2020年06月04日

アジュール舞子(3回目)

次回釣行は梅雨入り後と決めていたのですが、前回の釣果がどうも納得が行かず、梅雨を待たずにせきやんさんと行って来ました。午前5時に現地に到着しますが、既にいつもの場所は常連さんでいっぱいです。1人だけ入れるスペースをせきやんさんに譲り、ガラ空きの南向きに釣座を構え6時頃にスタート。

DSCF2713.JPG

潮はいきなり走っていますが、他に釣り人が居ないため流し放題です。しかし、30分ほど粘ってもグレはおろか、サシエも全く取られません。更に潮が飛び、続行不能となりますが、ちょうどそのタイミングで西向き角が空いたので釣り座移動です。

DSCF2715.JPG

西流の引かれ潮が発生し、かなり複雑な流れになっていますが、さすがにここにはグレが居ます。ただ、やはりこの日も喰いは渋く、釣れるものの連発はしません。8時を過ぎて転流すると今度は強烈な当て潮でまたまた続行不能です。特に角付近はまともに本流の流れを受けるので、幾ら遠投しても数秒で足元まで仕掛けが流れてしまいます。そこで再び釣座移動。潮が緩むまで北寄りのワンド奥方向で竿を出します。さすがにここではあまり本流の影響を受けずに釣り易いのですが、グレはたまにしか浮いて来ません。それでもお隣さんが撒いたマキエにグレが集まったタイミングで、多めのマキエを打ち、「横取り釣法」で数枚追加します。

お昼前になり、ようやく潮が落ち着き始めたのを機に再び角へ移動です。もうこの時間になるとグレも殆どサシエを喰いません。遠投で喰い気のあるグレを沖に走らせ、ラインを張って穂先でアタリを取る戦法で何とか1枚1枚拾って行きますが、アワセが甘いせいもあり、掛けても針ハズレが続き、なかなか目標の20枚には届きません。またこの日はこの後に別用があるため早めに終了せざるを得ず、またまた消化不良のまま納竿です。

この日のフカセ師は我々を含めて7人。皆がバッカン1杯のマキエを撒いて、これが毎日続けばさすがにグレも腹が減ることがありません。更にここはオセンも少なく、撒いたマキエの大半をグレが摂餌すると考えられるため、グレのサイズや数を考えても過剰なくらいエサが入っていると思われます。いつもほぼ満腹状態のグレを狙うわけですから、当然ながら食べ応えのあるオキアミには反応しないのは当然です。この日は偶々良型が出ましたが、やはり前回も申し上げた通り、エサの入らない日を作らないと、なかなか爆釣は出来ないでしょうね。

DSCF2718.JPG

■ 釣果 ■
グレ 20〜31p 13尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号、0.8号 針:グレ号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜2ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2s+ヌカ3.5s
サシエ:オキアミS、M
posted by tarumit at 00:50| 釣り