2019年05月10日

淡路・仮屋

昨日は、TFCの3104k君からのお誘いで仮屋にグレ狙いに行って来ました。平日、曇天と言うことで釣人は殆ど居らず、取りあえず波止中央付近に2人並んで8時前にスタートです。

DSC00009.JPG

潮は左にゆっくり歩く程度に流れています。私がまだ準備中に早速3104k君が本命ヒット。私も急いで仕掛けをセット、沖20m付近を流して1投目で29pがヒットします。

DSC00011.JPG

幸先良いスタートで爆釣モードかと思われたのですが、その後は潮が走り全く反応が無くなります。チョイ遠投ではオセンをかわせず、ど遠投ではサシエが残ります。潮の流れが速すぎて、マキエとの同調も上手く行きません。しびれを切らした3104k君は波止先端へ移動、私も暫く粘りますが、9時半頃にギブアップ、以前に実績のある波止の曲がり角付近へ移動します。この場所も決して潮が緩いわけではありませんが、当て潮の後はテトラの際付近から左へ流れます。そのため、沖にマキエを打ってもオセンが勝手に際まで戻ってくれます。タイミング良く沖でグレが出てくれれば入れ喰いとなります。去年、このパターンでいい思いをさせてもらったので、同じ様に攻めてみると間も無くして良型がヒットします。グレは浮いてませんが、浅いタナまでに急浮上してくるグレが喰って来ている様です。ただ、喰い込みが悪く、ウキには全くと言っていいほど反応が出ないため、マーカーの動きでアワセを入れます。当て潮でラインの緩みもあるため、なかなか上手くアワセきれずに連発とまでは行きませんが、何とかお昼までに2ケタ釣果達成です。

お昼を迎え、休憩ついでに先端の3104k君の状況をチェック。グレはたまに見えるがオキアミには全く反応しないとのことで未だ釣果無し。そこで、今朝私が採って来たアオサを試すことに。すると、ここから爆釣モードに突入します。私も元に釣座に戻って再開しますが、潮の流れが変わり、全く釣れなくなります。14時頃まで粘りますが全く反応が無いため、ここからあちこちと釣り座移動。しかし、何処も潮が動かず全く気配がありません。最後は3104k君の居る先端横に入りますが、グレは浮いているものの、やはりオキアミには全く見向きもしません。ラストは私もアオサに変えとすぐに2枚連続ヒット。ここでエサ切れとなり17時頃に終了です。

結局、アオサに替えた3104k君は20枚以上を追加、私は前半オキアミで12枚、午後からはオキアミで0、アオサで2枚追加しただけでした。ようやくグレの活性も上がり、シーズン到来の感はありますが、まだまだアオサの方が喰いが良い様です。また近いうちにアオサで再挑戦したいと思います。

DSC00014.JPG

■ 釣果 ■
グレ 23〜32p 1尾 (30pUP 3尾)
■タックル■
竿:1号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1.2号 針:グレ3号
ウキ:M-00、L-00 ガン玉:G7、無し タナ:1m〜3ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ3s+集魚剤1/5袋+パン粉5s+ヌカ5s
サシエ:オキアミ、アオサ
posted by tarumit at 10:31| 釣り

2019年05月07日

岡山・鳥取旅行(後半)

最終日も疲れているにもかかわらず午前5時に起床。この日の朝はなぜかすっきりしてます。と言うのも、子供の日は昨日で終わり、この日は「大人の日」だからです。早朝から向かったのは、道の駅から車で10分ほどの所にある「田後漁港」。そうです、私の大好きな「波止」です。波止に車を横付けして1時間ほどはチビのお相手です。

121.jpg

ここでメバルやフグを釣って喜ばせている間に、こっそり一人すぐ横にある地磯へ。

126.jpg

この磯は15年振りで、前に来た時はグレが入れ喰いでした。しかし、時期が早いのかグレはおろか、オセンの姿も皆無です。釣れるのはフグだけ。針もすぐに無くなります。際、沖どこを狙ってもフグ・フグ・フグのオンパレードです。半ば諦めかけた頃、初めてウキが海面より消えて行きます。開始2時間半、ようやく本命ゲットです。

