2020年11月07日

泳がせVSエギング

最近の釣りはフカセと泳がせのダブルヘッダーが多く、お陰で道具やエサの準備も大変で、釣り時間も長くなり、結構体力的にもきつい釣行が続いていました。そんなわけで昨日は手軽に出来る泳がせ1本に絞って、せきやんさん、サトシF君と共に垂水西3番へ行って来ました。
現地到着は午前5時前。泳がせ釣り1本とは言え、エサの小アジは釣らないといけないため、暗いうちからサビキ開始です。やはり、最近は小アジの回遊が少なく大苦戦。何とか1時間ほど頑張って15匹ほどを確保。ちょうどその頃、朝焼けが綺麗でしたのでパチリ。

DSCF3336.JPG

この日3番には、私、サトシF君が泳がせ釣り、他にせきやんさんを含む3人がエギングでアオリ狙い。ただでさえ数が少なくなったアオリを5人で狙うわけですから、ある意味アオリの争奪戦です。

DSCF3339.JPG

我先にと気合を入れて臨みますが、この日調子が良かったのはエギング組。先に全員安打を達成されてしまいます。しかもせきやんさんは既に3杯をゲット。私はと言うとアタリはあるものの、上手く合わし切れずに素針を2連発。そんな中、アオリのエサ釣り初挑戦のサトシF君が初ヒット。私も少し遅れてようやく1杯目がヒットします。

DSCF3341.JPG

その後も単発ではありますが何とか2杯を追加して少休止。サトシF君が準備してきたコンロを使ってお湯を沸かし、カップ麺を朝からほうばります。再開後は日も昇りアタリは皆無。時刻も昼を過ぎ、とうとうラスト1投。するとやはり今回もドラマが起きます。西へ流れる本流筋の脇を流して行くと久々のアタリ。ラインもどんどん出るため青物だと期待したのですが、掛かったのは50pほどのハネ。ちょっと残念な気持ちで寄せに掛かり、最後のタモ入れの瞬間、その魚体に違和感を感じます。細い頭部に体高のある魚体、いつも見ているハネとは明らかに違います。それは最近淡路や垂水一文字でも度々釣れるヒラスズキと確信。ここでようやく慎重になりますが、ぎりぎりの所でアオリ用の掛け針が伸びて無念のバラシです。ここでエサの小アジも無くなり終了です。

アオリシーズンも終盤に差し掛かり、釣果にムラがありますが、やはり早朝はまだまだ期待が出来そうです。釣果ゼロになるまで、もうちょっと粘ってみたいと思います。

■ 釣果 ■
アオリイカ 13〜17p 3杯
■ タックル■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 19:20| 釣り