2020年06月13日

アジュール舞子(4回目)

この日を待っていました。連日通うアジュール舞子ですが、毎日大量のエサが入り、常に満腹状態のグレはサシエに見向きもしません。梅雨に入り釣り人も減り、エサの供給が一旦途絶えればその後は喰うと読んでいました。そしてその日が昨日ようやく到来したわけです。

現地到着は午前5時。生憎の小雨で釣り人はまばらです。雨が止むまで朝食を取りながら暫く待機。殆ど雨ツブを感じられなくなった6時半頃にスタートです。

DSCF2784.JPG

唯一の心配事であった小サバは既に海面で待機中です。1投目、早速小サバがサシエを引っ張って行く姿を見てすぐ様タナを深くします。遠投で2ヒロから探って行くと早速良型がヒット。

DSCF2785.JPG

早々に30pUPをゲットです。続いて3投目も30pジャストをゲットし、爆釣が期待されたのですがここからペースダウン。マキエが効き出すと小サバも勢いが増し、なかなかサシエを通すことが出来なくなります。ただ、ボラの群れの中には小サバが入って来れない様子なので、ボラの包囲網を利用して単発でグレを拾って行きます。順調に釣果は伸びていましたが、10時半頃になり潮が緩み出すと一気にペースダウン。ここから何度も休憩を挟みながら潮が動くのを待ちます。

昼食後、ようやく潮が動き出し再開。開始早々、グレは連チャンモードに入りますが、徐々に小サバの群れが大きくなると全くサシエが通らなくなります。小サバの入らない南向きの激流の中を狙ったり、遠投で深ダナを探ったりと手を変え品を変え試しますが殆ど効果無く15時過ぎにエサ切れで終了です。

その後、キープした6枚のグレの腹を裂いてみたのですが、30pクラスはどれも殆ど胃の中は空っぽでした。30p以下も1枚はマキエで満たされていましたが、その他は腹3〜5分程度でした。アタリもいつものマーカーで合わせる繊細なものでは無く、ほぼ全てウキが入る様なはっきりとしたものでした。やはり僅か2日ほどですが、エサが入らない日の後は喰いが立つ様です。ただ問題は小サバです。サシエをパン粉ダンゴに変えても普通に喰って来ます。あまり効果な対処法が無いだけに、今後は更に苦戦させられると思います。

DSCF2788.JPG

DSCF2794.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜31p 36尾(30pUP3尾)
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ4s
サシエ:オキアミS、M
posted by tarumit at 10:30| 釣り