2022年10月04日

明石港で釣り三昧

私にとって、1年で一番忙しい季節がやって来ました。勿論、釣りの話ですが、秋は狙う魚が多く、欲張りな私はターゲットを絞り切れずに色々とやってしまいます。ノマセを筆頭に、エギング、サビキ、フカセとどれも外せません。ただ、今年は7月頃から両肩がいわゆる五十肩になり、特に左肩は全く肩が上がりません。右肩も肘を腰に当てながらなら竿は振れますが、魚とのやり取りには苦痛が伴います。そこで厄介なのがフェンスです。杓を左手で振る私は、今は下からで無いと振れず、フェンスのあるアジュールや大蔵海岸ではフカセが出来ません。そんな中、サトシF君がノマセ、フカセをフェンスの無い明石の波止でするとのことで同行させてもらいました。

場所取りのため、現地には午前3時過ぎに到着。目当ての波止先端を陣取り、まずはノマセ用のエサを確保するため、サビキ釣りを開始します。予報とは違い、爆風が吹く中ラインが取られて苦戦しますが、何とか1時間ほどを掛けて30匹ほどの小アジを確保します。まだ夜明けまで時間があるため、暇潰しでエギングを行いますが、兎に角風が強くて早々に断念。適当に時間を潰し、満を持して5時30分にノマセ開始です。

DSCF5708.JPG

この頃になると風も弱まり、流れも穏やかです。まずは掛け針を付けてアオリを狙います。開始15分、幸先良く胴長16pがヒット。

DSCF5710.JPG

続けて15p。

DSCF5712.JPG

ここで一旦アタリが止まり、狙いを青物に変更します。仕掛けを沖に投入して暫くするとウキが一気に消し込み、同時にリールからラインがどんどん出て行きます。30秒ほど待って、竿先に魚の重みを感じた瞬間にアワセを入れますが空振り。仕掛けを回収すると針上の所でスパッと切れています。青物では無くサゴシかタチウオかと思われます。その後はアタリ無く沈黙が続きます。

9時半頃になり、サトシF君がフカセを始めるとのことで、暫く様子を見させてもらいます。15p前後の木っ端が続いた後に徐々にサイズアップ。25p前後が3枚釣れた時点で私もフカセにチェンジします。潮が横に走るため、波止先端からは2人で狙えないため、私のみテトラ側へ移動します。際にはオセン、竿2本先は木っ端の群れ、更に先は小アジだらけと言った状況ですが、アジが出ない所ではたまにコマシなサイズのグレが出ている様です。ただ、そのタイミングが難しく、ノーコンのアンダースローではなかなか思う様に攻め切れません。ミスショットの連発ですが、たまにコントロールとタイミングがピタっと合えばキープサイズが釣れてくれます。

DSCF5713.JPG

後半はどこを釣ってもアジだらけとなり、フカセは3時間ほどで終了します。潮はまだ走っていますが、まだ「青物を釣る」と言うミッションはクリアしていないため、再びノマセを再開しますがやはり無反応。朝が早かったのと、色々やり過ぎて疲労困憊でとうとうギブアップ。14時に完全終了とします。

久々にフカセをやりましたが、やはり思い通りに体が動きません。実は週末にグレの大会があるのですがかなり不安です。
今年は欲張らずにターゲットを青物に絞り、大人しくしておきます。

DSCF5717.JPG

■ 釣果 ■
グレ 25〜29p 4尾、アオリイカ15〜16p 2杯
■ タックル (フカセ)■
竿:1号5m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:1ヒロ前後
■ タックル (ノマセ)■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:円錐2号 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ(フカセ) ■
マキエ:オキアミ1s+パン粉2s+ヌカ3s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 16:46| 釣り