2019年06月07日

垂水西5番(4回目)

今シーズン、なかなか調子の上がらない西5番へ、TFCのサトシF君と久々に様子を見に行って来ました。ここ最近、希望のポイントに入ることが出来なかったため、今回はいつもより早めの午前6時に到着。しかし、一番人気の角には投げ釣り師が既に竿を3本出して2人分のスペースを占拠、その横には常連さんが陣取り、残念ながら今回も少し西寄りからのスタートです。

DSC00010.JPG

水温も19℃台まで上がり、オセン、マイクロ木っ葉が大量に湧いており雰囲気はまずまずです。まずはウキ下を1ヒロにして、全遊動で3ヒロほどまで探って行きます。しかし、パターンにはめるべく、エサ取り達を何度も動かしますが、なかなかグレは出て来てくれません。開始2時間、ようやく1ヒロ前後の所に青白い影がチラホラ見える様になるとようやく本命ヒット。その後もグレはたまに浮いて来ますが、上下運動はせずにサシエをスルーします。10時を過ぎた辺りから、若干潮が動き出すと、多少グレの活性も上がり出しますが、それでもウキを消し込むほどのアタリは出ません。マーカーの動きをじっと見つめて、掛け合わせで狙って行きまいますが、年を追うごとに鈍って来た私の反射神経では上手く捉えきれず、素針も連発です。それでもたまたまもあって、何とか数枚を追加して行きます。
お昼を過ぎると干潮を迎え、潮も止まると完全にグレの姿が消えます。マキエ消化のため、暫く続けますがやはり反応無く、13時半エサ切れで終了です。

毎回そうですが、グレは浮いては来るのですが上下運動はしていません。エサを拾いに来ていると言う感じでは無く、粉だけ吸っていると言うか匂いにつられて漂っている様な雰囲気です。これから梅雨に入り、釣り人が減るとエサも少なくなるので、その後に喰いが立つ時期が来るのでは無いでしょうか。

DSC00013.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜30.5p 6尾(30pUP 1尾)
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し、G8
タナ:1〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:前回の余りエサ+オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ3s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 08:28| 釣り