2018年11月14日

ネスタリゾート神戸(後編)

サンシャインホールを後に、次に向かったのは「ワイルド・ハーベスト」です。ここへは車で移動します。ネスタのHPを見ても、一番良く分からないアクテビティ―だったので、不安半分、興味半分で行ってみました。

c01.jpg

やはりここも長蛇の列が出来ています。1時間ほど待ってようやく中に入れました。まずは自分が「何をやりたいか」を決めます。と言うより「何を作って食べたいか」の方が正しい言い方かもしれません。

c02.jpg

メニューは、「玉ねぎと椎茸のホイル焼き」、「ニジマスの塩焼き」、「さつま芋のハニーバター焼き」の3つです。趣旨は「自分で収穫して調理する」ですが、これが後にご説明しますが、想像とかなり違っていました。とりあえず我が家は3人共「さつま芋〜」をチョイス。因みにグループ全員が同じ物を選ぶ必要はありません。その後、20人ほどが集められ、アクテビティのレクチャーを受けます。

c03.jpg

さて、「ニジマス〜」ですが、本来は下にある湖(実際は濁った池)で自分で釣らなければなりません。

c05.jpg

しかし、まだ設備が整っていないのか、段取りが出来ていないのか、小さな流水プールでのつかみ取りでした。

c04.jpg

獲った魚は自分で割りばしで内蔵を取り出し、串をさして焼き場で焼いてもらいます。

c06.jpg

続いて農産物は土から掘り起こすいわゆる「収穫」ではありません。

c07.jpg

木箱に入った食材を「ご自由にどうぞ」って感じです。ここで我が家は3本のさつま芋を汗水流して「拾穫」して、調理場へ。

c08.jpg

芋は自分でカットしてバターとハチミツを塗ってホイルに包んで準備は完了です。これを外にあるコールマンのバーナーコーナーへ持って行きます。

c09.jpg

スタッフの人に焼いてもらって待つこと約30分、ようやく出来上がりです。

c10.jpg

「いやぁ〜本当に楽しかった」とは口が裂けても言えません。列に並んで、調理で待って、ちょっとおしゃれな「焼き芋」を食べただけです。「自分で収穫して調理する」ことに間違いはありませんが、その言葉の深さは全く感じられませんでした。

ネスタには申し訳無いのですが、ここで「無駄な時間」を費やし、体も冷え切ったため再びサンシャインホールでゲーム三昧。その後、最後に期待を込めて「イルミナ」へ。

c12.jpg

「Wonder Tunnel」。約100万個のLEDを使ったスペクタルショ―は圧巻でした。

c11.jpg


続いて「The Legend of Iguazu Falls」。LEDメガビジョンによるスペクタルショーです。なかなか迫力ありました。

c13.jpg

これでネスタは終了です。個人的には「イルミナ」が空いていて、きれいで一番良かったかな。まあ、兎に角行ってみないと分からない「ネスタリゾート神戸」。CMではその映像にある意味興奮を覚えた私でしたが、正直全く違っていてちょっと残念でした。結局、朝9時半から夜9時半まで12時間居ましたが、私と嫁さんは疲れただけ、チビに何が一番楽しかった?って聞くと「野球のバーチャル体験」との答え。そこにはネスタが掲げる「大自然」、「冒険」のかけらもありませんでした。

最後に結論です。「ネスタ」じゃ無くって、「バッティングセンター」で良かったんとちゃうん?

一応これで体験記は終わりますが、折角なので今後行かれる方への注意点と私なりの感想を次の「総評」で記したいと思います。
posted by tarumit at 02:36| 釣り

ネスタリゾート神戸(中編)

昼食を取った頃から小雨がぱらついて来たので、屋外アクティビティーは諦めて「サンシャインホール」へ向かいます。まずは「レジェンドスポーツヒーローズ」へ。予想通りここも列は出来てますが、待ち時間は30分ほどです。

b01.jpg

ここでは色々なスポーツのバーチャル体験が出来ます。簡単に言えば、体験型のゲームセンターです。

b02.jpg

b03.jpg

b04.jpg

b05.jpg

b06.jpg

因みに入場時間は30分です。この時間内で出来るだけ遊びたいのですが、各ブースでも先客が居ると待たなければいけないので、せいぜい2つか3つしか出来ません。因みにチビはこの30分では飽き足らず、その後再び30分待っては30分遊んでを繰り返し、結局、次に向かった「ワイルド・ハーベスト」を途中に挟んで、計5回(延べ2時間半)もここで遊びました。

