2020年10月26日

須磨浦山上遊園

昨日の日曜日は、久々に日本海に磯釣りに行く予定だったのですが、波が高く磯止めに。折角の休日、チビも野球の練習が午前中のみとのことで、午後からチビの足腰トレーニングを兼ねて須磨の鉢伏山へ。とは言え、突然の山登りは老体の私には無理なので、とりあえず頂上まではズルをします。

まずはロープウェイ。これで一気に山頂付近まで運んでもらいます。

DSCF3260.JPG

次はカーレーター。ベルトコンベアを使って人を運ぶ乗り物です。何を隠そう、世界で現存する唯一の乗り物です。昭和の匂いがプンプン匂ってきます。

DSCF3262.JPG

カーレーターを降りるともうそこが山頂です。因みにここまで殆ど歩いておりません。

DSCF3289.JPG

頂上展望台からの眺めです。この日は晴天で遠く友が島まで見渡せました。

DSCF3270.JPG

ようやくここからが本番です。鉢伏山から旗振山を越えて噴水ランドまで早歩き。

DSCF3283.JPG

噴水ランドで休憩して再び鉢伏山まで登ります。そして最後はカーレーター、ロープウェイは乗らず、舗装された登山道を小走りで駆け下りて行きます。麓に到着後、今度は須磨浦公園の松林で暗くなるまでキャッチボールをして終了です。

学生の頃、この程度の山でしたら30s以上の荷物を担いでも、散歩の様な感覚で登れました。それが今では殆ど下り道を荷物無しで歩いただけで筋肉痛です。チビに偉そうに言う前に自分が鍛えないといけませんね。
posted by tarumit at 22:45| キャンプ・アウトドア