2019年03月17日

垂水東でチヌ狙い 第6弾

15日は午後から予定していた用事が急遽キャンセルになったため、昼から暇潰しにチヌ狙いに出掛けました。場所はいつもの福田川河口です。急な釣行のため、現地到着はちょっと遅めの12時半頃。すぐに準備に取り掛かり、13時過ぎにスタート。

DSC00020.JPG

この日は小潮で夕方に向けて下げの潮です。ちょうど釣り開始時より本流は西流で、夕方まで転流はありません。こう言う時は流れに変化が無く、比較的ゆるやかで期待が出来ます。まずは竿1〜2本先をタナ4ヒロ前後で流して行きます。暫くは前述通り、釣り易かったのですが、14時前より強烈な当て潮で、テトラ近くでは上流側に流れが変わります。そこに2枚潮が重なり予想外の流れです。暫くして、当て潮は若干収まりますが、チヌには不向きな上流側への流れに変わりはありません。エサ取りも多く、オキアミではもたないため、ネリエを交互に交えながら狙いますが、いくら粘っても本命のアタリはありません。いつもは釣れる15時前後になっても状況は変わらず、諦めモードが漂い始めます。

16時頃になると、南風も強まり状況は更に悪化。風で上潮が滑り、ラインが取られ根掛も多発します。たまに魚が釣れても外道ばかり。

DSC00023.JPG

こうなるともう消化試合です。陽も陰り寒さも増してあとはマキエを撒き終えることだけが残された作業です。平磯海つり公園の閉園を知らせる音楽「蛍の光」も流れ始め、私もここで同時に終了です。

ここで竿を置き...

暫く考え...

再び竿を持ち...

海を眺めます...

.........

何となく釣れそうな雰囲気です。

と言うのも、ちょうどこのタイミングで風が止み、しかも転流を過ぎてようやく潮が下流へ流れ始めます。一旦は止めるつもりだったのですが、もうちょっとだけ粘ることにします。ただ、残ったマキエは数投分しかありません。ここで一発勝負、タナを3ヒロちょっとに変えて、根掛り覚悟で際ぎりぎりを流して行きます。すると何と1投目で本命がヒット。小型ではありますが、嬉しい1枚です。

DSC00025.JPG

一応任務完了です。これで終わればいいのですが欲が出て、バッカンの隅に残ったマキエをかき集めてしつこく続けます。すると、またアタリです。

DSC00026.JPG

残念ながら願いは通じずミニガッシーです。そしてラスト1投。杓1杯のマキエで臨みましたが、あっけなく根掛りでジ・エンドです。ここで本当に終了です。随分延長したために慌てて後片付けに入ります。その間はダメ元で置き竿で仕掛けを流します。これはいつもの私の「クセ」です。ウキをチラチラ見ながらバッカンを洗うのが、お決まりのパターンです。勿論、これで釣れることは殆どありません。しかし、珍しくこの日は違います。3分ほどそのままの状態にしていると、根掛りの様に若干ウキがシモリます。タワシを持っている手を竿に持ち替え、暫く様子を見ているとウキがどんどん沈んで行きます。「マジ?」と思いながらアワセを入れるとまさかの本命ヒットです。タモにはさっき釣ったチヌが入ったままで慌てましたが、何とかランディング成功。まだ後ろ髪を引かれる思いでしたが、気が変わらない様にすぐに竿をたたんで、ここで完全に終了です。

これまでのデータを見ても、相対的に本流が東流の場合で、河口の流れが南(下流側)に流れると活性は上がる様です。エサ取りが多い日中は少し沖を深いタナで、夕方にかけてエサ取りが少なくなると際の浅ダナ狙いが有効だと思われます。
この日はたまたま最後の最後に潮が味方して、奇跡的に2枚釣ることが出来ました。こう言うことは稀ですが、やはり釣りは粘りが大切だと感じましたね。

DSC00030.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 33〜41p 2尾
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号
ウキ:M-B ガン玉:B±G7 タナ:3ヒロ〜4.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ5s+パン粉1s
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 00:25| 釣り