2017年04月17日

須磨一文字

昨日は昨年末にTFCに入会されたトシさんからのお誘いで、同じくTFCのまさと一緒に須磨一文字へ行って来ました。須磨一文字へは過去に釣具店エサ光さんのチヌ釣り大会で何度か行ったことがあるのですが、プライベートでは初釣行になります。千守の波止まで船が来てくれるとのことで午前5時半頃に向かいます。船上で船長と相談、1、2、4番には既に多くの釣り人が入っているとのことで、空いている3番へ向かいます。3番は250mほどの波止ですが、釣り人は我々3人のみです。釣り座選びに悩みましたが、とりあえず船着き近くの外側テトラに3人並んで6時過ぎよりスタートです。

DSC00065.JPG

ここの波止のテトラはランダムに積まれてるために、海中のテトラも複雑に配置されています。テトラ際を狙いたいところですが、流れがあると根掛かりは必至です。なので、少し沖目(竿2本先前後)を重点的に流して行きます。潮はゆっくりと西へ流れ、風も波も無く非常に釣り易い状況です。

DSC00067.JPG

1投目、開始3分でいきなりのヒットです。コブかチヌかは分かりませんが、かなりの手応えです。何とか動きを止めることが出来ましたが、最後は根ズレでバラシです。しかし、悔やんでいる間も無く、再び良型がヒットします。先ほどと同じ様に右沖に沈むテトラ際に入り込もうとしますが、何とか耐えて1枚目のチヌをゲットです。

DSC00070.JPG

その後も潮が緩んでいる9時頃までアタリは続き前半で5枚キープです。一方右側に入ったまさも順調にチヌをヒットさせており、そこそこいい型のチヌもゲットしています。

DSC00071.JPG

9時からは潮が走り出し、しばし休憩タイムに入ります。10時前より再び潮が緩み出しので再開して2枚追加、その後11時頃より潮が東に変わります。東に流れると流れも速くなり、アタリが出なくなります。たまに緩む時もありますが、オキアミではサシエが取られてしまいます。練り餌に変えると触りもしません。結局、11時以降は釣果無く、エサ切れとなる13時ちょうどに納竿です。

この日は天候も良く、比較的潮も緩く絶好の釣り日和でした。アタリはエサ取りと間違えるほど小さく、合わせるのに神経を使いましたが、何とかチヌの姿も拝め、久々に満足度の高い1日でした。因みにまさが釣ったチヌは50pジャストの年無しでした。エサ光の大会でしたら3位入賞は確定だったでしょうね。

DSC00075.JPG

まだまだ釣れる時期だとは思いますが、グレのシーズンがそろそろ始まるので、もう行く機会が無いかもしれません。もっと早い時期に試しておけば良かったです。

DSC00078.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 32〜43p 7尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:チヌ2号
ウキ:M-G2 ガン玉:G4+G6(+G7) タナ:3.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤1.5袋+ヌカ5s
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 12:45| 釣り