2019年10月10日

垂水東で飲ませ 第4弾

今週火曜日に3104k君と約束していた釣行は雨のため延期、週末も2つの大会に参加する予定が、これも台風の接近で恐らく中止。そんな中、最近の寝不足で早めに就寝したお陰で水曜朝は5時前に目が覚めて、「行くなら今日しかない!」と急遽釣行を決定。と言うわけで、今回は単独で垂水大波止へ行って来ました。

現地到着は午前6時前。この日は時間的な問題もあり、エギングは封印。到着後すぐにアジ掬いに励み、活性が高かったお陰でものの5分で30匹ほどを確保。6時過ぎより飲ませ釣り開始です。

珍しく潮は殆ど動いていません。釣り易いのですが、これほどまでに潮が動かないと魚の活性も上がりません。暫くケーソンの上から粘りますが、あまりの反応の無さにテトラ側へ移動します。しかし、こちらも無反応。こうなると潮が動くのを待つしかありません。暫く朝食を取る等、適当に時間を潰し、7時過ぎからようやく東へ潮が流れ出したのを機に再開です。ケーソン前はやはりダメで早々にテトラ側へ移動です。本流の潮が速くなるとテトラ前では反転流が起き、所々でヨレが出来ます。そこを重点的に狙うと待望のアタリ。

DSCF2024.JPG

まずは15pのアオリをゲットです。その後、再びアタリがありますが、これはアワセが甘くノーヒット。3回目のアタリは渾身のアワセで触手にフッキング。14pをゲットです。

DSCF2026.JPG

その後、もう1回アタリはあったのですが、これも早アワセで獲れず。結局、テトラでは2杯釣ってケーソンに戻ります。さっきまで速かった潮も干潮近くになると緩み出し、再びアタリは遠のきます。ここでタナを浅くして青物を狙いますが、やはり反応はありません。気が付けば、早朝はエギンガーやルアーマンで一杯だった大波止も、11時前にはみんな退散してガラ空きです。私も次に潮が動く時刻まで待てないため、ここで断念。結局、青物は釣れず、アオリ2杯と言う貧果で終了です。

10月頭に見られた青物のボイルはこの日も見られませんでした。ただ、巨大なシイラやエイのジャンプは何回も目にしました。これが影響しているかどうかは分かりませんが、いずれにせよ潮がもっと動かないことにはどうしようもありません。次回は中or大潮の日を狙って釣行したいと思います。

■ 釣果 ■
アオリ 14〜15p 2杯
■ タックル ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2号 針:グレ5号 ウキ:1.5号
タナ:3〜5ヒロ
■ エサ ■
小アジ
posted by tarumit at 11:00| 釣り