2015年08月26日

睡眠不足

世界同時株安。株に興味の無い人でも、これだけ連日ニュースで流れればご存じの方も多いはず。中国経済の不安を発端に日本株も売られ続けています。中国の問題は今始まったわけではありません。ずっと以前から囁かれていたことですが、それ以上に米国の金利引き上げ期待の方が関心が強く、マーケットは楽観的な動きだったのです。しかし、ここへ来てようやく関心事が中国に向けられました。不安が不安を呼び、パニック状態になったのです。1ドル=124円前後から今後128〜129円に行くのではと噂されていた時、突然の株価暴落。24日にはとうとう116円前半まで円高が進みました。

001.jpg

兎に角値動きが半端ではありません。私の場合、取引量が少ないのでそれほど大した額ではありませんが、それでもちょっと目を離している間に数万円のプラマイが発生します。お陰で深夜でもPCを食い入る様に見ています。専門家の話では遅くとも年末までには落着き、元に戻るとのこと。まだ3ヶ月ありますが、その前に私の体力が持つかが心配です。
posted by tarumit at 10:40| 株・FX