2018年11月14日

ネスタリゾート神戸(総評)

我が家が行った日は平日でしたが、この時期は他校でも音楽会の季節で、代休で来られている子供達も多く、結構混んでいました。土日ほどの混雑ではありませんが、平日の1.5倍ほどの人混みだった様です。

まずは各アクティビティーについて、注意点と感想をお書きします。

■ ワイルド・バギー ■
CMにある様な、林間を走り抜けるイメージは「サーキットコース」にはありません。ネスタHPにある「大自然を駆け抜け〜」を体験したいのであれば必ず「ツアーコース」を申し込んで下さい。但し、この「ツアーコース」は大人気で早々に予約が埋まってしまいます。当日、列の先頭に並んだ方は8時半から来ているとのことでした。平日であれは9時、週末なら8時位でも遅いかもしれません。因みに「ツアーコース」のスケジュールは下記の通りです。

d01.jpg

特に2人乗りは早々に予約が入ってしまいます。各時間5組10名×6回ですから先着60名です。また、1人乗りと2人乗りは出発時間が全て異なるため、一緒に行動は出来ません。なので、我が家の様な3人家族でしたら一緒に行動出来ません。子供が16歳以上であれば1台ずつ借りれますので話は別ですが。
「サーキットコース」は地面が乾燥している日は砂ぼこりが半端無いです。コースでは別のバギーを追い抜くことが出来ますが、前を走るバギーに近付くと、砂ぼこりで目が開け辛く、結局抜くことが出来ません。我が家もスタート時は先頭で走りましたが、2周目で周回遅れに追いつき、そこからずっとちんたら走るはめになりました。ゴーグルまでは要りませんが、サングラス等があった方がいいかもしれません。また、衣服も多少汚れますのでお気を付け下さい。

■ スカイジャングル ■
これも人気のアクティビティーなので混雑しますが、「ワイルド・バギー」の様な予約券はありません(週末は分かりません)。つまり、体験するためにはずっと列に並ばなくてはいけません。特に「ハイコース」は人気なので、常に2〜3時間待ちです。しかも、体験記にも書きました様に、4つのアクテビティーは連続して体験出来ませんので、1つ体験する毎に次のアクティビティーの列に並ぶ必要があります。但し、お子さんが体験中に、別のアクティビティーを代わって親御さんが並んであげると言う方法もあります。勿論その場合、お子さんと一緒に体験は出来ません。因みに「ローコース」は高さ2mなのでスリルは殆どありません。恐らく小学校中学年以上のお子さんであれば物足りないかもしれません。また、「ジップライン」と「クイックジャンプ」も体験は一瞬で終わってしまいますので、それでも待てる心と時間の余裕があればチャレンジしてみて下さい。

■ アニマル・フレンズ ■
ここの売りは「乗馬体験」です。当日は8時半から並んでいる方も居た様で、早々に予約がいっぱいになった様です。何時までに行けばいいかは、その日の混雑状況によって変わって来ますので、はっきりとは言えませんが、早いにこしたことはありません。動物とのふれあいコーナーは比較的空いていますので、週末でもそれほど待たなくても入れると思います。当日、触れる動物はポニーが2匹、ひつじが2匹、山羊が2匹、うさぎモルモットが10匹ほどでした。規模も小さいため、所要時間もさほど掛からないと思います。

■ ワイルド・ハーベスト ■
体験記にも書きました様に、個人的には長時間待ってまで体験するほどのことは無いと思います。ただ、本当に釣りが出来るとか、畑で収穫出来るのであれば、お子さんは喜ぶかもしれません。ここの問題点は、本来の趣旨が違うと言うこともそうですが、それより待つ時間が兎に角長いと言うことです。まず、受付までに1時間は待たされます。中に入って食材を手に入れて下ごしらえに10分、調理に15〜30分掛かります。待つ間は屋外のベンチでずっと座っているか、周辺をうろうろするか。特にこれから寒い時期になると、結構苦痛かもしれません。屋内で食べる所や待つ所もありますが、スペース的にはかなり狭く、恐らく長時間は居れないと思います。冷静に考えれば、食材を調理するだけなら家でも出来ると思うのですが。

