2022年09月28日

垂水西で青物炸裂!

27日、この時期恒例の青物狙いに垂水西3番へ行って来ました。今回の同行者は私同様、ノマセ釣り大好きなサトシF君です。いつもの如く、現地到着後すぐにサビキでエサとなる小アジの確保です。この日は小アジの群れがいつもより多く、試しにタモで掬ってみると...

DSCF5698.JPG

この様に一度で大量に捕獲出来ます。お陰で10分ほどで50匹以上をキープ。午前6時頃よりノマセ釣り開始です。朝一のまだ薄暗い時間帯はとりあえずタナを深くして、掛け針を装着して、アオリ、青物の同時狙いです。暫くすると先端に入っていた常連さんがエレベータ仕掛けでいきなりヒット。しかし、これは残念ながらライン切れでバラシ。続けて今度は私もヒット。しかしこれもラインブレイク。この日は早朝の時合いで良型が回遊している様です。仕掛けをハリス2号から3号に変更。掛け針を外して青物1本に的を絞ります。

その20分後、再び目の覚める様なアタリ。またも良型で、私のタックルでは獲れるかどうかギリギリのサイズ感です。10分ほど時間を掛け、魚を何とか弱らせ無事ランディング成功。

DSCF5696.JPG

久々の60pUPです。持参したクーラーボックスが小さいため、お土産はこれ1本で十分です。とは言え、まだ時刻は6時半。サトシF君にまだ釣果が無いため、暇つぶしで再び掛け針を装着してアオリ狙いに専念します。その後、西向きの流れが走り出し、青物の時合いは終了。私もまぐれでアオリが1杯だけ釣れましたが、その後は沈黙の時間が続きます。

時刻は午前8時30分。本流は西向き最強潮流を迎えます。いつもならこの辺りで終了のタイミングですが、2人とも当日午前中は時間が取れるため、次の転流(潮止まり)に再び時合いが来ると見込んで延長戦に入ります。

間もなく潮止まりを迎える11時頃、ようやくサトシF君に待望のアタリ。大物用で臨んだハードタックルでは相手不足だった様ですが、何とか念願の1本を仕留めます。

DSCF5700.JPG

このサイズは群れで入ることが多いため、その後30分ほど粘りますが、お互いアタリ無く11時半頃に終了です。

9月に入ってから、西向きに潮が流れると大阪湾からの濁りが入り、どうも青物が嫌がっている感じがします。ひどい日は海が少し茶色掛かったモスグリーンに変わります。西3番は東流になると釣り難いですが、潮が澄んで来るので、青物の期待度は高まります。

■ 釣果 ■
ハマチ 65p 1尾、アオリイカ 16p 1杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号
ウキ:円錐2号 タナ:3.5〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 10:43| 釣り