2020年06月07日

淡路・志筑新島

コロナの影響で立ち入りが規制されていた淡路の各港も、6月に入り一部が解除されました。そこで、早速TFCメンバーと共に、志筑新島、通称「イオン裏」へ行って来ました。

久々のイオン裏、ワクワクでテンションMAXの中、7時にスタートです。

DSCF2764.JPG

開始早々から潮は北向きに走り、オセンも久々のエサに超元気で苦戦が予想されましたが、1投目から竿をひったくるアタリ。釣れたのは25pほどのツバスです。

DSCF2765.JPG

マキエが効き出すと周辺はオセンで真っ黒。沖にもどんどん出て行きます。こうなると中途半端な遠投では避け切れず、全力で大遠投。すると、タナ3ヒロ前後で待望のグレがヒットです。

DSCF2766.JPG

開始30分でいきなりの30pUPです。その後はアジが回り出しサシエが通らなくなります。浅ダナでも喰って来るのでかなり厄介です。手前には大量のオセン、沖にはアジと狙うポイントが難しく、オセンの群れの少し先を狙うパターンで単発でグレを拾って行きます。それでもなかなかリズムに乗れず、一旦アジの群れを消すために早めの昼食タイムに入ります。

1時間ほど休んで12時30分に再開です。アジも消え、立て続けにグレがヒットしますが、やはり1時間もするとアジが邪魔し始めます。その後、リリースサイズを数枚追加しますが、最後まで上手く攻めきれず、エサ切れで16時過ぎに終了です。

後片付けを終え、暫くせきやんさんの釣りを眺めているとここへ来て良型連発です。

DSCF2767.JPG

結局、33pを頭に良型を3枚仕留められました。やはり釣りは粘りが大切ですね。

結局、この日は3人で15枚ほどしか釣れませんでしたが、30pUPが4枚混じりましたので、それなりに楽しめたと思います。ただ、今後は更にアジも増えて来ると思いますので、グレ狙いは徐々に厳しくなるのではないでしょうか。

DSCF2772.JPG

■ 釣果 ■
グレ 25〜31.5p 6尾(30pUP 2尾)
アジ 18〜20p 15尾、ツバス 25p 1尾
■ タックル ■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ号
ウキ:L-00 ガン玉:無し タナ:1〜3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉4s+ヌカ6s
サシエ:オキアミM
posted by tarumit at 23:46| 釣り