■ レジェンドスポーツヒーローズ ■
ここは22時まで営業しているので結構遊べます。我が家のチビもそうでしたが、子供達にとって、特に男の子は結局ここが一番楽しいかもしれません。ただ、アウトドア的要素は全くありませんので、「自然教育」と言う観点から考えれば疑問は残りますが。さて、ここの待ち時間は平日はそれほど長くはありません。特に夕方を過ぎると待ち時間無しで入れます。但し、土日は結構混む様です。混雑時は整理券も発行される様なので、幾つかの時間帯をまとめて取っておけばいいと思います。ここでの遊び方を少しご説明致します。入場者には全員30分間のみ有効なICカードが渡されます。各体験ブースには手前に操作パネルと言うのが設置してあり、そのパネルにICカードをかざしてゲームをスタートさせます。もし、体験したいゲームに先客が居た場合は、同じ様にICカードをかざして予約することが出来ます。但し、順番が回って来ても1分以内に再びICカードをかざさないとキャンセルとなり、次の人に順番が回ります。この情報は施設内に2ヶ所、電光掲示板で知らせてくれますので、自分が予約したゲームが何人待ちなのかを随時見ておく必要があります。前述しました様に、有効時間が30分なので、時間が来ると使えなくなり、一旦退出となります。続けて遊びたい場合は再び列に並ぶか予約を入れて待たなければいけません。因みに、ここで人気なのが「レジェンドベースボール」と「レジェンドサッカー」です。多い時は7、8人待ちもあり、場合によってはこの30分で順番が回って来ないこともあります。なので、ご家族で入場される場合は、お子さんがゲームを楽しんでいる間、親御さんは各ブースを走り回り、予約係に徹する必要があります。

■ ボルダリング・ジャイロボード ■
「レジェンドスポーツヒーローズ」と同じサンシャインホール内にあります。「ジャイロボード」は人気があるため30〜60分待ちもありますが、「ボルダリング」は比較的空いてます。「レジェンドスポーツヒーローズ」の待ち時間で上手く空いていれば、効率良く時間が使えます。共に整理券の発行は無いため(混雑時は不明)並ばなくてはいけません。

■ ネスタイルミナ ■
夕方〜20時頃までは混雑する様ですが、それ以降は空いています。ここはよっぽどのことが無い限り、入場制限はありませんので随時入場出来ると思います。ネスタ自体が若干山間部に位置するため、これからの季節は寒さ対策が必要です。写真撮影、ショー見学も含め、所要時間は1時間くらいだと思います。結構長い距離を歩きますので、歩きやすい靴をお勧めします。因みにショーは22時まで約20分置きで開催されますので、必ず観れると思います。

アクテビティーについては以上です。次にその他の情報について記させて頂きます。

■ 食事について ■
園内にはホテルを中心にレストランや和食のお店が幾つかあります。お値段は少し高めです。日帰りBBQもありますが、屋外ゆえこれからの季節は辛いかもしれません。また、リーズナブルなフード・ドリンクブースもありますが、土日祝限定の営業の様です。
アクティビティーの予約時刻の関係で、思い通りの時間帯で行動出来ないため、上手く待ち時間を利用するためにも、食事はお弁当やおにぎり持参で簡単に済ませた方が得策だと思います。

■ かしこく行動するために ■
現地に着いてどこに行くか悩んでいると、あっと言う間に各アクテビティーに予約が入り、結局何も出来ずに終わってしまいます。行く前にまず何をメインにするか、次に何処へ行くかを考えておく必要があります。そのためには家族、グループで手分けして予約することをお勧めします。そこで便利なのが園内を定期的に回っているバスです。

d02.jpg

このバスを利用すれば、園内の各アクティビティーの近くまで移動が出来ます。車1台で来てもバスがあれば各自移動が出来るわけです。但し、小さなお子さんだけでは予約が取れないアクティビティーもありますので、親御さんも一緒に行動しなければいけません。また、人気アクティビティーは予約ですぐに定員になってしまいますので、メインを決めて真っ先にそこへ向かって下さい。大体の予約が取れれば、その空いた時間に比較的空いているアクテビティーを入れていけばいいと思います。いずれにせよ、土日祝はかなり混む様なので、出来るだけ早い時刻に入園出来る様にして下さい。

最後に私の個人的な意見ですが、はっきり言って入場者数に対して現場が全く追いついていない状況です。色んなアクテビティーがあり、かなり遊べそうですが、実際は待ってばかりです。しかも吹きっさらしの屋外で待つわけですから、これからの季節はたまりません。「これだけ遊べて大人2,980円は安い!」と最初は思いましたが、大人は結局予約係で殆ど何も出来ません。勿論、子供メインですからしょうがないのですが、これだけ待たされれば子供も退屈を持て余してしまいます。なので、値段の割にはそんなに遊べないのが事実です。スタッフの動きも悪いし段取りもさっぱり。イライラさせられる場面もかなりあります。この様な意見は列に並んでいる間に、あちらこちらでも聞かれました。平日でこんな状況ですから、週末ならもっとひどい状況が予想されます。とは言え、ここを運営するパチンコ店でも有名な「ノブタグループ」は、多大な資金力を持つ企業ですから、いずれは最新のシステムを導入し、必ずや改善されるものと信じております。
posted by tarumit at 05:31| 釣り