サンシャインホール内にはこの他、「ボルダリング」、「ジャイロボード」があります。

b07.jpg

b08.jpg

ここも行きたかったのですが、時間の関係でパスします。

これで「中編」は終了です。続きは「後編」をご覧下さい。
posted by tarumit at 01:29| その他

ネスタリゾート神戸(前編)

今話題の「ネスタリゾート神戸」。CMでもご存知の方も多いと思いますが、謳い文句は「日本初、大自然の冒険テーマパーク」です。この言葉に多くの子供達がときめき、胸躍らせたに違いありません。また、「自然の中でいっぱい遊ばせたい」と興味を持たれた親御さんもかなりいると思います。我が家も同じで、週末は混雑が予想されるため、平日を狙っていたところ、ちょうど月曜日が音楽会の代休と言うことで満を持して行って来ました。今回のブログでは、実際に体験して来た感想も含め、注意点などもまとめて4回に分けて掲載致しますので、行かれる方はご参考にして下さい。

ネスタの営業開始時間は平日は10時。平日と言えども、ある程度は混雑すると思い、現地には9時半に到着。ゲートには車数台が並んでいるだけで、さほど混雑は感じませんでした。ここで大人2人分、子供1人分と駐車場代を合わせて9,340円を支払います。車に乗ったままですが、クレジットカードでも支払いは出来ます。支払いが済むと、入場許可書(リストバンド)が渡されます。

a01.jpg

ゲートをくぐり、まずは一番人気の「ワイルドバギー」を目指します。すぐ近くの駐車場に車を停め、ダッシュで受付に向かうと既に長蛇の列です。

a02.jpg

列に並び始めたのが9時40分。OPEN20分前で既に80人ほどが並んでいます。10時になると同時に整理券(予約券)が配られます。グループ(家族)毎に乗りたい時刻(毎時0分と30分)とコース、1人乗りか2人乗りか等を聞きながら進めていくために、これが結構時間が掛かります。我が家は、1人乗りと2人乗りでツアーコースを希望しましたが、ツアーコースは既に予約でいっぱい、1人乗りと2人乗りも同じ時刻のものが空いて無く、仕方無く私とチビで2人乗りを借りて、嫁さんは撮影係です。因みにツアーコースと言うのが山の中を、サーキットコースと言うのが昔グラウンドだった所を走ります。我が家は残念ながら後者でした。

a03.jpg

a05.jpg

時間にして約10分、4周回って終了です。ゴーカートよりはスリルがあって面白かったですが、いわゆる「冒険」では無いですね。

次に向かったのは「アニマル・フレンズ」。ここは乗馬体験や動物とのふれあいが出来ます。チビが「馬に乗りたい」と言うので、急いで移動して来ましたが、こちらも既に予約でいっぱい。動物とのふれあいエリアが空いていたので、ここでエサやり体験をさせてもらいました。

a06.jpg

次は「スカイジャングル」です。これもネスタの超人気アクティビティーです。

a08.jpg

コースは地上5mを周遊する「ハイコース」、地上2mを周遊する「ローコース」、「ジップライン」、「クイックジャンプ」の4つです。「どれか一つでも出来れば」と甘い考えで受付に行くと既にこんな感じでした。

a07.jpg

「ハイコース」は3時間待ち、その他は1時間待ちです。全てをこなそうと思えば、これだけで1日が終わってしまいます。と言うか、体験時間も考えると1日で全てクリアは出来ません。チビも待つほど興味が無かった様で、ここは体験せずにパスです。
ちょうどお昼を迎えたのでここでランチタイムです。我が家はお弁当を持参していたので、一旦車に戻ります。途中、BBQコーナーがありましたが、ランチタイムにもかかわらずお客さんは数えるほどでした。

a09.jpg

園内には宿泊施設も多く、なかには日帰りでグランピング等も楽しめるキャビンもありましたが、平日で寒空と言うこともあってか利用者は殆ど居ませんでした。

a10.jpg

これで「前編」は終了です。続きは「中編」をご覧下さい。
posted by tarumit at 01:03| その他