2018年10月15日

垂水西5番(9回目)

時期的にはまだ早いのは分かっていますが、シーズンまで我慢が出来ず、昨日は4ヶ月振りにTFCメンバー2人と垂水でグレを狙いました。日曜と言うことで現地には早めに到着。釣り座も確保出来たので、まずはエギングでおかずを確保。何とか2杯釣って7時頃からフカセ開始です。

DSC00003.JPG

もうこの時刻になると、5番は入る隙間がありません。

DSC00005.JPG

まずは様子見でマキエをパラパラ。オセンは多いですが、グレの姿はマイクロ木っ端以外見えません。グレの活性を見るため、オセンを沖に出し、その先端を狙ういつものパターンを試しますが、青物の回遊があるのか、オセンは全く沖に出てくれません。ならばと竿2本先前後をタナ深くまで探って行きますが、仕掛けが入ると小アジばかりが喰って来ます。暫く我慢して続けますがグレの反応が全く無いため、遠投浅ダナ狙いに変更します。すると今度は沖で待ち構えるエンピツサヨリが邪魔をします。徐々にボラの数も増え、何処を狙えば良いのか答えが出ません。あまりの反応の無さに気力も無くなり、30分釣っては寝て、30分釣っては休憩してを繰り返します。合間にはエギングも試しますが、やはり無反応です。

お昼を過ぎても未だ3人とも釣果ゼロです。小アジも減って釣り易くはなったのですが、代わって別の魚が釣れて来ます。

DSC00007.JPG

飲ませでもお邪魔虫のセイゴ君、フカセでも喰って来ます。セイゴ以外では、ボラ、バリコ、チャリコ、ウマヅラ、正体不明の大物が竿を曲げてくれて、それなりに退屈しのぎにはなりますが、やはりグレを釣りたいところ。すると14時半、ようやくせきやんさんが待望のグレをゲット。

DSC00009.JPG

型は小振りですが、価値ある1匹です。そしてその1時間後、私にも手の平クラスがヒット!!

DSC00010.JPG

実に開始8時間半掛けて何とか任務達成です。その後も暫く粘りますが、せきやんさんがまたしても良型を1枚追加したのみで、私とサトシF君は沈黙で16時前にフカセ終了です。その後、17時まで、アオリを狙いましたが、こちらもノーフィッシュ。2人からグレ、チャリコを頂き、何とかかずは確保出来ましたが、消化不良の1日となりました。

過去数年、10月にグレを狙って釣れた試しがありません。この時期は、小アジやイワシ、サヨリと言ったエサ取りが尋常では無く、しかも沖で青物が回遊しているせいかグレを誘導してくれるオセンも沖に出ず、こんな状況でただでさえ警戒心の強い西5番のグレを釣るのは至難の業です。分かっているのですが、毎年「もしかして...」と僅かな望みを期待してこの時期に試しますが、やはり結果は予想通り。これで納得出来たので、グレは11月までお預けです。

DSC00011.JPG

■ 釣果 ■
グレ 21p 1尾 、アオリ 8〜13p 2杯
■タックル■
竿:0.8号5.3m 道糸:1.5号 ハリス:1号 針:グレ3号
ウキ:M-00、M-0 ガン玉:無し、G8 タナ:1〜4ヒロ
■ エサ ■
マキエ:パン粉3s+ヌカ3s+集魚剤1s
サシエ:オキアミ
posted by tarumit at 17:17| 釣り