2019年01月14日

林崎漁港

昨日は今年最初のチヌ狙いに行って来ました。例年なら垂水・福田川河口で開幕戦を行うのですが、今年はTFCのサトシF君のお勧めで、15年振りとなる林崎漁港での釣行です。現地には11時頃に到着、港入口で車を停め、釣り場へは歩いて移動です。距離にして400mほど、これが結構きついです。やっとの思いで釣り場に到着後、サトシF君からポイントと攻め方のレクチャーを受けます。東からせきやんさん、サトシF君、私の順に並び、12時過ぎにスタートです。

DSC00010.JPG

テトラ帯ではありますが、水深が3ヒロほどと浅いためあまり沖にまでは入っていません。テトラの先は砂地で狙えそうな場所は無さそうです。水深も浅く、潮も殆ど動いていないため、全遊動で探って行こうか悩みましたが、良く見るとオセンもチラホラ漂っているため、軽い仕掛けではサシエが取られると判断、とりあえずウキB、タナ3ヒロで様子を見て行きます。まずは竿2本先前後を流して行きますが、サシエは全く取られません。サシエをオキアミからネリエにチェンジしてタナを計りながら狙って行きます。ウキが沈まない様にタナを10p刻みで調整し、最終的には20pほど底を這わして狙って行きます。ここまで根掛りを避けるため、沈みテトラの切れ目の少し先を狙っていましたが、あまりにも反応が無いため、根掛り覚悟で沈みテトラの淵から中を探って行きます。サシエもネリエからオキアミに変更するとすぐに結果が出ます。這わしているためにアタリは殆ど出ませんが、明らかに魚がサシエを咥えた反応がウキに出ます。気合を入れて合わせを入れると「ドン!」と竿に乗った後、一気に魚が沖に走り出します。コブで無いことを願いながら慎重に浮かせて行くと、銀ピカの魚体が目に飛び込んで来ます。無事タモに収まり、今年最初のチヌをゲットです。

チヌを釣った後は潮が東向きに走り出し、これを機にランチタイムに入ります。14時半頃から再開しますが、潮の流れに変化はありません。未だ釣果の無い2人も真剣にウキを見つめています。

DSC00012.JPG

その後再び潮が緩み、釣れそうな雰囲気が漂い始めますが、期待とは裏腹にサシエさえも取られません。最後の1時間半ほどは西向きに激流となりまともに釣りが出来ず、16時半にギブアップです。

結局、3人で1枚と言う貧果に終わりましたが、そこそこ期待が出来る釣り場だと感じました。ただ、駐車場から遠いのと、潮が走ると釣りにならない点がネックですね。
次はホームグラウンドの垂水で試したいと思います。

DSC00015.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 47.5p 1尾
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.5号 針:チヌ3号
ウキ:M-B ガン玉:B タナ:3〜3.2ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1袋+ヌカ5s+パン粉1s
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 14:05| 釣り