2019年07月14日

垂水西5番(8回目)

例年なら今の時期は日中の暑さに耐えられないのでフカセ釣りはしない私。先週の浜坂釣行で前半戦終了のつもりだったのですが、中途半端にエサが余ってしまい、これを残してこの夏は越したくないため、昨日はせきやんさをお誘いして「釣り」と言うより「エサ撒き」に西5番へ行って来ました。今にも雨が降りそうな空模様の中、午前7時前にスタートです。

DSCF1076.JPG

前回、厄介だったサヨリは幸いにも居ませんが、その代わりもっと厄介なコイツが海中を走り回っています。

DSCF1077.JPG

また、仕掛けが1ヒロ以上入ると豆アジも待ち構えています。オセンもマイクロ木っ葉も超元気で、夏の海真っ盛りです。オセンの群れを完全に外すと小サバ、オセンの群れの少し先を狙うとマイクロ木っ葉、深いタナは豆アジと何処をどう釣っていいか分からず時間が刻々と過ぎて行きます。「エサ撒き」が目的なので、気合不十分でスタートしたものの、3時間経っても本命が釣れないとさすがに心が折れそうになります。そんな中、口火を切ったのが角に入ったせきやんさん。ようやくキーパーサイズをゲットです。兎に角オセンを完全にかわすと百発百中で小サバが喰うため、オセンを適当に沖に動かし、ボラを集めて小サバを蹴散らして、その瞬間を浅ダナで狙い続けます。すると、10時過ぎ、私にもようやく1枚目がヒット。その後、同じパターンで数枚追加後、せきやんさんから「イワシの群れが居ますよ〜」との声。自称「タモ掬い師」の私がそれを見過ごすわけには行きません。ここからタモを片手にイワシ掬いに奮闘。小1時間で20pまでのマイワシを20匹ほど確保。せきやんさんも負けじとイワシ掬いに夢中になり同じく20匹以上をゲットです。お互い十分なおかずを確保してから再びグレ狙いに専念しますが、その後は雨も降り出し、最後はマキエをドカ撒きして14時頃にフィニッシュ。

ダメ元で臨んだ釣行でしたが、何とかグレの姿を拝めました。これでグレ狙い前半戦は終了です。トーナメントを除き、10月中旬まではエギング、飲ませをメインに旬の魚を追いかけたいと思います。

DSCF1081.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜27p 5尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:0.8号 針:グレ2号
ウキ:M-00 ガン玉:無し、G7 タナ:矢引〜1ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2s+ヌカ3s+余りエサ
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 22:51| 釣り

2019年07月09日

チーム鬼掛兵庫第3回大会

7日は所属するチーム鬼掛の大会で、せきやんさん、蔵之臣君とともに浜坂・三尾まで行って来ました。対象魚はグレで23p以上8尾までの総重量を競います。

001.JPG

大会説明を終え、午前4時半に出船。抽選で私と蔵之臣君は鋸崎の真ん中辺りにある「旭洞門」の横の磯に上礁です。

002.JPG

我々を降ろした後、船は鋸崎の先端方向へ移動します。岬方向には名礁が幾つもあるため、この時点で不利であることは否めません。とは言え、運も腕の内。大会ではいつもいい磯に上がれるわけでは無いので、ここは割り切って全力を尽くすのみです。

003.JPG

釣座優先権のある蔵之臣君が岬側を陣取り、私は湾奥側に並んで5時過ぎにスタートです。まだ朝早い上に曇天で、しかも私のダークグレーのサングラスでは海中はおろか、辺りも殆ど見えません。これではフカセは出来ないので、少し明るくなるまでルアーロッドを出して暇潰しです。大した釣果も得られず30分ほどで終了、6時頃よりフカセ開始です。

まだ海の中は見え辛いですが、何やら際にはエサ取りが湧いています。それを避ける様に竿1〜2本先を狙うと幸先良くグレがヒットします。

004.JPG

このサイズが連発しますが、どれも規定の23p以下なので全てリリース。ならばと遠投するとサシエが秒殺です。なぜか、際と沖だけエサ取りが湧いていて、ちょうど竿1〜2本先だけサシエが通る様です。仕方なく、再び手前のポイントをしつこく攻めて、何とか23pほどのグレを3枚ほどキープします。その後、予報では曇りのはずが突然の雨。私も蔵之臣君もかっぱを持って来ていなかったので、二人して「旭洞門」へ避難します。

005.JPG

ここは遊覧船が立ち寄る景勝地らしいですが、当日は生憎の雨で船は来て無かった様です。ここで雨が止むまで約30分ほど待機。雨が上がって再開しますが、グレの気配は消え、たまに釣れても15pほどの木っ葉のみです。原因はやはりエサ取りです。先ほどまでは暗くてあまり良く見えなかったのですが、辺り一面5pほどの豆アジだらけになってます。沖は少し大きく10p前後の小アジが湧いています。更に際には豆アジに混じって小さなオセンも湧いていますが、豆アジを嫌ってか、マキエをタテ撒きしても沖には出ません。これではグレも沖に出ず、遠投しても意味がありません。となれば狙うポイントは際のみとなり、サシエでエサ取りをかわす他ありません。そこで針をグレ針5号に変更、針上30pにG6を打ち、サシエをムキエビに替えて狙ってみます。するとポツリポツリとグレは釣れますが、やはり23pの壁がなかなか超えれません。そんな中、蔵之臣君がタモ入れサイズをゲットします。私の釣座と彼の釣座はポイントとしてはさほど差は無いのですが、唯一違う所はサラシが出ているか出ていないかです。ここはやはり豆アジが嫌うサラシを狙う方が得策と考え、釣座移動を決意します。

