2014年08月25日

丹波市愛宕祭 花火大会

チビの夏の最後の思い出に、花火大会を見せてやろうとネットで調べた所、24日(日)に兵庫の丹波市で愛宕祭と言うのがありました。この地方にしては打ち上げ数4000発と言うなかなかの規模です。19時30分開始と言うことで、自宅を早めの14時に出発します。家を出る頃は曇りだったのですが、三木で小雨がパラつき、西脇を過ぎた頃には本振りとなります。「これでは中止やろう」と思い、途中の道の駅で休憩し、天気予報とにらめっこ。何と大雨警報が出ています。一応、丹波市の役所に電話を入れて確認しますが、なかなか繋がりません。待つこと1時間、ようやく電話が繋がり決行するとのこと。「こんな雨でもするんですか?」、「警報出てますよ」としつこく尋ねるも、19時頃には雨が小振りになるとのこと。雨の中で傘を差して見るのは嫌だし、でも折角ここまで来て帰るのも無駄だし、思案した結果、チビの「行きた〜い!」との一声でやっぱり行くことに。丹波市に着いたのが18時頃。係員の誘導で市立図書館の駐車場で車を停めて、開始までの1時間を車内で潰します。その間、雨は降ったり止んだり。花火が良く見える河川敷まで行こうとしましたが、開始直前になってまたまた雨が本振りになり断念。すると、19時30分、後方から花火が打ち上がります。これならわざわざ河川敷に行くまでも無いので、ハッチバックを開け、そこに家族3人座って並んで鑑賞します。

a.JPG

雨が降る中、霧も立ち込めあまりはっきりと見えません。そして1時間、フィナーレです。
凄い爆音と光で驚かされましたが、やはりガスって花火と言うより大きな爆発みたいなものでした。

b.JPG

結局、最後まで雨は止むことがありませんでしたが、車から見れたお陰で濡れずに済んだし、チビも喜んでくれたので、それなりに良かったと思います。
posted by tarumit at 16:14| その他