2022年11月16日

淡路・炬口で夜釣り

15日、再び投光器の実力を試すべく、3104k君と淡路へ行って来ました。前回同様、暗いうちはアジ狙い、夜が明けてからはアオリ、青物を狙います。ただ、淡路も最近は小アジが釣れなくなり、ノマセのエサの確保が難しい状況です。朝一の時合いまでには何としてでも小アジを確保したいので、今回は先にエサの調達に走ります。

まず向かったのは岩屋漁港。常夜灯もあり、アジの実績場ですが30分ほど粘って釣果ゼロ。次は佐野漁港。ここも同じく常夜灯があり期待したのですが、何も釣れずにギブアップ。これ以上大本命の大アジ狙いの時間を割くわけには行かないので、ここで小アジ狙いを諦めて、この日の目的地である炬口へ向かいます。

幸いにも角の1級ポイントが空いていたのでそこに釣座を構え1時半頃にスタートです。

DSCF5827.JPG

投光器をセットして、まずはサビキで際狙い。と同時に電気ウキのカゴ天秤2本針仕掛けで沖も狙ってみます。やはり、投光器の効果は無く、サビキでのアタリは皆無。沖狙いの方はアタリは頻繫にあるのですが、釣れて来るのはフグばかり。なかなか釣果に恵まれず時間だけが過ぎて行きます。

3時になり、カゴ天秤仕掛けから普通の1本針のウキ釣りに変更します。カゴが無いためマキエを杓で撒いて魚を集めます。すると3時半になりようやくまともな魚がヒット。

DSCF5834.JPG

ここから単発で中サバが釣れますが、肝心の大アジは喰い付いてくれません。その後、再びフグ地獄に陥りとうとう朝を迎えます。

DSCF5835.JPG

ここで投光器はお役御免で電源OFF。急いで小アジを狙うべく再びサビキ再開。奇跡的に2人で計5匹の小アジを確保、すぐさま青物狙いに切り替えます。

開始10分、沖20m付近を流しているとウキがきれいに入って行きます。ラインもどんどん出て、そろそろアワセを入れようと思った瞬間、ラインの動きが止まります。その後、暫く待ちますが全くラインも出ないため仕掛けを回収。エサのアジは残っていますが、魚に咥えられた痕跡が残っています。小アジが大きすぎて呑み込めなかったのかもしれません。その後もエサを付け替えて狙いますが反応無く、エサ切れで8時に終了です。

今回も投光器の効果を得ることが出来ませんでした。前回でも言いましたが、食物連鎖が起きないと意味がありません。やはり時期的に遅いのでしょう。光に集まって来たのは目視でフグだけでした。イワシや小アジが集まらないと話になりません。投光器の出番はこれで終了です。次は来年の夏頃でしょうかね。

■ 釣果 ■
サバ 25〜35p 3尾
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:1.7号 針:チヌ2号
ウキ:円錐2号 タナ:3.5〜4ヒロ
■ エサ ■
オキアミ
posted by tarumit at 21:47| 釣り