2022年11月18日

アオリ自己記録更新!

昨日はなかなか仕事が片付かず、ようやく終わったのが午前3時。その後、目が冴えてなかなか寝付けず、ならばと急遽釣行を決意。と言うことで前回に引き続き、単独で垂水西へノマセ釣りに行って来ました。

エサの小アジは西波止で確保して、今回も真っ暗な午前5時より開始。

DSCF5839.JPG

現地では今回もTFCのヤートさんと遭遇。ヤートさんが向かう5番はまだゲートが開かずに中に入れないため、暫く私の釣りを見学。すると1投目からアオリのアタリ。見られていると緊張するわけではありませんが、合わせ損ないでノーヒット。その後、再び同じ場所でアタリますが、今度は待ちすぎて上手く乗らずに素針。結局、暗いうちはアタリは2回のみで朝を迎えます。

6時過ぎ、再びアオリのアタリがあり、今度は一発でフッキング成功。

DSCF5840.JPG

その5分後、再び同じ場所で連チャンです。

DSCF5842.JPG

私の垂水での自己記録を上回る27pの良型。これで、先ほどのミスを挽回です。

その後、アタリが遠のいたため、狙いを一文字との水道へ変更。潮は東へ流れていますが、それほど速くはありません。西南側に遠投して仕掛けを潮に任せて流しているといきなり青物がヒット。しかし、やり取りの際に際を走られ、ケーソンの角にラインが擦れて痛恨のバラシ。これを最後にアタリはピタリと無くなります。

諦めの悪い私は、バラシた青物が悔しくて、なかなか終わることが出来ません(いつものことですが...)。何でもいいからあと1尾釣ったら帰ると心に決めて粘りますが、思い通りには行きません。気が付けば午前11時。もう限界かと思い、置き竿にしながら片付けに入ります。

10分ほど放置していた時、ふと竿に目をやると、何となく穂先が変な動きをしています。海を見てもウキの姿はありません。半信半疑でアワセを入れると何やら魚がヒット。青物の様に走ることはありませんが、重量感だけはあります。で、上がって来たのは久々のハネです。

DSCF5849.JPG

その後、暫く続けましたが、全く反応が無くなりお昼前に納竿です。

青物、アオリ共に終盤を迎えましたが、小アジが確保出来る限りは狙ってみたいと思います。

DSCF5851.JPG

DSCF5847.JPG

■ 釣果 ■
ハネ 62p 1尾、アオリイカ 21〜27p 2杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:真鯛9号+掛け針
ウキ:円錐2号 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 20:09| 釣り