2017年11月18日

垂水西5番(15回目)

予報では週末は寒気が入り、天候は荒れ気味とのこと。唯一、金曜は穏やかとのことでTFCの蔵之臣君、サトシF君と5番へグレ狙いに行って来ました。現地には5時半に到着。そこでTFCのヤートさんと久々に再会。角にヤートさん、2、3番目の飲ませ師、4番目に私、5番目にサトシF君が入り6時頃からスタート。今回もメインはフカセですが、チャンスがあれば飲ませもしたいので、取りあえずプール内でエサ用のアジをフカセで狙います。しかし、アジは不発でグレ2枚で終了。7時より外向きに戻りグレ狙いスタートです。

DSC00022.JPG

今回も朝一からサヨリが湧いています。サヨリにサシエが取られない様に、ガン玉を打って調整して行きますが、仕掛けが深く入り過ぎるとグレのタナを超えてチャリコの層に入ってしまいます。1投ごとに潮の流れが違う状況で仕掛けの入る速さも変わります。だましだましで釣りを続けて行きますが、なかなかしっくりきません。いい具合に仕掛けが馴染んだ時にはグレは喰ってくれますが、連発ではヒットしません。こんな状況が潮が緩む10時頃まで続きます。その後、遅れて蔵之臣君が参戦、空いている場所が無いため6番目に入ります。潮が緩むと釣り易くなり、ようやく連チャンモードに入ります。しかし、長続きせず、今度はバリコ地獄に陥ります。

DSC00023.JPG

釣れる割合はバリコ6、チャリコ2、グレ2くらいでしょうか。後半は釣れるパターンがさっぱり分からず、手探り状態です。それでもまぐれで久々に30pオーバーもヒットしますが、良型はこの1枚のみ。蔵之臣君も飲ませ師が帰った後、2番目に入り30p弱をヒットさせますが、彼もこの後は良型は無しです。

DSC00025.JPG

結局、15時半頃まで粘りましたが、グレは19枚止まり。バリコはその倍を釣って終了です。ヤートさんがこの日ヤエンでアオリをゲットされていたので、私もグレ狙い終了後に試してみます。まずはプール内でアジ釣りから開始です。30分掛けて何とか青アジ2匹確保。辺りも薄暗くなり、ウキも見え辛い状況ですが、何とか頑張ってみます。結果、アタリは1回ありましたが上手く掛けることが出来ずに空振りです。

12時間の長丁場でしたが、久々の釣友との再会で話も盛り上がり、楽しい1日を過ごせました。ただ、気掛かりなのがバリコ。折角のグレ釣りシーズンが台無しにならない様、願うばかりです。

DSC00030.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜30.8p 19尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:00 ガン玉:無→G7+G6→G7+G8 タナ:2〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1/3袋+パン粉3s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 12:10| 釣り

2017年11月14日

垂水西5番(14回目)

日曜日にTFCメンバーのせきやんさん、まさと行って来ました。この日もフカセでグレを狙いながら、合間に飲ませでアオリ、青物も狙ういつものパターンで臨みます。現地到着は午前6時。まずは飲ませ用のアジを確保します。今回はサビキを持参していないため、フカセ仕掛けでプール内を狙います。2匹をキープした所でオセンが湧き出しここで断念。やめるつもりが、良く見るとオセンの下にグレがチラホラ見えるため、試しに狙うといとも簡単にヒットします。型は23pまでと小型ですが、4尾ほど釣った時点で終了します。釣座を南側に変え、7時よりフカセ開始です。

DSC00021.JPG

この時点ではまだサヨリの群れは入って居ないため、ガン玉無の全遊動仕掛けで探って行きます。9時頃までは順調にグレはヒット、あっと言う間に2ケタ達成です。しかし、その後は例の如くサヨリの群れが入り出し、軽い仕掛けではサシエが通り難くなります。ガン玉を追加して、仕掛けをウキごと沈めて穂先でアタリを取るパターンに変更します。これで単発でグレを拾って行きます。お昼前になると活性も上がり、釣れるタナが3〜4ヒロから2ヒロ前後まで上がって来ます。せきやんさん、まさもダブルヒットです。

DSC00024.JPG

ある程度釣れると、再び喰いが止まります。この合間を利用して飲ませを開始です。30分ほど粘りましたが、全くアタリ無く、その間に再びグレが喰い出したのを見てフカセ再開です。前回同様、2、3尾は連続して釣れるのですが、その後はピタリと喰いが止まります。グレが消えると言うより、マキエが効き出すと、表層〜中層にサヨリ、中層〜底にチャリコが大量に集まり、サシエが通らなくなるのが原因だと思われます。こうなると、またまた飲ませにチェンジです。しかし、残されたアジは1匹のみ。ラストチャンスに期待しますが、やはり反応無しです。

