2019年04月14日

垂一でまさかの...

先週の垂一釣行で味をしめて、昨日もせきやんさんと行って来ました。今回も西側で降りて、前回よりやや東寄りに釣座を構えて7時30分にスタートです。

DSC00009.JPG

スタートから潮は東側に激流です。当日は小潮なので、潮はあまり動かないと読んでいたので意外です。ただ、前回はこの激流の方が良く釣れたので、逆に期待出来ます。しかもこの日は釣人が少なく流し放題です。まずは3.5ヒロで竿1〜2本先を流して行きます。しかしこの日はたまにサシエが取られる程度で、魚の反応はあまり良くありません。時期的に瀬戸内から潮が入ると水温が下がるので、そのせいかもしれません。

9時半頃から潮が緩み出すと、アタリが頻繁に出る様になります。際にもオセンが群れを成して出て来ます。ファーストヒットはベラ。

DSC00017.JPG

その後も釣れるのはベラばかり。たまに針も取られるのでフグも居ます。際狙いを諦め、沖を深ダナで狙ってもベラが真っ先に喰って来ます。サシエをオキアミ、エリエ、コーン、サナギと色々試しますが、全く効果がありません。小1時間で10匹ほど釣れた時点でギブアップです。潮が変わるまで小休止に入ります。

昼前より潮が西へ流れ出したのを機に再開です。やはり状況は同じで早々からベラが連発します。ここで仕掛けを替え、ダメ元で早朝に採取したアオサをエサにグレを狙ってみます。1時間ほど試してみますが、やはり時期が早い様で無反応です。再び仕掛けを戻し、オキアミで流して行きます。13時半頃、またまたベラの様なアタリをやる気無く合わせると、この日初めての重量感です。本命を期待しますが、その重量感とパワーに違和感を感じます。底は切れずに魚は沖に出て行きます。この時点で魚はコブだと思い、強引に魚を浮かせて行きます。すると、赤いはずの魚体が、日の光で反射してキラリと一瞬輝きます。「まさか巨チヌ?」そう思い、ここから慎重にやり取りを始めます。数分後ようやく水面に浮いたその魚を見て唖然。何とオキアミを喰って来たのは立派なスズキです。

その後は暫くはベラ、フグがたまに釣れる程度でさっぱり。14時過ぎからは今度は潮が西へ走り出し、ラストスパートを掛けますが、朝一同様サシエが残り始めます。結局、15時半まで粘りましたが、本命のアタリ無くまさかのボウズで終了です。

せきやんさんは後半に何とか1枚を釣られましたが、他もあまり釣れて居らず、2枚釣った人は居なかった様です。
前回と比べると、圧倒的にエサ取り、特にベラが増えてどんなサシエを使っても喰って来ます。私の腕ではこんな状況でチヌを釣ることが出来ません。ですので、次回からはグレ狙いい専念したいと思います。

DSC00018.JPG

■ 釣果 ■
スズキ 79p 1尾、ササノハベラ 10〜20p 20尾以上
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号
ウキ:M-3B ガン玉:2B+G4 タナ:3.5〜5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ6s+パン粉2s
サシエ:オキアミLL、ネリエ、コーン、サナギ
posted by tarumit at 12:10| 釣り