2016年10月21日

飲ませでバラシ連発!?

昨日は、1週間振りにTFCのタクロー夫妻と垂水西3番へ飲ませ釣りに行って来ました。現地に先に到着して、まずはエサの準備。時間が遅かったのか、小アジの数も少なく、タモで掬えたのは10尾ほど。久々にサビキを出して、アジ、イワシを追加して何とか3人分のエサを確保します。間も無くしてタクロー夫妻も到着。準備を整え、10時過ぎにスタートします。

001.JPG

潮はいきなりの西向き最強潮流。水道側は別の飲ませ師がいたために、我々は西向きの潮の緩い所を狙います。暫くして水道側の釣り人が激流の中、投げ釣りでハマチをゲット。しかも2本竿を出していて同時ヒットと言う離れ業で2本同時ゲットです。私にもその後すぐにアタリがあり、幸先良く46pのハマチを仕留めます。

002.JPG

良かったのはここまで。その後はアタリはあるものの、全てサゴシで喰い込みを待つとハリスを噛み切られ、即アワセだと空振りの連発です。ハリス3号→8号→8号ダブルと変えて行きますが、それでもハリスを切られてしまいます。4連続バラシの後、ようやくサゴシのフッキングに成功。凄まじいパワーで魚を止めることが出来ずに100m近くラインが出てしまいます。ようやく止まったのを確認して巻き取り開始です。魚が暴れるとラインを切られるので、慎重にゆっくり寄せて行きます。ようやく際まで寄った時にその魚体を見てびっくり。70pは軽く超えています。いわゆる「サワラ」サイズです。そしていよいよタモ入れ。前回、自分で掬おうとして失敗し、バラシた苦い経験があるので、今回はタクローさんにお願いします。しかし、タモを伸ばした瞬間、タモ枠が魚に直撃、驚いた魚は頭を大きく振り、その際にハリスをガリガリ。またもやってしまいました。どうやっても獲ることが出来ません。その後も数回アタリがあったのですが、噛み切られることに慎重になりすぎて、早合わせばかりでなかなかヒットさせられません。午後を過ぎて、水道側先端の釣り人が帰られたので、移動します。潮は東向き激流に変わっています。流れの中を何度も流しますが、なかなかアタリは出ません。しかし、その時は突然やって来ます。仕掛けを回収しようとリールを巻いている時にちょうど、ウキ近くでボイルが出ます。と同時に一気に竿がひったくられたのですが、すぐに軽くなります。?と思い、もう一度その地点からスローで巻いて行くとまたもボイルが出て、運良く自分から針に掛かってくれます。今度は型が小さかったので、難なくタモ入れ成功。久々のサゴシゲットです。

003.JPG

その後も激流の中を流してはスローで巻き取る動作を何度も繰り返しましたがアタリここれっきり。再び水道をはずして西向きの潮の緩い所を狙って行きます。またもアタリはあるのですが、なぜか私の仕掛けにはサゴシばかりが喰い付いて、ハリスを切られたり、エサのイワシが真っ二つになっていたりと、なかなかフッキングさせることが出来ません。その後、後から来られた飲ませ師が僅か2時間ほどでハマチを3本ゲット。その間、私、タクロー夫妻には青物からの反応が無く、またもサゴシ達にもて遊ばれて終了です。

この日は私だけでサゴシのアタリは8回、3人で15回ほどありましたが、獲れたのは1本のみです。ハマチは回りで10本ほどは釣れていた様です。サゴシは小アジでも喰うのですが、断然イワシの方がアタリは多いです。ただ、この日獲れたイワシは殆どがマイワシで小さくても15p、大きいものは20p以上もあり、エサにするには少し大き過ぎました。いずれにせよ、サゴシを専門に狙うのであれば、仕掛けの工夫を考えた方が良さそうですね。

■ 釣果 ■
サゴシ 55p 1尾、ハマチ 46p 1尾
■タックル■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:3号→8号→8号×2
針:チヌ3号 ウキ:1.5号 タナ:2〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ、イワシ
posted by tarumit at 23:38| 釣り