2020年07月13日

垂水西5番でリベンジ

昨日は久々に雨も止み、前回のリベンジに行って来ました。現地には午前4時半過ぎに到着、すぐにプール内でサビキをして豆アジ、小サバを10匹ほど確保。5時半頃にTFCのせきやんさん、蔵之臣君とその友達と合流して、西5番へ移動、午前6時より飲ませ開始です。

DSC_0144.JPG

長雨の影響で海は濁り気味ですが、潮が穏やかなので釣り易いです。ただ、オセンはおろかグレの姿も見えず、フカセ組は苦戦続き、私もその様子を見てやはり水潮の影響が大きいと見て青物への期待へは徐々に無くなって行きます。しかし、1時間ほど経過した頃、ようやく2人がグレをヒットさせ、私もとうとう青物狙いをギブアップ、8時前にフカセに変更です。しかし、「二兎を追う者は一兎をも得ず」でグレも釣れてくれません。2人もその後さっぱりで全く釣れる気配がありません。潮も止まり早々に諦めモードです。

サシエも取られることは殆ど無く、フカセも1時間ほどで断念。早々に心が折れ、再び置き竿で飲ませ釣りを再開します。潮が殆ど動かないので、仕掛けもほったらかしなので、体力的には楽な釣りです。30分位経った時でしょうか、比較的際近くを流していたウキが徐々に海中に沈んで行きます。「エサの小サバが元気なのかな?」とそのまま放置していると、ラインがリールのベールからどんどん出て行きます。慌てて竿を取り、その瞬間を待ちます。滅多に無いアタリを空振りさせるわけには行きません。完全に飲み込むまで1分近く待ち、ここで大アワセ。「静」から「動」へ変わります。飲ませ釣りはこの瞬間がたまりません。

DSC_0146.JPG

数分掛けて取り込んだのは61pのハマチ。ようやく本命ゲットです。このサイズなら2本は要らないので、ここで飲ませは終了、9時過ぎに再びフカセでグレを狙います。すると数投目、これまた本命がヒットです。

DSC_0148.JPG

「二兎を追うものは二兎共得る」です。これで調子に乗りたかった所ですが、西流が始まると茶色い潮が入り海は濁流に変わります。更に大量の浮遊ゴミが漂い続行不能になります。ゴミが無い瞬間を狙い、何度か試しますが、汚れた潮のせいでオセンも完全に消え、サシエが取られることがありません。マキエも大量に余っているので、使い切りたいために無理矢理撒いて続けますが、あまりの反応の無さに頭の中に「グレを釣る」と言う目的は完全に消え失せてしまいます。お昼過ぎまで粘りましたがここで限界を感じギブアップ。その後、暇潰しに再開したサビキでは豆アジが鈴なりで、60匹ほどキープして終了です。

「最後、最後」と何度も宣言した今シーズン前半のフカセ釣り。今回、家にあるエサをかき集めて何とか1日分を準備し、「本当に最後」と自分に言い聞かせて臨んだ昨日の釣りですが、マキエも大量にあまり、もう一度行かなくてならなくなりました。早く飲ませ釣りに専念したい今日この頃です。

■ 釣果 ■
ハマチ 61p、グレ 26p 1尾

■ タックル (飲ませ)■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号
ウキ:5B タナ:3〜4ヒロ
■ エサ(飲ませ) ■
サシエ:豆アジ、小サバ

■ タックル (フカセ)■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号、0.8号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:2〜3ヒロ
■ エサ(フカセ) ■
マキエ:パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 12:42| 釣り