006.JPG

彼の釣りの邪魔にならない様にサラシの向こう側へ移動です。二人でサラシの両側から狙う形になります。ただ、私の釣座はバッカンを置く場所も無い様な斜めの地形で、たまに来る波が心配で釣りに集中出来るかどうかが懸念されましたが、選択の余地は無しと考え強行します。何とかバッカンがずり落ちない様に左足で支え、サラシの中を狙って第1投。するといきなり25pがヒット。その後も、仕掛けがサラシで沖に出ない様にガン玉を調整し、際から3m以内を徹底的に狙って行きます。たまにきつい流れで仕掛けが沖に出て浮いてしまうと、サシエがアジやオセンに取られてしまいますが、サラシの中でキープ出来ると、必ずと言っていいほどグレが喰って来てくれます。型も10pの小型も居れば、30pの良型も出て、兎に角数を釣ってキーパーの入れ替えを図ります。ここで最後まで粘り、11時45分にフィニッシュです。

結果、大物は出ませんでしたが、何とかミニマム25pを8枚揃えて競技終了です。蔵之臣君は釣座の関係でサラシを横から狙うしか無く、仕掛けを際にキープすることが出来ずに苦戦が強いられた様です。
検量では私が8枚2820gで4位に入り、キャップ、バケツ等を頂きました。

007.JPG

蔵之臣君はビールを貰いご満悦?

008.JPG

食人(たべんちゅう)のせきやんさんもレトルトカレーで満面の笑み?

009.JPG

この日はどの磯でも豆アジで悩まされ、あまりいい釣果では無かった様です。それでも潮遠しのいい沖磯では、それ以上にグレの活性が高く、3sオーバーが3人居られました。ただ、三尾のポテンシャルはこんなものでは無いので、また秋口にプライベートで狙ってみたいと思います。

010.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜30.5p 31尾(30pUP 1尾)
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ4、5号
ウキ:M-0 ガン玉:G6、G5 タナ:1ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミL、ムキエビ
posted by tarumit at 11:05| 釣り

2019年06月21日

垂水西5番(7回目)

歳のせいか、最近ちょっと億劫になって来たフカセ釣り。エサの準備から後片付け、荷物の多さに「面倒くさっ!」が釣行前の口癖。これで釣れなければ、諦めもつくところですが、先日の様にたま〜に釣れると文句を言いながらでも、またグレを狙いたくなる今日この頃。殆ど病気です。このフカセ病の重症患者はまたしても、ブツブツ言いながら昨日も行って来ました。

DSCF1017.JPG

両サイドを青物狙い(エレベーター仕掛け)の釣り人に挟まれ、7時開始です。すると、珍しく1投目から本命がヒット。しかも良型です。幸先良い展開に爆釣の予感を感じますが、その後はなぜかさっぱり。オセンもマイクロ木っ葉も沖に出ず、何かを警戒している雰囲気です。すると、その答えがすぐに出ます。

DSCF1019.JPG

サヨリが沖で湧いています。何処に投げてもサシエはサヨリに秒殺です。ここから、10分ほど釣場を休ませ、一瞬サヨリが消えるタイミングで再開を繰り返し、何とか3枚ほどキープします。しかし、時間が経つに連れ、サヨリの数もどんどん増え、全く手に負えない状況に。ならばと、ウキをG2に変更し、重めの仕掛けでサヨリの層を突破する戦法に出ますが、どうもサヨリが湧くとグレも出ない様でサシエが残ります。暫く続けますが結果が出ないためここで完全に釣りを中断。

1時間半ほど経ってから再開です。恐る恐る沖にマキエを撒くと幸いにもサヨリの姿はありません。遠投すると再びサヨリを寄せてしまう可能があるため、投点は15〜20m付近に決め、マキエを撒く量も少量に留めます。すると、暫くしてグレが湧き出し入れ喰い状態に。2ケタ釣果達成で昼食タイムに入ります。パンを食べながらプールを覗くと、この日もカタクチの群れが居ます。一旦食事を中断しておかず用にカタクチをタモで掬いますが、群れが小さく確保出来たのは2匹のみ。これではおかずにならないので暫くプール内を観察すると、底の方に今度は2匹のハネを発見。自称「飲ませ師」の私がこれを見過ごすわけには行きません。これまでグレを狙っていた竿でハリスと針だけ交換。カタクチを針に掛け、いざ勝負です。結果が出るまでさほど時間は掛かりません。

DSCF1021.JPG

カタクチの確保、仕掛け変更、ハネ捕獲まで10分ほどの仕事です。ここで止めればまさに「仕事人」なのですが、あと1匹居るハネとを放っておくことは出来ず、再度チャレンジです。喰いそうで喰わない状況が延々と続き、最後は我慢出来ずにギブアップです。ここで無駄な時間を費やしてしまいます。欲を出してはいけませんね。

仕掛けを元に戻して、13時過ぎから再びグレ狙いに専念します。サヨリは完全に消え、オセン、マイクロ木っ葉もやる気満々です。グレが浮くパターンも分かり、再び入れ喰い状態です。このまま、最後まで行けるかと思われたのですが、14時半頃から再びサヨリが現れペースダウン。最後は釣れるグレは全て15p前後となり、16時前にエサ切れで終了です。

冒頭にも書きました様に、そろそろ止めたいフカセ釣りですが、この日の様な状況が続く様ならもう少しだけぼやきながら続けたいと思います。

DSCF1023.JPG

■ 釣果 ■
グレ 21〜29p 19尾(30pUP 0尾)、ハネ 49p 1尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:0.8号 針:グレ2号
ウキ:M-00、M-G2 ガン玉:無し、G2+G7 タナ:30p〜2ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミ、カタクチイワシ
posted by tarumit at 20:24| 釣り