2020年10月07日

垂水東でアオリ狙い第2弾

飽きもせず、またまた昨日早起きしてTFCメンバー2人と垂水大波止へ行って来ました。到着後すぐにエギングを開始しますが、やはり今回も反応が無いため早々に見切り、明るくなる前から泳がせ用の小アジ確保に精を出します。3、40匹ほどを確保して夜明けと同時に泳がせ釣りスタート。

DSCF3222.JPG

平日と言うことで釣り人が少ない上に潮も緩く釣れそうな雰囲気です。がしかし、期待とは裏腹に3人とも一向にアタリはありません。しびれを切らし、私のみテトラへ移動。すると1投目でようやく1杯目をゲットです。

DSCF3225.JPG

しかし、間も無くして潮が走り出し、テトラでは根掛連発で敢え無く退散。再び元の場所に戻りますが、やはり潮が速く苦戦が続きます。それでも何とか潮の緩い場所やヨレを見つけて、単発でアオリを掛け、10時半頃にはこの日最大の19.5pを捕獲します。

DSCF3227.JPG

ここでエサのアジも残り1匹。ラスト1投で6杯目を狙います。暫くするとウキにアジが逃げ回る様な反応が出ます。しかし、一向にウキが完全に入ることはありません。ここで少し仕掛けを上げて誘いを入れると一気にウキが消し込みます。何とここで青物がヒットです。手応えからしてメジロ級ではありませんが、そこそこの型です。数分掛けて慎重に寄せてようやくウキが海面から頭を出した瞬間、ここで無念のライン切れ。呆気に取られて茫然、残念な幕切れとなりました。

今回、アオリのアタリは計9回。5回は獲れましたが、2回は掛けた後に針ハズレ、2回は空振りでした。半日粘ってもアタリは数回と根気のいる釣りですが、エギングでは釣れる自信が無いので、晩秋まではこの釣り方でアオリを狙って行こうと思います。

■ 釣果 ■
アオリイカ 12〜19.5p 5杯
■ タックル■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号+掛け針
ウキ:2号 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 08:26| 釣り