2021年12月07日

垂水西で五目釣り?

昨日はせきやんさんと半年振りに垂水西5番へグレ狙いに行って来ました。と言っても私の場合、あまり期待出来ない西5番で終日グレを狙う根気は無く、「保険」と言う意味でフカセ以外の釣りも試してみます。

現地到着は午前5時半。暗闇の中、夜が明けるまでまずはカゴ天秤仕掛けでアジを狙います。アタリは頻繁にはありませんが、何とか5匹を確保です。

DSCF4642.JPG

夜が明けてから沖向きに釣座を構え、アジをエサにアオリ狙い開始。せきやんさんも同時にフカセを開始します。

DSCF4646.JPG

せきやんさんがぽつりぽつりとグレを釣っている中、私の仕掛けには何らアタリはありません。青物も期待してタナを上げてみますがやはり反応はありません。

暫くすると沖向き一帯はサヨリに支配され、せきやんさんも苦戦されています。私も様子を伺うために9時頃からフカセを始めますが、全くサシエが通りません。仕掛けを重くして一気にサヨリの層を突破しても、その下にはフグが湧いていて1投毎に針が取られます。この状況に嫌気が差して30分ほどでフカセを断念します。

10時になり、ここまで一度もアタリの無いアオリ狙いを終了します。
暇潰しにプール内にマキエを打って、グレが居ないかを確かめてみます。すると、グレは出ませんが、代わりに無数のカタクチが湧き出します。これはいいお土産になると思い、おもむろにタモを出して捕獲開始です。目の粗いタモ網のお陰で掬っても半分以上は落ちてしまいますが、それでも15分ほどで数十匹を捕獲、内10匹をエサ用にキープ、残りはおかずとしてクーラーボックスへ。

今度はカタクチをエサにプール内でスズキを狙ってみます。するとすぐにアタリがありますがフッキングせず。その後も頻繁に当たるのですが、何度やっても針掛かりしません。もうこうなれば勝手に掛かるまで放置します。すると...

DSCF4651.JPG

何と釣れたのは25pほどのサバ。これはサイズが小さいのでリリース。その後もサバのアタリが続き、プール内を諦め、ダメ元で沖向きに狙いを変えます。

11時過ぎ、サヨリが飛び跳ねている場所を見つけ、その場所に仕掛けを入れてみると数秒で何かがヒット。ハネかと思われたのですが、左右に走る状況から青物確定。慎重にやり取りをして無事ランディング。

DSCF4654.JPG

メジロまではほど遠いサイズですが、期待していなかったので釣れただけラッキーです。アタリはこの1回限りで昼を迎え昼食タイム。

午後からはまだマキエが殆ど残っているため、フカセに専念します。まだサヨリは居るものの、午前中よりかは少し数が減っています。ただ、オセンが急に元気になり沖にどんどん出る様になります。オセンを避けるためあっちこっちに投点を変えますが、仕掛けが通るとサヨリが釣れてしまいます。ただ、沖で釣れるサヨリは型が良く、これはこれでお土産としてキープします。

13時半になり、そろそろ終盤。お土産はそこそこ確保は出来ていますが、この日のメインはあくまでグレ狙い。このままではまさかのボウズを喰らってしまいます。意地を見せたい所ですが、アジュールと違う状況に知恵が浮かばず一向にグレは掛かってくれません。一方、せきやんさんは終了間際に連チャンモードに。私の狙う更に沖を狙っている様で、私もならって大遠投。すると、ここから一気に連続ヒット。何とか7枚を釣って全日程を終了です。

色々とやり過ぎて兎に角慌ただしい1日でしたが、何とかお土産は確保出来ました。カタクチ70匹、サヨリ2匹、小アジ5匹、グレ1匹、ツバス1匹、五目お土産達成です。

DSCF4653.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜27p 7尾、ツバス42p 1尾
■ タックル (フカセ)■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、M-0 ガン玉:無し、G6 タナ:1〜2ヒロ
■ タックル (ノマセ)■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号
ウキ:M-2B ガン玉:B タナ:2〜3ヒロ
■ エサ(フカセ) ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2s+ヌカ3.5s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 11:45| 釣り