128.jpg

口太で良かったのですが、なぜか尾長が釣れてしまいました。その後は再びフグ地獄で3時間限定の釣りは終了です。波止に戻るとチビもグレを釣ったと喜んでいます。

129.jpg

旅行中での釣りでしたので、リリースしようと思ったのですが、どうしても自分で釣ったメバルが食べたいとのことでミニグレ以外はキープします。これではおかずとしては少ないので帰り道で近くのスパーに寄って「猛者エビ」をゲット。因みにこのエビ、今月で漁期が終了。この地方だけで獲れる幻のエビで、店で食べると結構高くつきます。

132.jpg

帰りはゲリラ豪雨の様な土砂降りの中、渋滞も無く夕方には自宅に到着。ようやく楽しい?GWが終了です。
いつもの如く、「全力を尽くす」が我が家の遊ぶ時のモットーですが、さすがに今回は足腰に限界が来ました。一人っ子なのでかまい過ぎなのかもしれませんが、普段釣り以外体力を使っていない私にとって、ある意味「トレーニング」だと思って、もう暫くは付き合って行こうと思ってます。
posted by tarumit at 11:16| 釣り

岡山・鳥取旅行(前半)

今年のGWもようやく終わりました。前半はチビが野球の練習と宿題で動けず、天気もあまり良く無かったため、外出も控えて私は仕事に没頭。その後、ようやく晴れた5月2日に仲間と淡路へ釣行。帰宅と同時に嫁さんの弟家族が遊びに来て2日間はわいわい過ごしました。そこで、何処にも遊びに行けないチビのストレスを解消すべく、GWラスト3日間は鳥取方面に旅行に出掛けました。まず、初日に向かったのは蒜山。渋滞を避けるために自宅を午前5時に出発したのですが、逆に早く着き過ぎて、2日目に予定していた観光が初日の午前中に終えてしまいました。そして、チビがここに来たかった目的がこれ。

053.jpg

「蒜山高原センター」にある遊園地です。さすがにGW、物凄い人です。フリーパスを買ったチビに出来るだけ多くの乗り物に乗せたいため、私と嫁さんはアトラクションの長蛇の列に並ぶ役に徹します。

044.jpg

早いものでも最低15分、人気の乗り物は1時間以上の待ち時間です。それでも年寄り夫婦の連携プレーで、何と26回も乗らせることが出来ました。死ぬほど疲れました。

その後は蒜山高原にある日帰り温泉で入浴。自炊する予定が、あまりの疲れで外食に変更。そしてこの日の宿はいつもの旅館「セレナ屋」で。場所は三朝温泉近くの道の駅です。

071.jpg

隣のトラックが一晩中エンジンをかけっぱなしだったのでうるさくて午前5時に起床です。2日目は蒜山観光の予定でしたが、初日に済ましてしまったので行き先を鳥取砂丘に変更です。

5日は子供の日と言うことで向かった先は文字通り「鳥取砂丘こどもの国」。予想通り子供だらけです。園内には小学校低学年向けの乗り物や、遊具施設、広場等が幾つもあり、子供にとっては夢の様な場所、大人にとっては...です。

079.jpg

089.jpg

096.jpg

103.jpg

あえて説明はしません。兎に角、体力の限界までチビと付き合うだけです。これが親の「仕事」です。最後は砂丘で暴れて終了です。

115.jpg

これで子供孝行の2日間は終わりました。「無茶苦茶楽しかった〜」の言葉で気持ちは救われましたが、体はボロボロです。これで家に帰るつもりでしたが、私のバッテリーが切れて充電が要るためにもう1泊することに。この日も「セレナ屋」に泊まり2日目が終了です。

120.jpg
posted by tarumit at 10:13| 旅行