2015年07月27日

垂水東で飲ませ釣り

一昨日は帰宅後すぐにサバを調理。どうしてもシメサバが食べたくなり、眠い目をこすりながらようやく完成したのが午前1時。寝る間も殆ど無く、エサ屋でアミエビを購入して西波止に着いたのが午前4時。まずは船着きでエサとなる豆アジを狙います。小1時間で20尾ほどの豆アジを確保して垂水大波止へ移動、準備を整え5時過ぎに飲ませ開始です。

002.JPG

潮は濁り気味ですが、東へ流れる絶好の状況。まずは潮に乗せて流して行きます。しかし、台風の影響で浮遊ゴミが漂い、それが邪魔でなかなか思う様に釣りが出来ません。仕方無く釣座を20mほど西へ移動します。すると間も無くしてウキが完全に消し込むアタリ。しかし、合わせる間も無くウキが浮いて来ます。仕掛けを回収すると、エサの豆アジが無くなっています。すぐに同場所を狙ってみましたが、その後アタリはありません。暫くするとこれまでの東流の潮が西流に変わり、ちょうどテトラの切れ目前辺りで本来の東流とぶつかりヨレが出来始めます。そこでは東流と西流が押したり引いたりとまるで潮が綱引きをしている様な形で流れが淀んでいます。すぐ様場所移動して、このヨレを狙います。すると、この狙いが的中、すぐにアタリがあります。十分に喰い込ませて、ラインが走るまで待ちます。竿まで魚の感触が伝わった瞬間、フッキング。まずは71pのスズキをゲットです。その後、潮が複雑に流れるため、まさとの仕掛けが絡まない様にテトラ側へ移動、ヨレの東側を狙います。粘ること30分、今度は一気に穂先まで伝わるアタリでツバスをゲットです。

003.JPG

小型ではありますが、スズキとは違ったファイトを見せてくれます。潮がヨレ始めてから1時間、まだこの「綱引き」は終わりません。まだチャンスはあると、更なる大物を狙います。するとまたしても豪快なアタリ。今度は合わせた瞬間、獲物が一気に一文字側に走って行きます。なかなか止めることが出来ずにラインはどんどん出て行きます。この走りを見てメジロだと確信し、慎重にやり取りを始めます。道糸が殆ど出たあたりからようやく大人しくなって来たので、ここから寄せに入ります。かなりの重量感と引きの強さで暇が掛かりましたが、ようやく魚が見える距離まで寄せることに成功。ここまでくれば取れたも同然、あとは獲物が何かが気になるところです。潮が濁っているためになかなか魚の姿が見えませんが、反転した瞬間、金色の輝きが日の光に反射します。残念ながら本命の青物では無い様です。最後はまさにタモ入れをして頂いてフィニッシュ。なかなかのファイトを見せてくれたのは、80pにチョイ足らずのスズキです。その後も暫く粘りましたが、潮のヨレも無くなり、西流が速くなるとアタリは皆無に。気温も上がり出し、体力も限界近くになり、ちょうどエサの豆アジも無くなったため10時に納竿とします。

この日は2人合わせて10回近くアタリはありましたが、ウキの浮力が強いとやはり喰い込みが悪く、結局3匹しか取り込むことが出来ませんでした。しかし、飲ませ釣りはこれからが本番、エサのアジがまだ「豆」の大きさである間にせっせと通いたいと思います。

004.JPG

■ 釣果 ■
スズキ 71〜78p2尾 ツバス 35p1尾
■ タックル ■
竿:1.5号5.3m 道糸:3号 ハリス:3号 針:チヌ3号 ウキ:1号
タナ:2.5〜3ヒロ
■ エサ ■
豆アジ
posted by tarumit at 07:44| 釣り