2017年03月20日

垂水東でチヌ狙い 第5弾

3月に入り、喰いが落ちて来た福田川河口のチヌ。先週も今シーズン初のボウズで、期待薄ではありましたが暇潰しと考えて、またまたTFCのまさと行って来ました。現地には11時に到着。ぽかぽか陽気に誘われて、しばしテトラの上で昼食兼日向ぼっこ。1時間半ほどだらだらと過ごし、ようやく準備に掛かります。「暇潰し」とは言え、この日は秘策と言うか、それなりに作戦を練って来ています。仕掛けを作る前に事前に作って来たピンポン玉大ほどの固めのマキエダンゴ約30個をポイントに投入して、海底に沈めておきます。ダンゴ釣りをする時に良くやるやり方です。上撒きよりも確実に底にマキエを留めることが出来るので、寒の時期にはチヌを集める手段としては効果があります。さて、ダンゴの効きを待つため、ゆっくりと仕掛けを作り、12時45分開始です。

066.JPG

潮は当て気味に上流へ流れる悪いパターンです。まずはオキアミで狙いますが、マキエダンゴが効いているのか、珍しく1投目からサシエが取られてしまいます。2投目はネリエにチェンジして同じく底付近を流して行きます。すると暫くしてウキが一気に消し込まれて、いとも簡単にチヌがヒットします。型はいいのですが、片一方の胸ヒレが無く、しかも頭部後方に陥没があり、体色も黒っぽい、決して「立派な」とは言い難いチヌです。それでも久々のチヌなので、とりあえずキープします。幸先良いスタートを切れたのですが、その後はさっぱり。前回同様、サシエもずっと残りっぱなし。目まぐるしく変わる潮にも翻弄され、気力は徐々にダウン。終盤はようやく潮も落ち着き、期待したのですが、相変わらずサシエはずっと付いたまま。結局、2投目でチヌを釣った以降、アタリゼロで17時過ぎにフィニッシュです。

例年、この時期になるとエサ取りが気になる頃なのですが、今年は全くと言っていいほど居ません。チヌの数も少なく、そろそろ場所を変えた方がいいかもしれませんね。

067.JPG

■ 釣果 ■
チヌ 42p 1尾
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.8号 ハリス:1.5号 針:チヌ2号
ウキ:M-G2 ガン玉:G4+G6(+G7) タナ:3.5〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+集魚剤1.5袋+ヌカ5s
サシエ:オキアミLL、ネリエ(イエロー)
posted by tarumit at 12:58| 釣り