ネスタリゾート神戸(後編)

サンシャインホールを後に、次に向かったのは「ワイルド・ハーベスト」です。ここへは車で移動します。ネスタのHPを見ても、一番良く分からないアクテビティ―だったので、不安半分、興味半分で行ってみました。

c01.jpg

やはりここも長蛇の列が出来ています。1時間ほど待ってようやく中に入れました。まずは自分が「何をやりたいか」を決めます。と言うより「何を作って食べたいか」の方が正しい言い方かもしれません。

c02.jpg

メニューは、「玉ねぎと椎茸のホイル焼き」、「ニジマスの塩焼き」、「さつま芋のハニーバター焼き」の3つです。趣旨は「自分で収穫して調理する」ですが、これが後にご説明しますが、想像とかなり違っていました。とりあえず我が家は3人共「さつま芋〜」をチョイス。因みにグループ全員が同じ物を選ぶ必要はありません。その後、20人ほどが集められ、アクテビティのレクチャーを受けます。

c03.jpg

さて、「ニジマス〜」ですが、本来は下にある湖(実際は濁った池)で自分で釣らなければなりません。

c05.jpg

しかし、まだ設備が整っていないのか、段取りが出来ていないのか、小さな流水プールでのつかみ取りでした。

c04.jpg

獲った魚は自分で割りばしで内蔵を取り出し、串をさして焼き場で焼いてもらいます。

c06.jpg

続いて農産物は土から掘り起こすいわゆる「収穫」ではありません。

c07.jpg

木箱に入った食材を「ご自由にどうぞ」って感じです。ここで我が家は3本のさつま芋を汗水流して「拾穫」して、調理場へ。

c08.jpg

芋は自分でカットしてバターとハチミツを塗ってホイルに包んで準備は完了です。これを外にあるコールマンのバーナーコーナーへ持って行きます。

c09.jpg

スタッフの人に焼いてもらって待つこと約30分、ようやく出来上がりです。

c10.jpg

「いやぁ〜本当に楽しかった」とは口が裂けても言えません。列に並んで、調理で待って、ちょっとおしゃれな「焼き芋」を食べただけです。「自分で収穫して調理する」ことに間違いはありませんが、その言葉の深さは全く感じられませんでした。

ネスタには申し訳無いのですが、ここで「無駄な時間」を費やし、体も冷え切ったため再びサンシャインホールでゲーム三昧。その後、最後に期待を込めて「イルミナ」へ。

c12.jpg

「Wonder Tunnel」。約100万個のLEDを使ったスペクタルショ―は圧巻でした。

c11.jpg


続いて「The Legend of Iguazu Falls」。LEDメガビジョンによるスペクタルショーです。なかなか迫力ありました。

c13.jpg

これでネスタは終了です。個人的には「イルミナ」が空いていて、きれいで一番良かったかな。まあ、兎に角行ってみないと分からない「ネスタリゾート神戸」。CMではその映像にある意味興奮を覚えた私でしたが、正直全く違っていてちょっと残念でした。結局、朝9時半から夜9時半まで12時間居ましたが、私と嫁さんは疲れただけ、チビに何が一番楽しかった?って聞くと「野球のバーチャル体験」との答え。そこにはネスタが掲げる「大自然」、「冒険」のかけらもありませんでした。

最後に結論です。「ネスタ」じゃ無くって、「バッティングセンター」で良かったんとちゃうん?

