2016年07月29日

垂水東で飲ませ

昨日、仕事が終わったのが午前3時。そろそろ寝ようかと思いきや、なかなか寝付けずに1時間が経過。ふとネットで天気予報を見ると、朝は曇り後晴れ、風は微風。ついでに過去の釣行日記を見ると、何と去年の7月28日に垂水大波止でスズキ2本、ハマチ1本の釣果。勝負は早朝、考えている暇はありません。すぐに準備を済ませ、急いで大波止に向かいます。現地到着は午前5時ちょうど。すぐにエサとなる豆アジを狙います。サビキで10尾、タモで掬って10尾を確保。イワシも1尾だけキープします。既に至る所でスズキのボイルが始まっています。慌てて仕掛けをセット、まずはイワシで第1投。

002.JPG

潮は東流で絶好の流れ。テトラの沖20m付近でヨレが出来、そこで仕掛けを止めて待っていると、いきなりの竿アタリ。しかし、フッキングはしたもののハリス切れで痛恨のバラシ。続いて3投目に再びアタリ。今度は無事にランディング成功。ちょうど食べ頃サイズの60pをゲットです。その後も2回ほどアタリはありますが、喰い込まずに早朝の時合いは終了です。その後は青物を狙うべく粘ってはみましたが、潮も止まりアタリも完全に無くなり、その上じりじりと照りつける日差しに耐えきれず、10時半頃にギブアップ。

結局、この日はアタリが4回あり、うち釣れたのが1回のみでした。時合い序盤はスズキの活性も高く、喰い込みも良かったのですが、終盤になると胃袋が満たされているのか、豆アジを咥えてもすぐに離していました。ウキの浮力、ハリスの太さ等も関係しているのかもしれませんが、いずれにせよ夜明け前前後の活性の一番高い時を狙えば、釣れる確率も高くなると思いますね。

004.JPG

■ 釣果 ■
スズキ 60p 1尾
■タックル■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:2号 針:チヌ3号
ウキ:1号→5B タナ:2〜3ヒロ
■ エサ ■
豆アジ、イワシ
posted by tarumit at 11:25| 釣り