2019年01月05日

垂水西5番で初釣り

4日はTFCのせきやんさんと共に、ホームグラウンドの垂水西5番へ初釣りに行って来ました。さすがは正月休み、こんなに寒い中、釣り場は満員です。私は出遅れましたが、先に来ていたせきやんさんに場所を確保して頂いていたお陰で角から2番目に入ります。軽く朝食を取った後、8時過ぎにスタートです。

DSC00031.JPG

この日のグレ狙いは5、6人ほどといつもより多いです。そのせいか、水温低下が原因かは分かりませんが、オセンの姿はまばらです。マキエを撒いても反応が鈍く、沖には全く出ません。お陰で遠投不要、マキエ節約で助かるのですが、浅いタナではサシエも残りっぱなしです。サシエを底近くまで入れてやると、ようやく今年のファーストヒット。釣れたのは何とアジ。この時期にしては珍しい魚です。その後、マキエが効き出すと今年もコイツが喰って来ます。

DSC00033.JPG

ここからチャリコのオンパレードです。3ヒロ以上入れると必ず喰って来ます。3ヒロまではサシエは全く取られません。こんな状況が昼まで続きます。太陽の光が真正面に来て、眩しくて釣り辛くなって来たのでここで昼食タイムです。

兎に角オセンが動かないことには話になりません。ちょうど午後から潮が変わるので、オセンの動きに期待します。因みに私はオセンの動きを3つのパターンに分けてグレを狙っています。オセンが活発でマキエに良く反応して沖にも出る様なら完全分離で全層を探って行きます。マキエには良く反応するが、沖にはあまり出ない場合は、マキエの縦撒きでオセンを沖に誘導してその群れの先端を浅ダナで狙います。最後に、オセンが活発で無い場合は、オセンの群れの下の深い所を狙います。この日は最後のパターンが有効ですが、あくまで釣り人が少なく、ある程度自分一人でオセンをコントロール出来ないと上手く行きません。兎に角、このままではボウズ濃厚なので、色々と試して行こうと思います。

午後からは本流が反転したお陰で、5番前は流れが変わります。オセンも若干動きが良くなり期待が高まります。マキエでオセンを沖に出し、その先端を狙うパターンでようやく初グレがヒットです。

DSC00035.JPG

小さ過ぎです。とは言え、ようやくグレの姿が拝めたので一安心です。しかし、このパターンでは後が続かず次に試したのがオセンの群れの下を狙う戦法です。マキエの前打ちを止めて、先に仕掛けを投入。仕掛けが2ヒロ半ほど入ったところでマキエを拡散しながら多めに撒いてオセンをウキ周辺に集めます。最初はオセンもマキエに付いて沈んで行くためにサシエが取られますが、徐々にオセンが水面に留まり出すとようやく本命がヒットします。これを皮切りにウマヅラ、グレ、ウマヅラとヒットし、ようやく波に乗るかと思われましたが、予想以上にオセンが活発に動き出し、沖にも漂う様になります。こうなると完全分離も出来ずに遠投でもサシエが秒殺になります。この状態が最後まで続き、エサ切れで15時過ぎに終了となります。

なかなか難しい初釣りとなりましたが、一応グレも釣れましたし、何よりもウマヅラのいいお土産が釣れたので納得の1日となりました。また、ここへ初めて来られたフカセ師の方々とも釣り談義で話が盛り上がり、楽しく過ごすことが出来ました。
垂水のグレ釣りもそろそろ終了で、これから春まではチヌ釣りメインとなります。またまた難しい寒チヌ狙いですが、懲りずに頑張りたいと思います。

DSC00038.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜26p 2尾(30pUP 1尾) 、ウマヅラ 18〜37p 2尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-000 ガン玉:無し、G6 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉3s+ヌカ3s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 09:41| 釣り