2019年05月10日

淡路・仮屋

昨日は、TFCの3104k君からのお誘いで仮屋にグレ狙いに行って来ました。平日、曇天と言うことで釣人は殆ど居らず、取りあえず波止中央付近に2人並んで8時前にスタートです。

DSC00009.JPG

潮は左にゆっくり歩く程度に流れています。私がまだ準備中に早速3104k君が本命ヒット。私も急いで仕掛けをセット、沖20m付近を流して1投目で29pがヒットします。

DSC00011.JPG

幸先良いスタートで爆釣モードかと思われたのですが、その後は潮が走り全く反応が無くなります。チョイ遠投ではオセンをかわせず、ど遠投ではサシエが残ります。潮の流れが速すぎて、マキエとの同調も上手く行きません。しびれを切らした3104k君は波止先端へ移動、私も暫く粘りますが、9時半頃にギブアップ、以前に実績のある波止の曲がり角付近へ移動します。この場所も決して潮が緩いわけではありませんが、当て潮の後はテトラの際付近から左へ流れます。そのため、沖にマキエを打ってもオセンが勝手に際まで戻ってくれます。タイミング良く沖でグレが出てくれれば入れ喰いとなります。去年、このパターンでいい思いをさせてもらったので、同じ様に攻めてみると間も無くして良型がヒットします。グレは浮いてませんが、浅いタナまでに急浮上してくるグレが喰って来ている様です。ただ、喰い込みが悪く、ウキには全くと言っていいほど反応が出ないため、マーカーの動きでアワセを入れます。当て潮でラインの緩みもあるため、なかなか上手くアワセきれずに連発とまでは行きませんが、何とかお昼までに2ケタ釣果達成です。

お昼を迎え、休憩ついでに先端の3104k君の状況をチェック。グレはたまに見えるがオキアミには全く反応しないとのことで未だ釣果無し。そこで、今朝私が採って来たアオサを試すことに。すると、ここから爆釣モードに突入します。私も元に釣座に戻って再開しますが、潮の流れが変わり、全く釣れなくなります。14時頃まで粘りますが全く反応が無いため、ここからあちこちと釣り座移動。しかし、何処も潮が動かず全く気配がありません。最後は3104k君の居る先端横に入りますが、グレは浮いているものの、やはりオキアミには全く見向きもしません。ラストは私もアオサに変えとすぐに2枚連続ヒット。ここでエサ切れとなり17時頃に終了です。

結局、アオサに替えた3104k君は20枚以上を追加、私は前半オキアミで12枚、午後からはオキアミで0、アオサで2枚追加しただけでした。ようやくグレの活性も上がり、シーズン到来の感はありますが、まだまだアオサの方が喰いが良い様です。また近いうちにアオサで再挑戦したいと思います。

DSC00014.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜32p 1尾 (30pUP 3尾)
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00、L-00 ガン玉:G7、無し タナ:1m〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤1/5袋+パン粉5s+ヌカ5s
サシエ:オキアミ、アオサ
posted by tarumit at 10:31| 釣り