2019年11月17日

垂水西で飲ませ 第4弾

15日(金)もまたまた行って来ました。殆ど病気です。最近、エサのアジの確保が難しくなって来たため、早めに家を出て、鉄板ポイントの西波止へ向かいます。現地到着後、すぐにサビキを開始。しかし、1時間経っても肝心のアジは全く釣れません。「今日は諦めて帰ろう」と思っていると神の声が。近くで竿を出していた地元のおっちゃんが、「アジが要るならあげるよ」とのことで5匹を頂戴します。ほんとほんと感謝です。

そこから急いで西5番へ移動して角をキープ、ダメ元でサビキを開始します。すると奇跡的に夜明けまでに3匹を釣ることが出来、合計8匹のアジで青物狙いを開始。

1.JPG

6時20分、第1投目。すると仕掛け投入1分で本命がヒット。

2.JPG

幸先良く51pをゲット。その後、2投目、3投目も青物のアタリが有りますが、いずれも喰い込みか悪くフッキング失敗。4投目は今度はアオリのアタリ。フッキングも上手く行き21pをゲット。

3.JPG

ここまで開始30分、順調すぎて怖いくらいです。しかし、今日はこれで終わりません。5投目はアタリは出ませんでしたが6投目は青物がヒット。しかし、やり取りの最中に掛け針が根に掛かり痛恨のバラシ。ここから暫くアタリが遠のきますが、9時頃に再びアオリっぽいアタリ。十分待って合わせを入れフッキング成功。しかし、釣れたのは何とビッグサイズのチヌ。

4.JPG

このクラスになると、アジを丸呑みします。そして後片付けをしなからラスト1投。魚もさばき終え、そろそろ竿も仕舞おうかと思った瞬間、置き竿の穂先が大きく揺れ動きます。既に魚が掛かっている様で、慎重に寄せて浮かすと、この日4種目のハネが海面に姿を現します。

5.JPG

これで持ちエサは無くなり終了です。
結局、8匹のアジでアタリは7回、内4回取り込むことが出来ました。特に早朝は青物フィーバーとなりアタリが連発。すぐ近くで竿を出していた常連さんも65pほどのメジロを仕留められました。依然青物は激アツですが、時合いまでにアジが確保出来るか否かが肝ですね。

■ 釣果 ■
ハマチ 51p 1尾、アオリ 21p 1杯、チヌ 54p 1尾、ハネ 69p 1尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号 ウキ:2号
タナ:3.5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 00:00| 釣り