2014年01月24日

妻鹿でまたも撃沈

またまたしつこくも妻鹿に行って来ました。今回も同行者はTFCのせきやんさん。気温も高く、風も無いとのことで、平日にもかかわらず満員御礼状態。しかし、早めに家を出たお陰で、何とか先頭集団に入ることが出来、ほぼ希望の場所に釣座を確保出来ました。北隅から釣り仲間のEさん、次のその友達、3番目に黒闘会のT君、4番目に私、その横にせきやんさんが入り7時スタート。潮は比較的穏やかなので、ウキ00全遊動で竿2〜3本先を探って行きます。2投目、幸先良くチヌがヒットしましたが、25pほどの小型だったので即リリース。その後、また同じ場所で同サイズがヒット。暫くして潮が走り出したのでウキを2Bに変更して3.5ヒロのタナで流してまたも同サイズを2枚追加。開始1時間で4枚をゲットしましたが、未だキーパーはゼロ。「前回のこともあるし、まあこのペースならいずれ良型が来るだろう」と高をくくっていたのですが、ここから試練が始ります。

001.JPG

先ほどまでの活性が嘘の様に、突然アタリが止まってしまいます。流れも更にきつくなり仕掛けも全く落ち着きません。前回同様、複雑で速い潮の流れでオマツリも頻繁に起きてしまいます。そうこうしているうちにお昼の迎えの船がやって来て、少し余裕が出来たのですが、それでもチヌが釣れる気配は全くありません。いずれ流れも穏やかになると期待していたのですが、緩むどころか速くなる一方です。こうなると釣れるのは潮下でエサが溜まる北隅のテトラ際だけです。流れの終点になるため仕掛けも落ち着き易く、頻繁に竿が曲がっています。4番手、5番手に入った我々はそこまで仕掛けが流せないため、単なるマキエ係でしかありません。負けず嫌いで、最後まで諦めないのが私の信条ですが、さすがに今日はお手上げ状態です。もう納竿にしようと思った時、何と潮上のせきやんさんの竿が大きく曲がっているではありませんか。

002.JPG

際を徹底的に攻めて、とうとう念願のチヌを掛けられました。一旦は諦めた私でしたが、これを見て再び気合いを入れ直してチャレンジしますが、やはりダメ。結局、開始早々にミニチヌを4枚釣った後はノーフィッシュ。まともに釣りが出来たのは最初の2時間ほどで、後はやっつけ仕事的な1日でした。
ここ最近、チヌの釣果は上向きだったのですが、この日は最悪でボウズの人も結構居ました。ただ、南側では終始当て潮で、エサの溜まるテトラ際を狙い、10枚近く釣っていた人も居ました。前回、折角リベンジ達成で、意気揚々で臨んだ釣行でしたが、見事返り打ちに遭ってしまいました。本当に疲れました。

■ 釣果 ■
チヌ25〜28cm 4尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:チヌ2号 ウキ:M-00、L-000、M-2B
タナ:3〜4ヒロ サシエ:オキアミ マキエ:オキアミ1.5kg+集魚剤1.5袋+ヌカ6kg
posted by tarumit at 21:27| 釣り