2018年11月19日

マルキュー湾チヌカップ

昨日は、マルキュー主催の湾チヌカップに参加すべく、TFCのせきやんさんと大阪北港まで行って来ました。自身7ヶ月振りのチヌ釣りで、釣れなくて元々、釣れればラッキーくらいの気持ちで参加です。当日は約80名が参加。参加者を4船に分け、各渡船からチヌ2尾までの長さの合計上位5名(約4人に1人)が決勝戦に進むことが出来ます。

01.JPG

抽選で私は「夢洲桟橋」、せきやんさんは「中の灯台」と言う波止に向かいます。船に揺られること約30分、ようやく「夢洲桟橋」に到着。全員が波止に上がってから、抽選番号の若い順から釣り座を決めて行きます。

02.JPG

船内で最終番号を引いた私には、釣り座を選ぶ権利がありません。空いているところを探し、L型に曲がった長い方の波止の西寄りに釣座を構えます。

003.jpg

004.jpg

競技開始は午前7時。タナ取りに時間を要した私は20分遅れで第1投です。この波止は外、内両方狙えるのですが、他の選手の殆どが内向きを狙っているので、私もそれに合わせます。下の写真の右側が内向きです。

005.JPG

ここは奥まっているために潮は動かないと思ったのですが、「桟橋」とある様に、鉄柱の上にケーソンが乗っており、外の海と繋がっているため、結構流れがあります。しかも強烈な2枚潮です。水深も10mほどと深く、なかなか仕掛けが馴染まずに苦戦の連続です。しかも生命反応ゼロ。開始2時間は一度もサシエが取られず、オキアミがかじられた形跡も全くありません。L字の短い方の波止(沖向き)では単発でチヌが上がっていますが、長い方の波止では2時間経っても誰もチヌを釣ってません。

006.JPG

その後、9時頃からようやくアタリが出る様になりますが、釣れるのはアジばかり。サバやサヨリも回り出し、どうにここうにもなりません。そんな中、外向きで唯一竿を出していた選手がキビレをヒット。これを見て私も内向きを見切り、外向きを試しますが、あまりの潮の速さに敢え無く撃沈。どうすることも出来ず、とうとう竿を置いて様子を見るために波止をうろうろ。スタッフや知り合いの選手と談笑して小1時間を潰します。10時過ぎより再開しますが、やっぱりダメで釣果無く終了の12時を迎えます。

結果、この「桟橋」では短い方の波止で9人中5人に釣果があり、トップは3枚。長い方では10人中2人がそれぞれ1枚ずつチヌを釣り上げました。全体では「関電波止」での釣果が良く、トップ10の中に6人が入ってました。最も悪かったのが「桟橋」で1人のみでした。
やっぱりチヌ釣りは難しいです。久々にやって、簡単に釣れるわけがありません。当分、チヌ釣りは止めておきます。

■ 釣果 ■
無し
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:チヌ2号
ウキ:M-2B、3B タナ:6〜7ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤2袋+ヌカ5s+激荒
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)、コーン
posted by tarumit at 22:59| 釣り