2019年10月18日

垂水東で飲ませ 第5弾

先週末のリベンジ戦に単独で行って来ました。現地到着後、すぐにアジを掬い数分でエサを確保、5時50分第1投です。

DSCF2051.JPG

仕掛け投入後30秒、いきなりのアタリでアオリ18pをゲット!!

DSCF2048.JPG

ここまでの所要時間、波止に着いてからまだ10分ほどです。あまりの仕事の早さに、好釣果が期待されましたがその後はさっぱり。潮は西に激流となり、全く釣りになりません。すぐ両サイドに釣り人が居るため、長時間仕掛けを流すことも出来ずにフラストレーションが溜まるばかりです。転流が昼過ぎなので、そこまで待てないため早々に退散を考えますが、大波止は波止の形状や一文字との位置関係で、たまに予想外の流れになることがあるため、朝食を取りながら暫く様子見です。

8時頃、本流筋が少し沖を流れ始めた途端、大波止近くでは反転流やヨレが出来始めます。これなら何とか釣りが出来そうなので、再び4〜5ヒロのタナでアオリを狙います。しかし、今シーズンはこの時間帯に入るとさっぱりアオリが乗って来ません。ここでアオリを諦め、タナを3ヒロ、掛け針を外して青物狙いに専念します。

8時30分、待望のアタリです。前回の失敗があるため、完全に飲み込むまで待ちに待ちます。1分ほど待って渾身のアワセ。何とかフッキング成功です。今回はばらすことも無く、無事タモ入れ成功です。

DSCF2050.JPG

型は小ぶりですが、ようやく青物ゲットです。その30分後再びアタリが有り、フッキングも成功。しかし、ちょっと型が良く、なかなか際まで寄って来ません。痛めている右腕も徐々に力が無くなり、最後は耐えられずにラインブレイクです。

その後暫くは沈黙が続きますが、10時頃3回目のアタリです。

DSCF2052.JPG

今期最大の49pです。もう釣果としては十分満足ではありますが、過去5回連続青物ボウズのうっぷんが解消出来ていないため、まだまだ続けます。するとその後すぐに再びアタリです。

DSCF2053.JPG

またまたハネです。しかも今回はハネと言うよりセイゴクラス。過去に飲ませで釣った私の最小記録です。これを最後にアタリはピタリと無くなります。潮も徐々に緩み、釣り易くはなりましたが、こうなると釣れないいつものパターンです。ここで最後のあがきです。青物は諦め再びアオリを狙うべくテトラ側へ移動します。沖を狙っても全くアタリが無いため、タナを浅くして際を根掛り覚悟で狙います。すると、これまた一発でヒットです。

DSCF2055.JPG

続いてサイズダウン。

DSCF2057.JPG

これ以上釣るとさばくのが面倒なのでここでフィニッシュ。

この日は粘る、諦めるのタイミングが上手くかみ合い、期待以上の釣果に恵まれました。そろそろフカセもやりたい頃ですが、まだアジが掬える限りもうちょっとだけ続けたいと思います。

DSCF2058.JPG

■ 釣果 ■
アオリ 12〜19p 3杯、ツバス 42〜49p 3尾、ハネ 40p 1尾
■ タックル ■
(飲ませ)竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号 ウキ:1.5号
タナ:2.5〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 11:16| 釣り