2021年11月30日

アジュール舞子K

先日の大サバ釣行から一夜明けての強行グレ狙い。疲れが取れておらず、朝も寝坊して現地到着は午前8時。たまたま先に来ていたせきやんさんの隣が空いていたので、入れて頂き8時過ぎにスタート。

DSCF4543.JPG

この日は午前中が東流ですが、長潮のため流速は穏やかです。そのためいつもの当て潮もさほどきつく無く、オセンも結構沖にまで出て行きます。オセンの先に一瞬グレは出ますが型が小さい様なので、まずは遠投で狙うとすぐに1枚目がヒット。その後もコンスタントにグレが掛かり、開始1時間で2ケタ達成。その間、33、31pの良型も出ます。

DSCF4544.JPG

しかし、調子が良かったのは序盤だけ。潮が緩み出すと遠投では全く喰わなくなり、徐々に投点を手前に変えて行きます。これで単発でグレは拾えるのですが、浅ダナでは25p前後しか掛かりません。試しに仕掛けを深く入れても、たまにチャリコが釣れるだけでサシエは残りっぱなしです。隣のせきやんさんも深ダナを探って、チヌやアイゴを釣って楽しんでいます。

午後からは潮が殆ど動かなくなると、竿2〜3本先に木っ端が湧き出します。暇潰しに矢引でこれを狙いますが、全くサシエに見向きもしません。ハリスを落としたり、小針に変えたりむき身を使っても、殆ど効果無く、最後は疲れ果てて14時にギブアップです。

この日はお昼前から潮が緩み出すと同時に、沖にサヨリの大群が押し寄せ、更にそのサヨリの群れが時々水面を飛び跳ねていたので青物も回っていたのかもしれません。潮が動かない上にこの様な状況からグレも沖に出なくなったものと予想されます。

いつものことながら釣り易いと釣果↓、釣り難い状況だと釣果↑と言う感じです。いつ来てもほんとに厄介な釣り場です。

DSCF4546.JPG

今回は冷凍庫に大量のサバが眠っているため、グレは30pUPの2枚のみ持ち帰りです。

DSCF4552.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜33p 16尾(30pUP 2尾)
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号→1号 針:グレ3号
ウキ:M、L-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2.5s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 13:27| 釣り

2021年11月28日

極寒のサバ狙い

先日、TFCのせきやんさんからサバ狙いのお誘い。寒さに弱い私ですが、この時期でもサバが釣れるのかを確かめたい気持ちもあり、悩んだ挙句にOKサイン。ただ、いつもの朝まで粘ってアオリ、青物も狙う欲張り釣行では無く、大サバだけを狙う短時間勝負です。

釣り場はいつもの大波止。21時スタートです。土曜日と言うのに他に釣り人は2人ほど。寒さのせいか、釣れていないのか若干不安になりながら第1投。すると、その心配はすぐに吹き飛びます。開始5分、1本目がヒット。

DSCF4538.JPG

その後もアタリは止まることなく怒涛のサバラッシュです。しかし、時間が経つに連れサイズが徐々にダウン。後半は25p前後が連続7本ヒット(全てリリース)で時合いは23時半頃に終了です。その後、小アジやなぜかフグが多くなりギブアップ。何とか良型のアジを1匹追加して24時過ぎに納竿です。

DSCF4540.JPG

水温は17℃台まで落ちて来ましたが、まだまだサバは回遊しています。ただ、以前と違って釣れる時間が短くなっている様に感じます。
まだ1〜2週間位は釣れそうな感じですが、問題は寒さです。当日も手がかじかんで針も結べず、魚を捌くのも往生しました。結構厚着で行ったのですが、夜の冬の海は風が冷たいです。
昼間にサバが釣れれば楽なんですけどね。

■ 釣果 ■
サバ 24p〜38p 17尾(内33p以上8本キープ)、アジ 26p 1尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ2号
ウキ:電気5B タナ:1ヒロ
■ エサ ■
オキアミ
posted by tarumit at 23:31| 釣り