2019年07月14日

垂水西5番(8回目)

例年なら今の時期は日中の暑さに耐えられないのでフカセ釣りはしない私。先週の浜坂釣行で前半戦終了のつもりだったのですが、中途半端にエサが余ってしまい、これを残してこの夏は越したくないため、昨日はせきやんさをお誘いして「釣り」と言うより「エサ撒き」に西5番へ行って来ました。今にも雨が降りそうな空模様の中、午前7時前にスタートです。

DSCF1076.JPG

前回、厄介だったサヨリは幸いにも居ませんが、その代わりもっと厄介なコイツが海中を走り回っています。

DSCF1077.JPG

また、仕掛けが1ヒロ以上入ると豆アジも待ち構えています。オセンもマイクロ木っ葉も超元気で、夏の海真っ盛りです。オセンの群れを完全に外すと小サバ、オセンの群れの少し先を狙うとマイクロ木っ葉、深いタナは豆アジと何処をどう釣っていいか分からず時間が刻々と過ぎて行きます。「エサ撒き」が目的なので、気合不十分でスタートしたものの、3時間経っても本命が釣れないとさすがに心が折れそうになります。そんな中、口火を切ったのが角に入ったせきやんさん。ようやくキーパーサイズをゲットです。兎に角オセンを完全にかわすと百発百中で小サバが喰うため、オセンを適当に沖に動かし、ボラを集めて小サバを蹴散らして、その瞬間を浅ダナで狙い続けます。すると、10時過ぎ、私にもようやく1枚目がヒット。その後、同じパターンで数枚追加後、せきやんさんから「イワシの群れが居ますよ〜」との声。自称「タモ掬い師」の私がそれを見過ごすわけには行きません。ここからタモを片手にイワシ掬いに奮闘。小1時間で20pまでのマイワシを20匹ほど確保。せきやんさんも負けじとイワシ掬いに夢中になり同じく20匹以上をゲットです。お互い十分なおかずを確保してから再びグレ狙いに専念しますが、その後は雨も降り出し、最後はマキエをドカ撒きして14時頃にフィニッシュ。

ダメ元で臨んだ釣行でしたが、何とかグレの姿を拝めました。これでグレ狙い前半戦は終了です。トーナメントを除き、10月中旬まではエギング、飲ませをメインに旬の魚を追いかけたいと思います。

DSCF1081.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜27p 5尾
■ タックル ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:0.8号 針:グレ2号
ウキ:M-00 ガン玉:無し、G7 タナ:矢引〜1ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+パン粉2s+ヌカ3s+余りエサ
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 22:51| 釣り