午後からはTFCのN君も参加。4人で交互にグレは掛かりますが、せきやんさん以外はなかなか連発とまでは行きません。そうこうしているうちに我が家のチビが暇潰しにやって来ます。相手をしながらの釣りで集中出来ずにとうとう15時過ぎに釣りは終了。その後はすぐ横で野球の相手をさせられます。

DSC00032.JPG

日も暮れ、17時に野球も終了。グレは数はそこそこ釣れましたが、やはり型は揃いませんでした。殆どが23か24pまで。持ち帰り用の25p以上は僅か5枚のみでした。今は数釣りシーズンですが、もう少し水温が下がれば型も期待出来ると思うので、もう暫くの辛抱だと思います。ただ、飲ませはそろそろ終了かもしれませんね。

DSC00029.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜29p 25尾、バリコ 15p 1尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:00 ガン玉:無→G7→G7+G7 タナ:2〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1/2袋+パン粉3s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 10:43| 釣り

2017年11月08日

垂水西5番(13回目)

先日の釣行で、同行のせきやんさんがグレを連発していたのを見て、居ても立っても居られなくなり、昨日急遽蔵之臣君と釣行。平日なので場所取りは不要と思いきや、6時到着時には角から3人分、飲ませ師が入っており、止む無く4番目に入り7時前にスタート。

DSC00003.JPG

本流は西向き激流で、釣座前も引かれたり当てたりと潮が落ち着かない状況。しかもかなりの濁り。マキエを打ってもオセンすら出て来ない状況が続きます。マキエが効き出すと今度は海面サヨリだらけ。軽い仕掛けではサシエが通らないため、ウキを0に変更、3ヒロにウキ止めをセットし、段シズを打って仕掛けが立てばウキがしもる様に変更。オセンもちらほらと現れ始めますが、大量のサヨリを嫌がってか、竿1本以上先には出ません。狙うポイントも竿1〜2本に絞り粘ること1時間、ようやくタナ3.5ヒロほどでグレがヒット。そこからコンスタントにグレを追加して行きますが、9時頃から突然喰わなくなります。暫くして蔵之臣君が到着。私の横で竿を出して早々にグレがヒットしますが、同じく後が続きません。11時頃、しびれを切らせ、フカセを一旦中断。たまたま釣れたアジをエサにアオリ狙いに切り替えます。すると、いとも簡単にヒットします。

DSC00008.JPG

今日はフカセに専念するつもりでしたが、これでまたまた飲ませ釣りに火が着いてしまいます。元々、飲ませ用の竿も持って来ている時点でダメですが。その後ももう1匹キープしていた小アジをエサに粘りますが、ノーヒットで終了です。

お昼休憩後、ようやく潮も緩んで来たので、フカセを再開です。サヨリも相変わらず多く、依然オセンは沖に出ません。なので午前中と同じ様に竿1〜2本先の深いタナを探って行きます。グレはすぐにヒットして3、4尾連続で釣れるとまた一旦喰いが止まります。また暫くして釣れ始めると連発しますが、またアタリが無くなります。グレが釣れない時間帯は、小アジやチャリコ、こんな魚まで釣れて来ます。

DSC00012.JPG

垂水では久しぶりに見るバリコです。ただ、こう言ったエサ取り達も沖では全く喰わず、どれだけ探ってもサシエは残りっぱなしです。16時頃まで粘りましたが、目標の30枚には届かず、サイズもイマイチで終了です。ここで納竿のはずでしたが、蔵之臣君が続けると言うので、キープしていた2匹の小アジを使って飲ませを再開します。しかし、アタリは皆無。真っ暗になるまで頑張りましたが、アタリ無く17時半に今度こそ納竿とします。

小アジは気になるほど居ませんが、鉛筆サイズのサヨリが多過ぎて厄介です。際から沖の本流筋まで全ての海域に漂っています。仕掛けを工夫すれば、サシエを通すことは容易ですが、オセンが沖に出ないのが困りものです。ボラも多ければサヨリを蹴散らしてくれますが、今年は例年よりも少なく効果は殆どありません。いつになればグレは浮いて来るのでしょうか。あのマーカーの動きで合わす、スリリングな釣りを早くやりたいものです。

DSC00019.JPG

■ 釣果 ■
(フカセ)グレ 20〜27p 26尾、バリコ 20p 2尾
(飲ませ)アオリ 20p 1杯
■ タックル ■
(フカセ)
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:0 ガン玉:G7+G7 タナ:2〜4ヒロ
(飲ませ)
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:4ヒロ
■ エサ ■
(フカセ)
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ3s+余りエサ
サシエ:オキアミM
(飲ませ)
小アジ
posted by tarumit at 11:02| 釣り