2019年05月18日

垂水西5番(2回目)

初夏の陽気に誘われて、昨日は単独で行って来ました。平日にもかかわらず、釣り場は満員。入る所が無く右往左往していると、常連さんが場所を空けて下さり、何とか角から3番目に釣座を確保。準備を整え8時スタートです。

DSC00009.JPG

現地では既に来ていたTFCの秋グレさんに様子を伺うと、グレは全く浮かず、未だ誰もグレを釣って居ないとのこと。オセンも元気なので、まずはタナ2ヒロから少し沖を探って行きます。確かに反応は悪く、オセンの群れをはずすとサシエが残ります。広範囲にマキエを撒いても、オセンを散らすだけで、型のいいグレは姿を見せません。そんな中、隣の常連さんがファーストヒット。私も釣れたポイントに仕掛けを投入して、横取り釣法で1枚ゲット。その後も1枚追加して再び長い沈黙が続きます。その後、常連さんが1人参入。4人でグレを狙いますが、潮も西へ流れ出し状況は悪くなるばかり。休憩を何度も取り、潮が変わるのを待ちます。

お昼頃からようやく潮が変わり、期待度も高まりますが、一向にグレは浮いて来ません。忘れた頃にたまに深ダナで喰って来ますが、連発はありません。私もあまりの釣れなさに惰性で続けていると、後から来られた常連さんが大物をヒット。一瞬ボラかと思われたのですが、水面に姿を現したのはまさかの大グレ。ここには居ないと思っていたサイズです。

DSC00010.JPG

何と何と37p!!

DSC00015.JPG

これには驚きました。西5番の最長記録です。私も気合を入れて続けますが、1枚追加するのみで16時過ぎにエサ切れで終了です。

この日は4人でたったの9尾のみ。オセンの群れの中に15p前後の木っ葉は山ほど居ますが、その下に居るはずのキーパーサイズが見えません。オセンを沖に出してもグレは浮かず、遠投ではサシエが残り続けます。毎年そうですが、グレシーズン序盤は、日により爆釣したり全く釣れなかったりと釣果が安定しません。梅雨に入ると数は伸びて来ると思いますので、暫くは我慢ですね。

DSC00017.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜27p 3尾(30pUP 0尾)
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し、G8
タナ:2〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:前回の余りエサ+パン粉2s+ヌカ2s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 08:48| 釣り