2018年11月17日

垂水西5番(11回目)

昨日は急遽仕事が延期になり、暇潰しに西5番へ行って来ました。アオリを狙うかグレを狙うか悩むところですが、先日の貧果を踏まえ今回はアオリ狙いを封印、グレ狙い1本で臨みます。西5番角に釣座を構え、7時半スタート。

DSC00001.JPG

時折吹く東風がちょっと厄介ですが、周りに釣人を居らず仕掛けは流し放題です。ただ、私一人でマキエを撒いているため、大群のオセン、マイクロ木っ端が釣座前に大集結しています。グレが浮くか色々試してみますが、兎に角エサ取りが多過ぎで、いつものパターンには持ち込めません。ならばと、エサ取り完全分離で遠投狙いに切り替えます。すると、4ヒロでようやくアタリ。

DSC00002.JPG

この時期厄介なチャリコです。アジは居ないのですが、コイツが連発します。とは言え、湧いているほどでは無く、辛抱して続けます。開始1時間、ようやく本命がヒット。その後、更に遠投で狙い30p前後が連続ヒットです。しかし、その直後から沖の潮が変わり、全く喰わなくなります。そこでオセンが出ない、潮が走らないその中間点を探りながら狙うと単発でグレがヒット。型は小さいですが贅沢は言えません。何とかお昼前まえに2ケタ達成。

午後からはサヨリが群れ出し苦戦が続きます。ガン玉を打ってサシエを早く沈めて対処しますが、オセンがサヨリを嫌がって沖に出ません。連鎖反応でグレも沖では全く当たらず、たまにチャリコが喰ってくるだけです。沖にサヨリ用、際にオセン用のマキエを打ち分け、その中間点に仕掛けを入れるパターンで何とか一つ一つグレを拾って行きます。これで、温存していたマキエも一気に減り、15時過ぎにラスト1投です。仕掛けを流している間に後片付けに入ります。バッカンを洗いながら時折ウキの位置をチェック。すると、さっきまで浮いていたウキがありません。「見失ったか?それとも魚?」穂先を見ても波の様な魚が喰っている様な微妙な動き。魚だと信じ、エイヤーで合わせを入れます。するとこの日一番の引き。竿を叩く感じからしてグレではありません。慎重に浮かせてラストにアイゴゲットで終了です。

この日は小潮と言うことで、潮がふらつき釣り難かったですが、上手く流れると高確率でグレは喰って来ました。チャリコは多いですがアジが消えたことで、以前より随分釣り易くなりました。ただ、新たな問題がサヨリ。これが居るとグレは浮き難くなるため、当分は深ダナ狙いが基本になると思います。

DSC00007.JPG

■ 釣果 ■
グレ 22〜30.5p 15尾(30pUP 1尾) 、アイゴ 35p 1尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ4号
ウキ:M-00 ガン玉:無し、G7 タナ:3〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+前回の余りエサ+パン粉2s+ヌカ2s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 11:31| 釣り