2019年11月13日

垂水東で飲ませ&フカセ

ちょっと行き過ぎの感はありますが、またまた昨日も釣りに行って来ました。釣れなかったらリベンジ、釣れたらまた行きたくなるの繰り返しでエンドレス状態です。夜は連日仕事が続いてますので、今月は殆ど寝ていない感じです。かと言って寝たいわけでも無く、仕事もデスクワークなので時節がら天気がいいと体を動かしたくなります。

そんなわけで昨日向かった先は垂水大波止。いつもの青物狙いです。ただ、今回は様子を見てフカセにもチャレンジしてみようと思います。

現地到着は午前5時半。到着後、最近不調のサビキでエサの確保です。明るくなるまで何とか8匹のアジをキープして6時20分に飲ませ釣り開始です。

DSCF2166.JPG

この日は大潮、早朝満潮、しかも西流と条件は全て揃っています。「これで釣れないわけが無い」と意気込みますが、潮が速過ぎてどうにもなりません。船も頻繁に通るため、長時間流すことも出来ず、仕掛けを回収する度にアジが弱って行きます。エサが少ない時は無理が出来ないため、暫くは潮の緩い際狙いに変更です。すると、早速アオリのアタリがありますが、アワセが上手く行かずに素針です。再度同じ所を狙うとすぐにまた乗って来ましたが、アジの頭だけかじられてフッキング失敗です。3度目の正直で再チャレンジ。またもすぐにアタリがあります。かなり貪欲なアオリです。「今度こそ!」と気合十分でアワセを入れるとようやくヒットです。しかし、重量感はあるもののアオリと引きが違います。

DSCF2167.JPG

釣れたのはまさかのヒラメ。アオリより嬉しい外道ですが、何か不思議な気分です。その後はアオリからの反応も無くなり、潮が緩み始めたのを機に沖狙いに変更します。しかし、アタリはさっぱりありません。アジも残り2匹となり、ここでフカセでグレ狙いにチェンジ。早速、マキエ、仕掛けの準備をして11時過ぎにケーソン角からスタートです。

マキエを撒くと際はオセンだらけ、その先にはグレが湧き、沖はサヨリが漂っています。きれいに3層に分かれている感じです。そんな状態ですから1投目からグレは入れ喰いです。

DSCF2169.JPG

ただ釣っても釣っても20pチョイの小型ばかりです。20p以下は居ないですが、23p以上も居ません。判で押した様に21、2pが連発します。暫くは楽しんで釣っていましたが、徐々に同じことの繰り返しで飽きて来ます。試しに遠投するとやはりサヨリが喰って来ます。

DSCF2170.JPG

サイズは30pチョイでしょうか。いいおかずになるので暫くはコイツを狙ってみます。その後、テトラ側に移動して再びグレ狙いに専念しますが、状況はケーソン側と同じです。沖にサヨリが居るため、遠近での釣り分けが出来ないため、グレの出る場所であれやこれやとパターンを変えて試しますが全く効果がありません。30尾を区切りにして一旦ここでフカセを中断、気分転換に飲ませを再開しますがやはり日中は厳しい様で無反応です。

お土産も十分確保出来ているので、ここで終了したいところではありますが、マキエがまだ残っています。持ち帰っても良かったのですが、帰りの荷物を減らしたいので、再び嫌々でグレ狙い再開です。やる気無し状態でもグレは幾らでも釣れます。終盤にようやく25pが釣れ、この日初めてキープしますが、その後はサイズアップが出来ず、ようやく待ちに待ったエサ切れとなり15時過ぎにフィニッシュです。

飲ませに関しては、やはりエサの確保が問題です。小アジも数が少ない上に16〜18pのサイズが混じるため使い辛いです。この日は私を含め4人が青物を狙ってましたが、全員釣果はありませんでした。
グレはアジュール同様湧いています。型さえ望まなければ、終日やって3ケタは可能では無いでしょうか。

DSCF2171.JPG

■ 釣果 ■
(飲ませ)ヒラメ 40p 1尾
(フカセ)グレ 20〜25p 59尾、サヨリ 29p〜33p 8匹
■ タックル ■
(飲ませ)竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号 ウキ:1.5号
タナ:3〜5ヒロ
(フカセ)竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し タナ:矢引〜2ヒロ
■ エサ(飲ませ)■
小アジ
■ エサ(フカセ)■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2s+ヌカ3s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 10:27| 釣り