2019年03月03日

垂水東でチヌ狙い 第5弾

当初、週末は兵庫県北部にスキーに行く予定をしていたのですが、暖冬の影響で積雪は殆ど無く、敢え無く断念。そこでTFCのせきやんさんに連絡を入れると、土曜日はノリさんと釣に行くとのことでご一緒させて頂きました。出遅れたせいもあり、お昼前の到着時にはお目当ての釣座は埋まっています。仕方なく、超苦手な福田川河口、5番の角に入り12時過ぎにスタートです。

DSC00036.JPG

なぜに「超苦手」かと言うと、この角は潮の向きによって全く釣りにならないからです。この日も西流で、一旦正面に向かって当て潮で、際からテトラを巻く様に西側沖に流れて行きます。なので、根掛りが無い様、また仕掛けが沖に出ない様、流れを予想して仕掛けを投入しなければいけません。この日はまだ潮が飛んでいないだけマシではありますが、やり難いことには変わりません。マグレを期待して粘りますが、やはり何も釣れません。そんな中、上手側の釣り人が帰り仕度を始めたのを見て、私も釣りをストップ。その後、その場所に移動して13時半頃から再開します。

DSC00037.JPG

私の上手側、10mほど離れてせきやんさん、更に上手にノリさんと3人並んでワイワイやりながらの釣りです。既にお昼過ぎにノリさんがチヌを仕留めたとのことで気合を入れたいところですが、寂しがり屋の私は釣りよりも会話先行です。14時になり、ここでのゴールデンタイムに突入、ここからお喋りはほどほどにして、真剣モードに入ります。しかし、アタリは頻繁にあるものの、釣れるのはミニガシラやベラばかり。何のアタリも無いのにサシエが取られる場面もしばしば。ここでオキアミを断念し、ダメ元でネリエに変更します。ネリエでもガシラが釣れますが、エサ持ちはオキアミに比べるとかなり良いです。すると粘ること30分、ようやく本命ゲットです。

DSC00038.JPG

今年、ネリエ第1号のチヌです。しかし、この日ネリエは少ししか持って来て居らず、その後数投でエサ切れに。再びオキアミで狙いますが、やはりエサ取り地獄に陥り撃沈。潮も殆ど動かなくなり沈黙の時間が続きます。
16時頃から潮が南へ流れ出すと再び活性が上がります。ガシラ、ベラ、ガシラ、ベラと交互に釣れた後、待望の本命がヒット。しかし、合わせが甘かったのか針ハズレでバラシです。またその直後にこの日一番のアタリ。ウキの消し込み方からして「もしかして?」と思いながら寄せて来ると案の定コイツです。

DSC00040.JPG

その後はエサ取りに翻弄されながら本命には出会えず、エサ切れで17時過ぎにフィニッシュ。

今年は水温が下がり切らず、11℃台をキープ。お陰でエサ取りも多く、今は徐々に増えている感じです。オキアミでは対処し辛くなって来てますので、ネリエやコーン等、別のサシエも準備した方が良さそうです。

DSC00044.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 39p 1尾、コブダイ 37p 1尾
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号
ウキ:M-B ガン玉:B±G7 タナ:3.5ヒロ〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ5s+パン粉1s
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 17:15| 釣り