後も迎船時間ぎりぎりまで2尾目を狙いますが、釣れるのは30p前後の口太ばかり。結局、29p以下は全てリリースして納竿の16時を迎えます。

その後、港へ戻り後片付け。魚を捌く頃にはもう真っ暗です。

8.jpg

この日は6人とも爆釣で、25p以上は200尾は釣れたと思います。最大は蔵之臣君が釣った34p。その他、40p近いマダイも仕留めていました。アオリは全く釣れませんでしたが、まさのマハタを筆頭に、アコウ、ガシラ、メバル、サンバソウ等も釣れ、お土産には十分確過ぎる結果となりました。グレは大型は出ませんでしたが、小型が少なくアベレージは27〜29p。遊ぶにはいいサイズで、それなりに楽しめましたが、欲を言えば35pオーバーが獲りたかったですね。

9.jpg

■ 釣果 ■
口太 25〜28p 31尾、29p〜32p 16尾(30pUP 8尾)、尾長 32p 1尾
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2→1.5号 針:グレ4号→5号
ウキ:L00→L000 ガン玉:G7→無
タナ:1〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤1/2袋+パン粉4s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM、L
posted by tarumit at 12:56| 釣り

2017年11月29日

垂水西5番(16回目)

日曜日の淡路釣行が不甲斐ない結果に終わったため、ホームグラウンドである垂水でTFCの蔵之臣君とリベンジに行って来ました。まだ青物の回遊があるとの情報もあったので、エサの確保のため、現地には午前5時に到着。現地では同じくTFCのヤートさんとも合流。夜が明けるまでめっきり少なくなった小アジをサビキで狙い、何とか15匹ほどを確保。夜明けと共に飲ませ開始です。

DSC00001.JPG

この日の朝は青物には適していない東向きの潮。暫く粘りますが全く気配を感じないため、掛け針を装着して際付近でアオリ狙いに変更。7時半頃に1度アタリがありますが、上手く乗らずに8時過ぎに断念。8時半よりフカセを開始します。幸いにもまだサヨリの気配が無いため、00ウキの全遊動仕掛けでオセンの出る先を丹念に探って行きます。暫くしてファーストヒット。釣れたのはまたしてもコイツです。

DSC00002.JPG

その後も単発で当たって来るのはバリコばかり。11時頃までは3人とも釣果無し。嫌な予感が漂い始めます。青物の気配が無いのか、オセンもどんどん沖に出て行きます。自然と狙うポイントも沖へ沖へと変わって行きます。遠投でマキエを打つと必ずと言っていいほどサヨリが寄って来ます。やはりこの日も遠投を続けていると姿を現し始めます。お昼前になると海面がサヨリだらけとなり、微妙なアタリを合わせると掛かってしまいます。

DSC00006.JPG

30pクラスであれば、いいおかずになるのですが、残念ながら掛かるサヨリは鉛筆サイズばかり。ここでサヨリの層を突破すべくガン玉を調整しながら追加して行きます。すると、ちょうどお昼にようやく本命がヒット。その後も1枚追加しますが、やはり軽いおもりではサシエの落下中にサヨリが咥えるため、オキアミの形が崩れ、グレのタナに入った時にサシエと見破られてしまいます。そこで、ここでは滅多にしないのですが、ウキをBに変更。タナを2.5ヒロに固定して段シズを打って対処します。これが功を奏し2枚連続ヒット。しかし、この仕掛けではバリコも喰って来るので厄介です。暫くは続けますが、その後はグレからの反応は無く、昼食タイムに入ります。

DSC00004.JPG

この日は平日にもかかわらず、久々に暖かく穏やかな天気なので、釣り人でいっぱいです。因みに殆どの釣人が飲ませで青物狙いです。私も未だサヨリに覆われている海面を見て嫌気が差し、昼食後は再び飲ませに変更します。しかし、やはり反応はありません。そうこうしているうちに蔵之臣君も久々にグレを掛けています。隣のヤートさんにも本命がヒットです。ようやくグレのやる気が出て来た様です。私も飲ませを中断し、フカセに変更。仕掛けも元の全遊動に戻し、口おもりを追加してグレを狙って行きます。なかなか思った通りの釣りは出来ませんが、たまにまぐれ的に本命がヒットします。タナもマチマチで1m〜3.5ヒロの間で喰って来ます。結局15時まで粘り、エサ切れでフカセは終了です。

その後、急いで片付けを済ませ、飲ませでラストチャンスを狙います。暫くして学校帰りのチビが嫁さんと一緒に散歩がてらに見学に来ます。私も飲ませに集中したいので、サビキ竿を渡して暇を潰させます。私の竿には何にも反応がありませんんが、サビキは忙しそうです。

DSC00012.jpg

小さいですが、初ガシラゲットです。その他、小アジ、チャリコ、カワハギと色んな魚を釣り上げます。私より良く釣ります。日も暮れ始め、ウキも段々と見え辛くなり、とうとう17時過ぎにギブアップ。長い長い1日の終了です。

まだまだ海は賑やかです。サヨリは潮次第、バリコは水温が下がれば数は減って来ると思われます。グレのベストシーズンだけに、早く条件が揃って欲しいものです。

DSC00008.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜25p 8尾、ウマヅラ 20p 1尾
バリコ、サヨリ 20p前後 多数
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:00→B→00 ガン玉(ウキ00):無→G7+G6→G6 (ウキB):G4+G2
タナ:2〜3ヒロ→1m〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:集魚剤1/3袋+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 12:00| 釣り