2015年05月29日

垂水西5番(5回目)

昨日は、TFCのタクローさん、MIKKOさんからのお誘いを受け、垂水西5番へ行って来ました。場所取りのため、私が先に現地に到着。お二人と合流後、角にタクローさん、2番目に私が入り10時頃開始します。

002.JPG

やはりこの日もオセンは活発、沖の群れはなかなか際まで戻ってくれません。しかも、当日は私の横にはカゴ釣り師が居られたため、尚のことオセンの分離は困難です。それでもマキエのタテ撒きでオセンの先端に小グレが出て来るのでウキ下を矢引きにして狙います。しかしやはり釣れるのは15p以下ばかり。ただ、このミニ木っ葉はオセンの先端にしか出ず、その先には出ようとしないので、更に狙うポイントをタテ撒きの先端の先5m位に設定。こぼれた僅かなマキエにキーパーサイズが出ないか試してみます。すると、単発ではありますが、25pクラスまでがヒット。何とか9枚釣って昼食タイムに入ります。1時間ほど休憩して13時過ぎより第2ラウンド開始です。しかし、休憩している間に潮が変わり、これまで穏やかだった流れが強烈な当て潮に変わっています。しかも斜め右に流れるためオセンの分離はおろか、仕掛けも全く馴染みません。この潮が流れ出すと、角付近はまだ釣り易いのですが、西に行くほどやり辛くなります。遠投しても、ものの30秒で際まで寄って横の釣り人の釣座前まで流れてしまいます。ウキ下2ヒロ、ウキに鉛シールを貼りガン玉を追加、仕掛けの馴染みを早くして、短時間勝負を試みます。これで何とかマグレで4枚追加。しかし、14時頃からは向かい風も強まり遠投も出来ずにお手上げ状態。最後まで粘りましたが、潮、風ともに緩むこと無く16時過ぎに敢え無く納竿です。

前半の条件のいい時間帯でさぼっていたお陰で釣果は伸ばせませんでしたが、タクローさんご夫婦との久々の再会で会話もはずみ、楽しい1日を過ごすことが出来ました。

004.JPG

■ 釣果 ■
グレ20〜25p 13枚
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号 ウキ:M00
ガン玉:無→G7→G7+G7 タナ:矢引き〜2.5ヒロ前後
■ エサ ■
サシエ:オキアミS マキエ:オキアミ1.5kg+パン粉5kg+ヌカ5kg+集魚剤1/4袋+アミノ酸
posted by tarumit at 11:32| 釣り