一応これで体験記は終わりますが、折角なので今後行かれる方への注意点と私なりの感想を次の「総評」で記したいと思います。
posted by tarumit at 02:36| 釣り

ネスタリゾート神戸(中編)

昼食を取った頃から小雨がぱらついて来たので、屋外アクティビティーは諦めて「サンシャインホール」へ向かいます。まずは「レジェンドスポーツヒーローズ」へ。予想通りここも列は出来てますが、待ち時間は30分ほどです。

b01.jpg

ここでは色々なスポーツのバーチャル体験が出来ます。簡単に言えば、体験型のゲームセンターです。

b02.jpg

b03.jpg

b04.jpg

b05.jpg

b06.jpg

因みに入場時間は30分です。この時間内で出来るだけ遊びたいのですが、各ブースでも先客が居ると待たなければいけないので、せいぜい2つか3つしか出来ません。因みにチビはこの30分では飽き足らず、その後再び30分待っては30分遊んでを繰り返し、結局、次に向かった「ワイルド・ハーベスト」を途中に挟んで、計5回(延べ2時間半)もここで遊びました。

サンシャインホール内にはこの他、「ボルダリング」、「ジャイロボード」があります。

b07.jpg

b08.jpg

ここも行きたかったのですが、時間の関係でパスします。

これで「中編」は終了です。続きは「後編」をご覧下さい。
posted by tarumit at 01:29| その他

ネスタリゾート神戸(前編)

今話題の「ネスタリゾート神戸」。CMでもご存知の方も多いと思いますが、謳い文句は「日本初、大自然の冒険テーマパーク」です。この言葉に多くの子供達がときめき、胸躍らせたに違いありません。また、「自然の中でいっぱい遊ばせたい」と興味を持たれた親御さんもかなりいると思います。我が家も同じで、週末は混雑が予想されるため、平日を狙っていたところ、ちょうど月曜日が音楽会の代休と言うことで満を持して行って来ました。今回のブログでは、実際に体験して来た感想も含め、注意点などもまとめて4回に分けて掲載致しますので、行かれる方はご参考にして下さい。

ネスタの営業開始時間は平日は10時。平日と言えども、ある程度は混雑すると思い、現地には9時半に到着。ゲートには車数台が並んでいるだけで、さほど混雑は感じませんでした。ここで大人2人分、子供1人分と駐車場代を合わせて9,340円を支払います。車に乗ったままですが、クレジットカードでも支払いは出来ます。支払いが済むと、入場許可書(リストバンド)が渡されます。

a01.jpg

ゲートをくぐり、まずは一番人気の「ワイルドバギー」を目指します。すぐ近くの駐車場に車を停め、ダッシュで受付に向かうと既に長蛇の列です。

a02.jpg

列に並び始めたのが9時40分。OPEN20分前で既に80人ほどが並んでいます。10時になると同時に整理券(予約券)が配られます。グループ(家族)毎に乗りたい時刻(毎時0分と30分)とコース、1人乗りか2人乗りか等を聞きながら進めていくために、これが結構時間が掛かります。我が家は、1人乗りと2人乗りでツアーコースを希望しましたが、ツアーコースは既に予約でいっぱい、1人乗りと2人乗りも同じ時刻のものが空いて無く、仕方無く私とチビで2人乗りを借りて、嫁さんは撮影係です。因みにツアーコースと言うのが山の中を、サーキットコースと言うのが昔グラウンドだった所を走ります。我が家は残念ながら後者でした。

a03.jpg

a05.jpg

時間にして約10分、4周回って終了です。ゴーカートよりはスリルがあって面白かったですが、いわゆる「冒険」では無いですね。

次に向かったのは「アニマル・フレンズ」。ここは乗馬体験や動物とのふれあいが出来ます。チビが「馬に乗りたい」と言うので、急いで移動して来ましたが、こちらも既に予約でいっぱい。動物とのふれあいエリアが空いていたので、ここでエサやり体験をさせてもらいました。

a06.jpg

次は「スカイジャングル」です。これもネスタの超人気アクティビティーです。

a08.jpg

コースは地上5mを周遊する「ハイコース」、地上2mを周遊する「ローコース」、「ジップライン」、「クイックジャンプ」の4つです。「どれか一つでも出来れば」と甘い考えで受付に行くと既にこんな感じでした。

a07.jpg

「ハイコース」は3時間待ち、その他は1時間待ちです。全てをこなそうと思えば、これだけで1日が終わってしまいます。と言うか、体験時間も考えると1日で全てクリアは出来ません。チビも待つほど興味が無かった様で、ここは体験せずにパスです。
ちょうどお昼を迎えたのでここでランチタイムです。我が家はお弁当を持参していたので、一旦車に戻ります。途中、BBQコーナーがありましたが、ランチタイムにもかかわらずお客さんは数えるほどでした。

a09.jpg

園内には宿泊施設も多く、なかには日帰りでグランピング等も楽しめるキャビンもありましたが、平日で寒空と言うこともあってか利用者は殆ど居ませんでした。

a10.jpg

これで「前編」は終了です。続きは「中編」をご覧下さい。
posted by tarumit at 01:03| その他