2015年01月28日

妻鹿で撃沈

27日に釣志会会長の長谷川さんと妻鹿に行って来ました。前回、早めの撤収で消化不良気味だったので、今回こそはと臨んだ妻鹿釣行ですが、またも昼までとのこと。予報では後半は風も収まるとのことで、15時までは釣りが出来ると踏んでいたのですが、船長曰く前線の通過で波が出るとの判断。またしても期待を裏切られ、テンションは下がりっぱなし。とは言えキャンセルするわけにも行かず、渋々船に乗り込みます。しかし、そのお陰か5番へ上がった釣り人は僅か5人のみ。私が北から20mほどの所(いつもの3番目)、長谷川さんがその横(いつもの5番目)に入り、7時前にスタートします。

004.JPG

この日は温排水の出が遠く、しかも、朝一から左へ激流です。いつもの沈め探り仕掛けで遠投を試みますが、すぐに北側のテトラ際まで流されてしまいます。そうなると、テトラ近くで待ち構えるフグ軍団に殆ど毎回サシエはおろか、針までも取られてしまいます。また根掛かりも多く、なかなかリズムに乗れません。開始1時間半以上が経ちますが、まだ5番の釣り人は誰もチヌを釣っていません。普段であれば約半数以上の釣り人が既にチヌを手にしている時間なのですが、潮の流れだけで無く、チヌの活性そのものも良くない様です。私も遠投を諦め、沖30m付近で少し流れの緩い所を見つけ、ひたすら打ち返して行きます。すると9時頃、ようやくファーストヒットです。

001.JPG

中型ですが、何とか1枚釣れてほっとします。その後も暫く沈黙が続き、10時頃に2匹目がヒットです。ようやく時合いかと思われたのですが、潮の流れが更に複雑になり、どう攻めていいのか分からなくなります。試しに重い仕掛けに変更し、タナをきっちりと決めて流してみますが、サシエは残りっぱなしです。そうこうしているうちにようやく長谷川さんの竿が大きく曲がります。

006.JPG

これでリズムを掴んだのか、その後も連続でチヌを掛けられますが、掛かりが浅くバラシ連発です。私はと言うと、最後まで潮の流れに翻弄され、攻め方が分からずノーヒットで終了です。結局、昼迄とは言え、長谷川さんと仲良く2枚ずつの貧果に終わりました。

この日は前日の雨が影響したのか、潮の流れのせいかは分かりませんが、兎に角チヌの活性がイマイチでした。他の人も釣れている様子も無く、妻鹿とは思えない状況でした。2ケタ釣果は当たり前の長谷川さんでさえも、ファーストヒットまで3時間半も要した訳ですから、いかに状況が悪かったかが伺えます。また、あわよくばグレでもと今回もひたすら際にマキエを打ち続けていましたが、大量のボラとタナゴが群れるだけで、グレの姿は確認出来ませんでした。ひとまずグレのシーズンは終了かもしれません。

007.JPG

■ 釣果 ■
チヌ37〜47p 2尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.7号 ハリス:1.2号 針:チヌ3号 ウキ:L000→M00→M3B
ガン玉:G6→G7→B+G2 タナ:2〜5ヒロ サシエ:オキアミL マキエ:グレ用余りエサ+ヌカ3kg
posted by tarumit at 08:33| 釣り