2018年11月05日

垂水西5番(10回目)

先週の淡路釣行の際の余ったエサを使うべく、土曜日にTFCのせきやんさんをお誘いして西5番へ行って来ました。現地には場所取りもあるため午前5時半に到着。まだ薄暗いため、夜明けまでは準備と朝食で時間を潰します。辺りも明るくなった午前6時半、フカセスタートです。

DSC00001.JPG

早朝からグレが浮くことは無いので、まずは2〜3ヒロを探って行きます。すると、3投目、幸先良く小型ながらグレがヒット。その後、続けて同サイズがヒットしますが、マキエが効き出すと小アジが集まり、サシエが通らなくなります。9時過ぎまであれやこれやと試しますが、埒が明かないためここでアオリ狙いに変更です。一旦、グレ狙いの竿を置き、いつもの飲ませ竿をセット。キープしていた小アジをエサに竿1〜2本先を流して行きます。アオリを狙い始めて1時間、ようやくアタリがありトンカツサイズをゲットです。

DSC00002.JPG

その後、連続してアタリがあるのですが、上手く掛からずキープしていた小アジが無くなり、止む無くここで終了です。再びフカセに戻りますが、グレはさっぱりで、たまに小アジが釣れるとアオリを狙います。こんな状況ですからどっちつかずで、どちらも結果が出ません。

お昼を過ぎた頃から、ようやくグレが浮く様になり、ここでフカセ釣りに専念します。ウキ下を矢引にして1ヒロまでを探ると久々にヒット。その後も単発でグレを拾って行きますが、グレが浮いたのは一瞬で、その後はサヨリも群れ始め再び沈黙タイムです。

15時頃からオセンがあまり沖に出なくなったので、狙いを竿2本先に変更。しつこく2〜3ヒロを探って行くとようやくグレがヒット。その後も良型も出て16時にエサ切れで終了です。せきやんさんがまだ続けていることをいいことに、私はここで再び最後の悪あがきでアオリを狙います。気が付けばもうこんなに日が傾いています。

DSC00003.JPG

ほぼ真っ暗になる寸前まで粘りましたが、時合いは来ずに終了です。
ようやくグレも釣れる様になり、専念してやりたいところですが、まだまだアオリも釣りたいし困ったものです。

DSC00005.JPG

■ 釣果 ■
グレ 21〜29p 8尾 、アオリ 16p 1杯
■ タックル(フカセ) ■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00 ガン玉:無し、G7 タナ:矢引〜4ヒロ
■ タックル(泳がせ) ■
竿:2号5m 道糸:3号 ハリス:2.5号 針:グレ6号+掛け針
ウキ:1.5号 タナ:3.5〜4.5ヒロ
■ エサ ■
マキエ:オキアミ1.5s+前回の余りエサ+パン粉2s+ヌカ2s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 10:00| 釣り